Latest Entries »

新年の令和2年の1月は靖国の刀剣展、そして今日は狭山市博物館の「日本刀の美」研師の「森井鐵太郞」氏による-技を伝える-・・・と午後からの居合道部の定期理事会に出席してきた。そんな記録を記しておくことにする。まず狭山博物館の展示刀では鎌倉時代の大和・山城・備前・備中の刀・太刀・薙刀直等の品格ある日本刀が展示され見応えのある展示であった。これらの展示刀は森井研師が自ら研がれたものでご本人から解説がなされた。そのなかで師は展示の兼光の倶利伽羅龍の彫りと梵字のある短刀の研磨時のお話をなされていて、彫りのある刀は研磨が難しく、彫りの中にある微細なゴミがヒケを造ってしまい細心な注意が必要との解説があった、丁度私も昇竜の彫りのある脇差しを他の研師の方に依頼したばなりなので大変興味深く拝聴したのであった。最後に正雄の長巻の研磨刀が展示してあり「差し込み研ぎ」について説明がなされこれも大変参考になった。なお刀匠正雄は幕末のピカソとも言われる清麿の兄であり、その実直な姿勢は天然の実弟と違って大変評価の高い刀工である、しかるにこの長巻を子細にみると地金は黒ずみまさに黒金の輝きで刃文は絢爛に乱れ、丁子は自在に走り、姿の優美さはもとより、茎に番号の五が刻だされいて注文打ちでなく、量産型の数打ちの長巻であることが解るのであります、数打ちでありながらこの出来は正に驚異的な感覚にいたる。手抜きをしない実直な姿勢は正にサムライでもある刀工のためでありましょう。なおこの薙刀の地金は私の所有する幕末刀に地金がそっくり、個人的な見地だが清麿一派の刀ではとかってに思っているがどうだろう????。
そんななか、早々に引き揚げて13時からの理事会に赤カブ号にて16号を走行して上尾に向かいなんとか30分前に到着し簡単に1階ロビーでチャージし会議へ、いつも通りの業務連絡と6月の居合道全国6段7段審査会・講習会の受け入れと、経費・要員の確保について確認され、また、埼玉県の古武道として「神刀流」が30分演舞説明がなされることが承認された。最後にその他でいろんな雑言の発言がなされ執行部の高揚などもあるが、何時もの通りになされ無事15時30分にやっと終わる(執行部でない方が議長をやって采配をふれば不幸?なことにはならないと思う)。早々寒くなる前に赤カブ号を走らせて帰宅となりました。ともかく午前中は楽しかったので今日は良い日であった。

両国鑑定会令和2年正月

2020年令和2年1月11日の両国での日本美術刀剣保存協会の鑑定研究会に参加し、1本入札にてで入札してきました。5打数1安打の成績でまあ、こんな程度でしょう私の実力では、、。さて鑑定入札刀の1号刀は身幅のある打刀2尺3寸程度か?体配は元先の幅さほど変わらず、先反りあり 地金は小板目肌、、部分に板目、肌立つ、白けだつ 刃文は元を焼きだし、角がかった大湾れ互の目表裏そろう、足入り、匂い口は寂しい 帽子は浅く地蔵風にも見えるものであった。高松家宮家所蔵品の名刀であった。当たりがとれましたが、後4本は外れる。2号刀は寸伸びの短刀で、身幅はややある、重ね厚く、反りはなし 地金は小板目摘み精美、地沸厚く着く、地影はいる、かすかに白けはいる、応永の宇多国房の短刀でした。地金は小板目摘み、地沸つき、明るく新刀に見える刀、刃文は中直刃の浅く湾たる。まさか北国ものとは!。3号刀は、長巻風体配の刀で月山近景の刀で、やや細身で寸が詰まり、先反りが着く、大鉾。地金は板目に流れ肌、杢交じり、ハバキ上に部分的に綾杉が見えるかも?、白け映り立つ 刃文は極細刃で一部二重刃が物打ち付近に見える、帽子は焼低く、直ぐに小丸に返る、 谷千城の蔵刀&鈴木コレクション。丸棟もあり、細直刃はないかもと思いつつ長谷部と見たが外れ、、。4号刀は、、2尺7寸の生ぶな大太刀でした。体配は身幅が尋常とは言うが33㎜はあろう、、元先幅差があり、中間反りがつき、小峰 地金は小板目良く詰み所々流れ肌となり、地沸、地影はいる、、白け映りあり、刃文は中直刃と言うが、私にはほぞ直刃に、小互の目入り、足葉良く入る、小沸え盛んに入る。帽子は直ぐに丸、返り長い、山城は延寿国村の太刀でした。私は古一文字とみたがイヤ! 5号刀は、太刀で摺り上げ体配で腰反り有りとのこと、小峰、先で伏せる、地金は小板目に板目あり、小目交じり、 刃文は中直刃に小丁子・小互の目、丁子逆かがる、帽子直ぐに丸、、景光で能で、古一文字真則でした。
なお鑑賞刀は、戦前の重美4口、包吉、武蔵正宗、正恒、国安でした。武蔵正宗はも4回位見ただろうか、宮本武蔵の愛刀とも言われ、暗い地金に眠い刃、表裏異なる刃文、、大帽子、歯肉たっぷりの打刀にも見える太刀なんでしょう。佩き表は互の目調の刃文で裏は直刃調の刃文であり、なんでそんな刃文が焼けるのだろうか?不思議である。

