Archive for 11月, 2010


朝8時、、居合の稽古に家を出る早朝の日曜日道路は快適であったがそれは本の2キロ程度入間川の橋の手前の信号に警察官がいてT字路の信号を右に強制移動、、この路はやや元に戻る路、、事故でもあったかと思い、、西の橋を渡ることにする、、1キロ位戻りまた東へ1キロ橋を渡り川越市内に入る道路はまた、、遮断仕方なくさらに西へ、、結局東は行けなく、、さらに西のはしをまた、、入間川を渡るしまつ、、殆ど戻り、、結局最初の遮断のところに戻ってしまった、都合30分のロス、、どんば細い路地にでも人が徹底的にたっていて強固な遮断、、まるで強固な守りに固められた川越城みたいだ。幾らおとなしい我でも警察官にいったいどうすれば16号、254号にでれるか聞いたら、、なんでもマラソンでとのことで丁寧に対応!、、規制の地図をくれた。ここでようやく分かる。結局254号にでるのにさらに15分なんと言う時間のロスか、、規制図にある市役所小江戸川越マラソン事項委員会049-224-0102へ電話してキチンと規制の理由・迂回路の案内とお詫びの表示するように依頼、それから近隣市町村の自治会の回覧版などで情報を事前に流すように発言したら、、あああ、、そうですね、、そうですかああ、、済みませんでしたとのこと、、これっていたいなんなんだろう??。

試斬

今日は友人らを集めてふじみ野市大井総合体育館にて巻き藁の試斬を行います。写真は前回の映像ですが、、今後は「ふじみの試斬研究会」として流派にとらわれず、段位なども関係無く楽しく事故のないように、、、みんなが上達できるようにやって行きたい。型だけの稽古で本当に侍になれるとは思えないのではと?常に疑問に思ってる次第です。武士の魂の理解も必要ですね!段だけ取れば良いとか、、大会で優勝すれば良いとか、、だけでなく、、ですね。TAKEでした。・・・

さてと、、いきなりブログが変更になりどうしたもんかと迷ったがすこしやってみることにした。まあ、駄目ならすべて消して撤退、素早い撤退も戦?の内。さて表題ですが我が町の市民講座のお手伝いをすることになりました。内容は、鶴ヶ島市 わかば大学塾(市民講座)307号表題の講座です。刀というと個人差がある誤解(怖い道具)、武道家の不勉強、刀装具に美しさ等について知られていない気がします。そんな講座を支援いたします。昨日市の教育委員会担当のところで打ち合わせさせていただきますした。HP立ち上げたらと言われたので簡単に造りました。 続きを読む