Archive for 12月, 2014


2014年最後のチャリバイクにてラストラン、、いつもの30キロコースを走ってきました、さすが大晦日川越周辺は結構渋滞・・まあそんな時でもさすがチャリバイクはすり抜け、信号スルー(徒歩にて)など多彩に動けます、、これは災害が発生したときでも同じようなことになるでしょう。まあそんなに大きな荷物は運搬できませんけど、災害時たとえば橋が落ちていても川を自転車かついで渡河して、、目的地へゴー!!。天気も良く風がなく日が当たるので快適な走行でした。明日は例年通りGLにて初走行となりましょう。

hoku (43)

広告

メンテ不能になってしまっていた(管理パスワードの放棄)旧埼玉RBのホームページがようやくメンテ可能な新HPとなって、開設できました。これで何よりであります、今後はすっかり崩壊寸前にまで落ち込んでしまった埼玉RBを復活させなくてはならない。当初沢山の前向きな方々が大きく盛り上げていただいた会ではありますが2011年のあの大災害を契機に大きく衰退してしまった、本来なら活発に活動していなくてはならないものがなんと言うか情けないの一言である。今後はバイクが好きでその好きなバイクを中心にそえて多方面に連携して活動を広げて行きたい。ここでバイクとはミニバイクからオフロードバイク、オンロードの大型バイクまで幅は広い、なにも中型や大型バイクに乗っていなくても良いのであります。そんな新埼玉RBのHPをよろしく。リンク。なお旧HPはメンテ不能の廃墟となっています、とてもとても残念です。

中国が尖閣の側に要塞を構築しているらしい、新聞によると中国軍、尖閣近海に軍事拠点整備。尖閣の西300キロに構築、最新式レーダーとヘリポート、軍用機の滑走路の建設計画も浮上しているとのことである。沖縄本島には尖閣より100キロ近いとのこと、ようするに沖縄から300キロのところに軍事要塞が構築され沖縄上空への軍事行動が可能になるってことだ。この事態にいたって、沖縄県民は反政府主義に傾き県知事戦では反米反日色の強い知事が当選した。沖縄を中国が取りにきたとき我々は(本土)、国民はどのような選択をすればいいのだろうか?。沖縄県民が武器を持って戦う意思がないのならこの島の領有を放棄して本土の若者の命を守る選択肢も出てこよう。どうも沖縄県民の意思がわからない。中国が取りに来ているのに反米反日なのだから、、。この重大なニュースを日本のマスコミが今後どのように対応して行くか、朝日新聞はどのように報じていくか、、多分知らんふりするんだろうな!。

例年参拝に行ってる靖国神社、そして日本刀の展示会に参上の予定です今回は甲冑の着付けを是非ともみたいと考えています。武をこころざすなら、刀剣を愛好するなら、正月は靖国です。

2014/12/14 奉納新春刀剣展開催のお知らせ
当特別展は、年の始めに際し、関東地区の刀匠約二十名が各々真心籠めて打ち上げた最新作の刀剣を展示し、多くの皆様に日本文化千年の粋とも言うべき名刀の輝きに触れ、我国の伝統文化の美と聖を、こころゆくまで観賞戴きたく企画致しました。また、本展期間中には付属企画として、研師・鞘師・彫刻師・各刀匠により「実技公開」も行われ、刀身の研磨・彫刻・鞘の制作及び、作者の銘切り等の秘技・実技が公開されます。日本文化の粋を極めた匠の技を是非ご覧戴きたく御案内申し上げます。
【期 間】平成27年1月1日~17日
【場 所】遊就館1階 企画展示室
【拝観料】無料
【主 催】靖国神社・全日本刀匠会関東支部
————————————————–
【付属企画】
[1]奉納新春刀剣関係実技公開(研磨・彫刻・鞘制作)
日 時 1月2日(金)午前10時~午後3時
奉仕者 研師 藤代興里、藤代龍哉  鞘師 水野美行  彫刻師 橋本琇巴以下
[2]甲冑着付け実演公開等(希望者への甲冑着付実演)
日 時 1月3日(土)午前10時から午後3時
奉仕者 甲冑制作者 豊田勝彦 東郷 隆、宮川正太郎、山崎隆司(鍔制作)以下
[3]作刀関連実技公開(銘切り等)
日 時 1月3日(土)・4日(日)・10日(土)・11日(日)・12日(月) 各日午前10時~午後4時 ※12日は刀剣解説のみ
奉仕者 川崎晶平刀匠以下 全日本刀匠会関東支部の刀匠
[4]ステンドグラス製鎧の公開展示
日 時 1月3日(土)午前10時から午後3時
出展者 ヨージ・ウチヤマ

2014Yasukuni(7)-1 2014Yasukuni (1) 2014Yasukuni (2) 2014Yasukuni (3) 2014Yasukuni (4) 2014Yasukuni (5) 2014Yasukuni (9)