社会的弱者を門前払いで切り捨てる東京電力、毎月投函されている「電気ご使用料のお知らせ」が突然にWEBにての参照になる通知を受け取った。今後のやり方はまず送付されているQRコードをスキャンして東京電力のWEBを開くと顧客コードが入力されていて、自分の郵便番号等から住所を入力し、自分の氏名カタカナの入力と電話番号をスマホから入力をすることになる。スマホから最低カタカナ名と電話番号を入力しないと先月の電気使用量が参照できないことになるのです。東京電力にこの点について、視力の弱い方や手先の不便な方等身体的な不具合を持っている人が入力出来ない場合はどうなるかと聞いたところ、「それでもweb入力での参照は変わらない」との返答であった。ここで押し問答にいたったがまったく進展がないので電話を遮断した。これは大会社による弱者切り捨てともいえる施策でしかないことになるこれで良いのだろうか?、そこで地元の消費者センターへの通報と地元の議員でもある山口泰明衆院議員の地元事務所に本日は個人的な意見を述べてきたが、事務所の方との雑談の中で世の中のトレンドの方向性から効率化も含め電気明細のWeb参照は仕方ないと思うになったが、私もそれは全く同感ではある。しかし出来ない人をスルーしておいて良いのかについては特に明解な進展はなかった、相手は大会社中々大変とは思うがこれで本当にいいのだろか?。

形居合いの奥義は抜刀術

たいした居合いの形もできない私ですが上手な方の夢想神伝流等の人気の居合い型を見て、または古流と言われる一刀流、陰流とくらべても刀の刀法は意外と単純であるのではと思う。人気の居合いでは初伝から奥伝と多くの技があることを見ても多様な技を得てしているだけではと勝手に思ったりしている。やはり居合いは抜刀術を得てこそ本筋と思うのですがどうでしょう。

モバイルバッテリー

我が愛馬の金翼号GL1500の緊急用と災害時の非常電源として以下の物をアマゾンで購入した、また1週間程度だが今までの使用感をレポする。
*******************
Flylinktech ジャンプスターター 12V車用 バッテリー上がり対応 15000mAh 1000Aピーク電流 大容量モバイルバッテリー QC3.0急速充電 Type C充電対応 LED緊急ライト搭載 安全保護機能搭載 専用ケース付き
*******************
総合しての評価は平均的な品物と言った感じ、これはとても大切なことでありましょう。特記事項として・・1)携帯に何回充電出来るか?多分4回か5回か? 2)バイクにジャンプするにあたってクリップがデカすぎて旨くクリップしにくい 3)筐体が丸く片手で持ちにくい 4)キャリングケースにストラップがついているが使いにくいのでグリップ形式がベスト 5)ランプはおまけ、ランタン形式の発光体なら便利。

