愛馬GL1500が10月28日300キロツーリングの帰宅時、自宅3キロ手前にてストップ故障してくれました。谷川岳の燃えるような紅葉と虹の橋を堪能した後、素晴らしい秋晴れの夕焼けを背にして快適に関越を走行、自宅側のインターを降りて一般道に(もう夕闇17時過ぎ)・・・そしたら、急に吹けが悪くなって、プスン、、、ごろごろ、、どどど、、、????。ガス欠と認定、メーターは4分の1程度、、USAだから?壊れたのだろう。何とか市役所前のエネオスに入って給油。どうしよう!!あんまり入らない。案の定、、クンクン、、カッチン×××。スタンドマンバッテリーですね、このバイクのバッテリーはそこらでは無いですね(液は有り)!!!取りあえずジャンピング。クーンモーターが回る例の音。あとは家まで3キロなんとか行こう、、スタンドを出るがやはり同じ状態に(500メーター走行)、しかた無く歩道に、困った時の神頼み、、レットバロンに電話、、、そしたら・・そしたら、、、本日の営業は終わりましたとのこと、、あーこのー!!!今日は火曜日・・定休日だ!役にタタネー・・・レットバロンだ。どうしようか???。
★1.此処において家に帰る、2.ここで明日の朝まで野宿、バロンの開店まで待つ。3.タクシー呼んでバッテリーの買い出しに行く。どれも却下!。ここでエネオスに戻り、地元のバッテリー屋、ニシノ電装の電話番号を聞いて電話、”今、高徳神社前の交差点にいます、ホンダGL1500、SC22のバッテリーありますか?・・・・・緊張のナガーイ時間。  HONDA  SC22 GL1500 GS YUASA Y50-N18L-A3 あります。よかった、、、20分後来てくれて、社長がアマチュア無線家でもあり2万円で交換していただきました。ああ良かった。テスターで計ったら、チャージしないとのことでした。USA HONDAのバッテリーは突然クラッシュするとは聞いていたが、走行不能になるとは・・・・夏場にチエックした時は12.7ボルトくらい有ったのに!。まあ、結果オーライ、、これが山の中であったならほんとに野宿だ!。交換してから2年半、真冬で月1回、あたたかくなってから3回程度の使用でしたが今後は確実に2年毎に交換ですね!
広告