2007年6月23日、我らにとっての記念日でもある日であり、関越道と中央道が開通する日でもあるので記念ツーリングに行くことにした。駐車中に後退車両に接触され修理中のGLを一時的に退院させてのツーリングであります。目的地は河口湖のペンション、2日目は、山名湖の会社の保養所、それから人気の武田信玄・山本勘助の館、躑躅ヶ崎の館経由、長野道・関越にて帰宅のコース設定としました。
 
天候は初日は晴れており、暑いのなんの・・2時45分に家を出て、圏央道へ、、3時前後、日の出あたりから渋滞気味ではあるが、なんとか流れて、、中央道前で、、タンデムのワイフに写真を撮らせる。
途中、15分休憩後、河口湖プチペンション村へは5時30分着、フランチェスカ到着。早々6時から夕食。
こじんまりとした小さなペンション、いつもでっかい部屋にとまっているのでまた、味があって好!、メニューはフランス風、おいしい。缶ビールと夜食で締めて14000円ほどでした。
 
翌日は、河口湖ラベンダー園の開園時間に行く、ラベンダーの花の後方に富士山も見えでまづまづ、、場所などは以下に・・・
午後から本降りとなるとのこと・・2泊目の会社の保養所に向かう、日曜と言うこともあって、バイクツーリングのグループが多い。午前10時ごろ富士市田あたりから、雨が降りはじめてきた。11時保養所到着、早々荷物をづけて、GLにはカバーを掛けて、山中湖、湖畔の”ほうとう”を食べに行く。1300円~観光だから、上手いが値段はこんものか?
 
3日目は、山本勘助であるわい、高速、山中湖から小淵沢10分のツツジヶ崎の館へ、、10時30分出発、薄日の中、12時ごろ館に到着、ここで一大事になる!11号八ヶ岳ライン(快適な道)を右折300m位の林を開拓した撮影所兼務の館であるが、駐車場が砂利、、まして道路から勾配が急に下がるのである。さがる当たりから・・直ぐ砂利、かんとかGLをこなすが。。。。場内はテレビで見るとおり、、出るとき出口を見るが、危険を感じる、出口は砂利があり、出たところの舗装路道路は5.5m、しかも大型のバスがじゃんじゃん来るのである・・・帰りの方向、右に急勾配にあがる舗装路。。。出口の一番緩いところから攻めるが案の定、前輪がアップ右にハンドルが取られ、GL倒れる。・・・久しぶり1年振りのタチコケ・・ワイフをおろして、再トライ・・車道の真ん中でワイフを乗せ、スタート!・・もう2度とこないぞ-!!!
 
佐久で昼食2時ごろ、6時自宅到着でした。
 
広告