初冬の山中湖ツーリング

2019年12月初冬のツーリングに、、約2ヶ月ブリに週末が開いたのでGL君にてツーリングに、、しかし気になる点がバッテリーの比重がイエローとレットの間当たり充電をしてみたが充電器電源inのときから90%充電の状態電圧は12.6Vでまああ電圧はあるが容量が不安であるがまああ、なんとかなるだろうが既にレットバロンにて交換依頼中、前輪のタイヤ交換(3分山6年)と曲がったサイドスタンド、バッテリーの交換があるが何時入庫出来るや?。2.3万+2万+1万*1.1で6万かな?これで年末のお小遣いは0だねえええ、年明けにしておこか!。それでツーリングだが10時に出て、湘南のつもりだったが富士山があまりにも綺麗だったので山中湖に変更し、圏央道から中央道・・有料道路おりて山中湖を一周し12時ごろ休憩し、、折り返し元のコースを帰る、、2450+1950で4400円の高速代で、、14時過ぎに帰宅でした。気温をさほど寒くなく良いツーリング日和でありました。

久しぶりに週末が空いたのでツーリングにイコカと思い前日の金曜日にGLを点検するがバッテリーの比重がレットゾーンなので3時間程充電をこころみるが容量90%の当初からの表から再度比重を計っても芳しくないので交換を決断しレットバロンに電話ついでに前輪のタイヤ交換(もう6年、3分山)と曲がっているサイドスタンドの交換を依頼するが、、まあ6万は行くだろう?お金がない、ヘルメットが買えないお金貯めよう無駄使い止めよう!。そんなわけでGL君はお休みになり赤カブ君がお出ましになりツーリングに行くことになる。目的地は赤カブだと当然ながら秩父(GLでは行かないイヤ、いけない!)になり前から気になっていた、全日空機墜落の上野村は御巣鷹山の慰霊碑を目指すことになる、ナビでは92キロ2時間30分、、朝8時に家を出発し一路芦ヶ久保の道の駅へ、、ほどなく到着するが寒いよねバイクは数台ほどでした。さて早々に出発し目指すは秩父市内を通り抜けて国道299号を志賀坂峠をすんなり通過、途中一部狭いところもあったがGLでも通れる位だから問題なしですし、かなり快適な道路だし台風の被害が一部残ってはいるが大型車でないかごり充分だ。昼前に墜落慰霊碑に到着する入り口はやや急でGLではかなりキツイ、失敗すると大けがになろうヤッパ秩父は小型が安全だね!。人はほとんど居なかったがお線香と気持ちを、展示室は暖房が効いていて有り難いしとても綺麗な施設だ、地元の人々の暖かが伝わる施設だ。12時過ぎに出て士坂峠トンネルを抜けて帰るがこの道も全く快適な通でした。14時過ぎに芦ヶ久保に戻り隣のうどん店にてうどん1200円をいただく、野菜の天ぷらも付いていて次回からここが良いだろう。出る時2時30分を回っていて15時に帰宅してワン子を散歩に連れて行かねば、、サクサクと走って帰る、快適に正丸峠を抜けて15時30分到着する、なんとか間に合って良かった。今回の反省は股が冷えて困った、GL(ヒーター付き)の感覚があったのと、やたらと日陰の上野村は寒かったし、日陰には一部凍結もあった。しかしとても楽しい秩父ツーロングでした、さて早々に寝て次の日は居合の大会5時30分起床しちょっと振ってから出発だ。

川越観光ガイド、、しました。

地元川越を知っているようで知っていないのを実感する案内でした。幼なじみの友を案内、、まず川越巡回バスに駅前からのるが地元にいて初めてのるバスでなんか新鮮だった。当初の目的地の川越市立博物館にて川越の歴史を知ってもらう!これはもう25年位前に子供をつれて行ったときか?そのあと等数回みてはいるので説明はバッチリ、、イベント開催の北武蔵剣術物語-川越藩剣術師範大川平兵衛とその時代-も先週のイベントで見ているのでこれも説明はなんとかでしました。次に川越城本丸御殿へ、、ここもすでに来ているので、、説明はバッチリ、、。つぎに蔵造り通りを抜けて、駄菓子屋横町へ、、途中ホコ天にしているイベントに運良く遭遇し、なんでも朝鮮使節団のご一行様のイベントだとか、、結構楽しめるイベントだった。帰りに亀屋にてお土産を、、10時40分から14時10分の御案内を終了して川越駅にてお見送りで、、散会。それで川越の町もゆっくり歩くと結構新鮮、いろんな店舗が見れる、、また天気も良く快適な御案内となりました。都内は天皇陛下のパレードで結構混雑など規制もあって移動が大変とのことでした。

