鍔を手に入れました。7センチのサイズでだいたい刀のサイズでいえば脇差し用のサイズになります。このサイズは観賞用としてはやや小さいので人気がありませんので出来がよくてもお安いのです。また拵えを造るにしても最近の居合道家・武道家諸氏は脇差しを帯びないのでまた需要がないこともさらにあって人気がないこともありましょう。拵えを制作する場合8センチは超えていないと迫力がなく刀に威圧感・重厚さが出てきません。どんなに型が上手でも迫力の無い刀で演武していてもどうなのかなと良く思いますが、、なんとも感じていないようですね?。実戦となったらもっとも守らなくてはならない、、部分が無防備になりますね。。写真は、15000円で手に入れた小鍔です。もう一振り脇差しを造るときにでもとって置きましょう。

スライドショーには JavaScript が必要です。

広告