10月2日~3日・飯能市下名栗のせせらぎの湯したの名栗川のキャンプ施設がすっかり気に入ってしまい又しても行ってきました。ここは川又自治会河川広場となっており車とキャンプで2500円とおやすくなっている。シーズンをはずれていると値引きになり今回も2000円。奇麗な水洗トイレ、水場など簡素にあり問題はない。河川ということもあって下場は石がおおくややペグなどは入りにくいがまあ・・・なんとかなる。川は浅く小さい子供に危険もなさそうである。スーパーは下に15分ほど下がると「たいらや、エコス」があり安く食品がかえる。また近くにドラックもあり、炭なども入手可能である。ここのキャンプ場は夜間は管理のおばさんがいないので朝方10時位に巡回で来て徴収される。
徴収のおばさんは、日替わりで当番をしていて人が入れ替わるがおしなべて、田舎のおばさん達で親切でやさしい、男衆は草刈りなどをやはり当番制でしているようだ。集落で大事にしているって感じ。
なんでも11月一杯は営業しているそうな。閉鎖期間でも一言集落の人に声をかけらな利用できそうな感じである。
キャンプ場の回りには民家があり、真っ暗にはならないしなんとなく別な意味で安心感もありそうな気もするのでした。
前日の午後、日高の農家の庭先から1袋400円で買ってきた、立派な栗を炭で朝方焼いたら、、、案の定、、爆発した。
広告