 

我が団体の制服&CIを他の団体から規制されたが大人の対応で一応!応諾するが当然誠に遺憾である。我が団体は埼玉県にあるが、、他にも同じような活動をしている団体が各県にある。ユニフォームとCIはほぼ同じような仕様で緩く統一されたものを皆使用していて、制作費は個人負担でありCIのシールも個人負担である。我が団体が他県で活動するにあたって共通のfacebookにUPして告知したところ、活動県団体からユニフォームと車両に張っているCIマークを表記しないで活動してもらいたいとの要請がなされた。我々はこれまで活動にあたって公共の秩序を乱すような行為はまったく行ったことはないし、本年も県・市からの要請に基づいて活動に参加してきている。なんとも理解はしがたい、どんな理由をつけようが当然なりたつはずはない、、。ことは憲法の表現の自由や人権の問題にもなろう重大な懸念事項であるからだ。まあそんな認識はない上での要請と思う、、ここまでくると、、人格障害があるや!もとも考えないと納まらないような気もしている。本年の春先?に我が国の護衛艦が韓国の港に入港するにあたって旗の掲揚を禁止する旨、韓国政府から要請されたことがあったが、対応として護衛艦は韓国入港を辞退したのは当然の対応であろう。しかるに韓国と言う国は国家としての品格が欠落していることが証明されたものであるしそんな国はもう捨ておけばいい。距離おいて近づかないことが良策であろうし、こんな団体は軽く、、受け流しておけばいいいのだ。

川越蓮馨寺奉納演武会が実施されます。観光協会HP転載
日時:令和元年10月13日(日)
午前09時20分 開会式
午前09時30分 四方祓之儀
午前09時40分 少年少女の演武
午前10時00分 東京士魂會演武
午前10時40分 剣心館演武
午前11時20分 尚武舘演武
場所:川越、蓮馨寺境内(雨天の場合は講堂一階)
〒350-0066 埼玉県川越市連雀町7-1
今年で7回目となります奉納演武会。蓮馨寺に道祖の墓石があった史実を証する為「林崎甚助重信道祖顕彰之碑」を平成25年11月に建立しました。毎年秋に三道場の門人達が碑前で奉納演武会を開催しております。
***残念予定が入っており観覧出来ず、、残念無念!

武道家と刀剣愛好家について

刀を知らぬ武道家とならびに刀を本当に知ろうとしない刀剣愛好家が存在している!と独断で考えた。先ほど小江戸川越にて開催の埼玉県名刀展にて五ヵ伝の刀と刀剣研磨を拝見させていただきました。本来刀は武器であり人間が使う道具であるので使うという角度からみてみるとまた違った見え方もすると思う。よく古作の刀は居合いや抜刀で使ってはならないと言うが、刀剣文化の凋落が激しい今日において刀剣によってはある程度の消耗は時代の変化で仕方ないのではと思う。ちょっと前まで100万からのお値段で流通してた刀が原チャリ1台分の価格まで下落してしまっている現状を考えると仕方がないと思う。刀剣愛好家の方々も刀によっては使ってみて、見るだけの刀文化ではなく健全は体幹の維持、向上に向けての刀文化を健全な身体、心構えとともに、刀剣文化の普及に少子高齢化への対策としても新人の開拓に尽力するときでありましょう。刀を知らぬ武道家にも光を、、、。双方の融合なんてないだろうが、、。つまらぬことを書くが、刀を腰に帯びて抜刀も納刀もできない、素振りも腰がさだまらない、、違和感感じないのだろうか?、居合道家は五ヵ伝もわからぬに違和感はないのだ。

 

 

 

さいたまの刀in2019

川越市立博物館にて埼玉の名刀展が9月7日(土)より開催される、今回は五ヵ伝とのことでどんか刀が展示されるのだろか期待が大きい、遠くの博物館で展示されるのでなく地元の博物館で開催されるのだから地元の居合家などは見ていただきたいと思う次第、ただ単に刀を振り回すだけでなく、歴史・伝統・文化の中で、、昔の侍がどんなに刀に対してどんな思いを抱いていたかを感じてほしいと思う次第です。刀を振り回すのが上手なだけでは野武士やヤクザとあんまり変わらないのでは!、、どうでしょう。

