Archive for 1月, 2008


ヤマハ音楽講師を娘がやっています。誰もが知っている音楽大学を卒業してあこがれの職業について今頑張っていますが、親としてびっくりしたことががあります。まず、国民健康保険加入なのです、世界のヤマハでないの?。それから月15万の支給で、休みが多いのです。イヤーびっくりの昇天です。定年後の(私の人生に???)、まあ!!しょうがない、、って感じです。そんなわけで、娘に聞いても、要領を得ないのでWEBをしらべてさらにびっくり、過酷な職業であることが見えてきました。少々失礼ではありますが、一流音楽大学出て、テキ屋以下の社会的報酬とはビックリした次第。検索した一部を掲載します。娘がヤマハ講師の試験を受けると言った時に調べて置くべきとおもった。
 {略歴=一般企業(プログラマー)→楽器店講師→自宅講師} 質問がちょっと漠然としていてお答えしにくいのですが略歴を前提として・・。 収入保証面・・正社員経験者としては楽器店講師のあのアルバイト以下の待遇は 論外です。自宅講師の収入保証面は自営業なのでまた別ですね。充実度・・プログラマーも楽しかったですよ。時代の先端をいく気分が味わえて 親から独立できるだけの給料もボーナスももらえるし、それなりに充実していました。 しかし、しかしなんですよ。ぱったりと音楽が出来ない生活になって初めて自分に とって音楽が欠かせないものだと気づいたのは。最初は夜でもピアノが弾けるようにとボーナスで電子ピアノを買おうと考えたのですが 楽を仕事にすればずっと音楽と一緒だ!」となぜか閃き(?) 現在に至っています。んね。人生のうち、掛け値なしで きなものに出会えた喜びは本当に大きいし、幸運なことだと思います。音楽に何を求めるかは人それぞれなんでしょうが、それにしても>>63さんの 考え方は何かが違うと思う。あなた、音楽が好き? 

116です。>61さん
レスサンクス!生活できているみたいだし充実しているみたいで良かったです。店が保険も保障も一切ナイ歩合制の世界だという事を知ったのは ってからなので本当に驚きました。私も入ってから知りました。毎年春には税務署へ申告に行く、ということも 知りませんでした。おかげで税金のことには随分詳しくなりました(笑)楽器店側(Y側も含め)はこういった「入ってからの待遇について」もう少し世間に明言する必要性がありますよね。詐欺に近い気がする。騙された そっちが悪いんだろうと言われてしまえば、それまでですが。。音大側は こういう事実を知っていて隠しているのか、それとも知らないのか、それとも 知ってても生徒(Y受験生)には他言無用と言われているのか・・・。教えて欲しかった。そして、私も深く調べるべきだった。後悔&反省。。 

2008年1月12日(土)ほぼ毎月、第二土曜日に代々木の協会で開かれている刀剣の勉強会に久しぶりに行ってきました。
例年の新年の勉強会とあって人が多く、鑑定刀5本、そして鑑賞刀9本が展示されていた。
今回は鑑定刀の5号・源清麿の打刀以外は短刀がほとんど、あとは寸のび脇差しでして。特に鑑賞刀では鎌倉初期の新籐五国光の短刀、保昌派の貞興・伝正宗・来国光・備中住次直・長谷部国信・相州広光・無名長義・兼氏が展示されていました。講師の方の先生によると時代順にならんでおり、時代により短刀の姿が変換している、短刀を見て、古いとみたら、身幅が狭くて無反りであれば鎌倉初期、やや身幅があってややそりがあったら中期、巾があり反りがおおきければ南北朝期、そして重ねが薄いのは長谷部になります。だた例外があって南北朝でも長義・兼氏は身幅が狭く無反りです。刃文地金(尖りがある等)で判断しましよう!。。。でした。録音してあるのであとで詳しく勉強します。
会場内では、鑑定刀でどうも、短いのはよくわからんとのボヤキも聞こえていました。私なんか鑑定刀には長蛇の列、あまり見られないし、一本入札では、、刃がたたないので最初からクリヤー、、、
今回の収穫は、古刀は鎌倉の短刀が沢山見れたのは大収穫でした、いずれも特別重要刀剣など大変高価かは刀、薄金で実際に手にもって見れるなんて幸せだー、、、協会の方には感謝です。説明の先生もマイクを使わず、一生懸命大きな声でだして説明してくださいました。それにしても、もう見飽きた常連さんの井戸端会議の声はうるさい、これからの刀剣界のことを考えて、しずかにしてもらいたいですね。
DVC00009-1nyusatu