昨日はゴールデンウィークに入っており休みの方も多いようで訪問した、忍城跡地にある行田市郷土博物館には第53回埼玉県名刀展「彫り物のある日本刀」を見にきて居る方が沢山いた。まずこの博物館の立地が忍城、これは戦国末期、秀吉の命により石田三成が大軍でせめても(籠城は2000騎ほど)ついに落とせなかった城あとにあり,すばらしい屋敷になっております。まず建物で楽しませてくれ・・今にも戦国の騎馬兵が出てくるような雰囲気があります。さて・・・・・肝心の刀も鎌倉から現代への彫り物のある刀が展示してあります。もうこのような展示はないでしょうから必見です入館は200円安い!。やはり、現代物の彫りのある刀がすばらしい、、豪壮で派手で美しい。だれもが欲しい一振りでありますが・・250万は車1台分、中古のポンコツ車で我慢できれば購入出来る金額だ、新車を買っても10年立てばポンコツ!
広告