長野県北佐久郡立科町大字山部・・・父の生まれ故郷だ、父は竹花六男と言い名のとおり6番目、1番目が竹花勇一朗氏だ、私が小学生のころ父と母と兄?と帰省したときは、勇一朗伯父さんは本当に良く可愛がってくれた。冬はとても寒くコタツによく叔母さんが炭を入れてくれた。夜は炭をいれたコタツ布団で寝るのだが、外とは障子一枚で隙間風がビューと入ってきて東京育ちの我が輩はビックリしたのを覚えている。その実家の前の狭い道路からはリンゴ畑・朝鮮人参畑ごしに白煙をあげる浅間山が雄大に見えたのを覚えている。また居間には囲炉裏があったのを思い出す、そこで餅を良く焼いて食べたのを思えているし、高地の為かいつもご飯がヤタラと固くて、味噌汁もしょっぱいし、、そんか記憶もある。その勇一朗伯父さんは村で一番のマタギで、、冬は猟をして生計を立てていた、今も勇一朗伯父さんが採った、テンとリスの剥製が我が部屋にある、見るといつも勇一朗伯父さんを思い出す。戦後、満州から引き揚げて来た父母兄の育男は東京は焼け野原で済むところがないので、周囲の反対を押し切って父母兄を受け入れてくれたのも勇一朗伯父さん、真の強いまさに侍の心をもった家族の長であるのだ、真田武人らしい人であった。支援は母が本当に助かったと、私が高校生のころ話してくれたのを思えている。いまに思えば、、もっと詳しく聞いておけば良かったとおもうがもう、後の祭りである。

昨日は9都県防災訓練に参加し、今日は朝4時に起床し5時30分に愛馬GLを始動し圏央道鶴ヶ島から諏訪へ、湖畔には8時30分着、3時間程の走行か?30分ほど撮影、、次に諏訪大社参拝、、和田峠、、立科町、、大屋、、小諸、、追分ソバ、、北軽井沢インター、、坂戸西で下車、、自宅へ、、259マイル(約414キロ)、自宅へは14時30分着、、なにかと忙しく、、三ヶ月ぶりの愛馬GL君とのツーリングでした。いかんなああ、丸一日空いているのが11月までない、、またGL君、、2ヶ月のお休みか?、、どうしよう?バッテリー外すか?、、。

 

クロスカブで災害支援

クロスカブで災害支援!我が赤カブ君にて防災訓練に参加です。9都県市合同防災訓練・埼玉会場は和光市で実施された訓練に参加してきました。災害が発生したとの想定の元!バイクの機動性にて災害地の情報収集を白バイ隊・自衛隊と共にボランティアのバイクも協力するものです。趣味のバイクではありますが、遊びの道具だけではなく社会貢献できるものとして災害時に行政で大きく認識してもらえば災害支援にも貢献できるでしょう。今回は情報収集をアマチュア無線にて報告し、より一層レベルアップできるようになりました。さらに拡大すれば被災現地からスマホ&タブレットを使って映像にて本部に報告、またはバイクにドローンを車載して調査報告など多彩な報告ができるとも思います。

IMG_9775

 

居合いと刀剣研究

いつも思うのですが刀剣を勉強または趣味として研究しているかたは、刀を見る・所持するだけで刀を振ってみるまたは使ってみることはしない。フェイスブックで埼玉県刀剣保存協議会にて拝見参加させていただいているが、、あいかわらず敷居が高いなと感じる。少子高齢化社会で漫然としていては仲間は増えないのであります。また居合い・武道では刀を振り回すだけで我が国が世界に誇る黒金の輝きである鐵の文化である日本刀をだだの道具としてしか認識していない。武士の魂・武士の象徴としての日本刀ではなくただの道具、、。なんともさみしいことであろう。祐定って誰?だって、びっくり仰天、、。来月は西入間支部会員7名にて地域のお祭り参加にて演舞(9月15日)を実施してPR活動を実施、、会員の確保に努めたい。時間があれば武道と刀を語りたいがなかなか大変だ。

令和元年入間市防災訓練-バイク隊・・・2019年8月18日(日)朝8時15分のサイレントと共に始まった入間市防災訓練に参加してきました。参加ライダーは埼玉RB(レスキューサポート・バイクネットワーク)の隊員3名で(現在の総数は8名程であるが実働は5名程度)参加してきました。内容は災害発生と共に交通が遮断されるところがありバイクボランティアにて各避難所を巡回し情報を収集し本部に報告する訓練・・・並びに情報途絶施設に衛星携帯電話をバイクにて搬送する訓練を実施、、。特に情報収集訓練は2コースに分かれて実施しおよそ各1時間のコースとなる訓練だが訓練参加隊員が3名ではどうにもならないので(2名1組で行動が前提)2コースを合体しておよそ2時間かけて市内を巡回し本部にもどった。昨日ほどの気温でなく本当に良かった、ボランティアは100%生還するのが前提である、消防団や水道組合などの法人とは違う、大きな違いだ。災害時にバイクで支援活動・平時は訓練でチョイボラでチョッピリ社会貢献をしてもらいたいと平時から埼玉RBなどで募集しているが、全く????である。月末の8月31日(土)は9都県防災訓練-埼玉会場の和光市だ、、頑張ろう。***昔は30名位の隊員がいたんだどなああ!。これも少子高齢化なのだろうか?。****

 

バイクで社会貢献

バイクでボランティア・・2019夏の災害訓練参加は8月18日の入間市訓練の次に8月31日(土)には、9都県市合同防災訓練・埼玉会場の和光市に参加します、こちらはデモ走行が主で白バイ隊・自衛隊などと共にデモ走行を訓練会場で行います。5分にも満たない走行ですが大規模な訓練参加です、いつ来るか判らない災害への備えで民間ボランティアのバイクが災害時に災害支援で活動できることが行政で理解されていることは大きいと思います。各地で災害訓練が実施されておりますが民間バイクの機動性を認識して訓練に取り入れている自治体は本当に少ないですしバイク乗りの社会性について?に思いますがどうでしょう!。

訓練資料

我が家のワン子

我が家のワン子、、下の子の誕生日、2才を祝う写真撮影を写真館にて実施した、2才になるLyonsはホームセンターのドックショップで半年近くいたこです。家族でチワワのneneちゃんと買い物に行くたびに見て居てなんだか、、たまらなくなって我が家にやってきました。痩せていて、フン食もあり、即刻獣医のところで検査をしていただき寄生虫がいることが判明しクスリで完治して現在に至っています。上の子とちがってとても人になつく子です。最近ではすかり太って顔も大部ソフトになりました。そんな子を写真館で家族で撮影しました。

バイクで社会貢献

大好きなバイクで社会貢献を!、入間市防災訓練にバイクで参加しております。バイクはただの遊びの道具でも、生活の道具でもあり、そんな多面性がよいのでしょう。ただそれだけでは「もったいない!」、世の為、人の為、そして自分の為の道具として社会貢献ができるし実際しております。我が大和民族は災害列島にて長らく代を継続してきました、それは助け合いの精神でつないできたと考えています。災害時はバイクの機動性でちょっぴり人助けをします。そんな団体がレスキューバイク、、は埼玉です。HPでも埼玉RBでその内容を公開しています。そんな平時の活動で防災訓練が8月16日(日)に朝8時から開催される埼玉県入間市の訓練に埼玉RBとして参加し市内の各避難所を巡回して情報収集を衛星電話の運搬訓練を実施します。市内巡回ではおよそ1時間ほど市内を循環するかなり本格的な訓練、埼玉RBはマチュア無線局でもありますので無線を使っての情報提供も可能です。埼玉RBでは沢山のライダーさんに参加を希望しておりますし、それぞれの地元の訓練への参加を支援します。

身障者駐車場の利用者

三芳パーキングに平気で駐車する家族連れ、子供、親、その親、ロングのドライブで夕食だろうが、反対側に充分空いています、雨が降っているのでうっかりミスであろうが、楽しい浦安ランド?、旅行を楽しんでください。