武道家の品格

もう40年位~30位前だろうか?3.5メガを深夜ワッチしていたら変調がどうも変動するのでなんだと思っていたらどうやら酔っぱらって運用していると思った。そうこうしているうちに何処かの局が”ブレーク”「お酒を飲んで運用しないでください」・・・・と該当各局のコールと自局のコールを送信していた。アマチュア無線の運用規定では「紳士の趣味」として酒を飲んで運用してならないことになっているからだ、、。だれが聞いているかわかない交信であるので下手なことを送信すると、あの人はと広く、、その品格のわるさを公表することになってしうことになる。かつで私もコマンド解除で情報交換していたら、警告されてしまいその品格のなさを公表してしまったこともある。そのときは今のようなネット社会になるとは到底思えなかったが、10年位前に所属する災害ボランティアのメーリングで完全に酔っぱらっていると思える内容でメーリングしたSE職の方がいた、同じ事が繰り返されるものと認識した次第。で表記の一言、、馬鹿!と公衆の面前で叫ぶようでは到底、、品格があるとは言えないです。武道関係の書物ではいろいろなことが書かれているがどうも文字だけで終わってはいないだろうか?。都内の刀剣店では武道家は下品とおもってしまうようにならないように、注意していくような人達に進歩してほしいと思う。ネットで武道家と表記する方々の投稿を見ていると到底品格があるとは言えない表現があるのは武道界にとっての打撃だ、悪化は良貨を駆逐することはあってはならない。居合いかあ・・品がないねええ!。とか。刀振り回す、、、まあ、怖い!。とか。

武道家の心意気

武道家は侍を志す者達と、とらえるならば必然的にその腰に帯びる「我が佩刀は、、」当然二本差しとなろう。そしてその者の所有する刀は当然ながら一口であろうはずはないと考え、さらに当然ながら現代でも居合いの指導的立場であるなら一口であろうはずはない、さらにその刀の中には誰にでも見せる、、ようするに「見せ刀」・・・見栄を張る・・・があって当然であろう。口は多弁であったほうが有利に事を運べる、、刀も沢山あった方が有利、、だから一口を、、一の口と書くのでは思いたくなる。我が佩刀の一部、、上は伊勢の国の末古刀、、下は柳生仕様の本3枚鍛え刀、脇差しは1尺2寸の大段平の小脇差し、薬莢は頂き物です。

CIMG0740

 

さて今週末は行かなくてはならないが、今回の合戦の相違点は現行政権の評価と今後の期待度になろうかと考えている。評価は他の物と比較するとわかりやすいし、今後もそれの継続を期待するかになろう。前政権の評価は最低点となるのは当然のことでこの点は誰も認めることになろう。現行政権については評価が出来ないということは特にみあたらないし今後も期待はできるが、これに反抗する勢力はバラバラでまったく当てにならない勢力となっている。こんな観点から現行勢力を支持するのがもっとも適切になろう。たしかに民主党をはじめとする勢力の話しを聞くとなるほどと思うが!では、この人達たちを支持してもえるものはなく、失うものは多いと言える。それを顕著に表すのが民主党のうちわ党争だ、確かに敵のクビをとって勝利した、それでこれに気をよくして週刊誌的な党争を延々と国会で繰り返して醜い闘争をやってのけたことの失望は大きい、前回の政権をとるにあたって民主党は後先をまったく考えずに大判振る舞いをして(高速道路の無料化等・・)政権をとったが結局それが破局にいたってしまった、ようするにとうてい出来ない公約であったのです。とにかく現在も、先をみていない行動が足を引っ張っているのがうちわ闘争であった。原発即廃止(個別自衛権の支持も)と民主党は言うがこれは選挙目当ての公約で責任政党としてはとうてい出来ない項目である。現野党全般に言えることだが責任ある公約を表明してゆかないと政権交代可能な野党には当然なりえないのである。原発の件についてちょっと述べるが、ようするにツールとして捨てるのか?と言うことであるいつでもつかえるようにして置くことがもっとも大切(安全保障)である、こんなことが判らないようでは責任ある発言と言えない。世の中にはこんなこと判っていて発言するもの達がいる、それらの者は、たぶん国旗国歌にたいして敬意を払わない人たちであり、実に上手な発言をする。鉄のように2014Tukuru (2)-1熱く語ろう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA本日埼玉RB再建委員会を2名の参加のもと実施いたしました。他4名は他のイベント(忘年会等)で欠席。内容としては会計の報告と総会に向けての準備作業で総会は4月12日(日)さいたま市付近の会場をかりて関連団体の招待も含めて実施となっています。備品の保管がまったく管理されていないのでこれの回収を実施、ならびに把握出来ているかぎりの会員には年明けにはがきにて、最終通知を行うこと、新規サーバーのレンタルが完了していることが報告された。なお、過去の資料からRB10周年行事以後のマネジメントレスによってRB運営が減速して現在にいたったことが報告され、各種排除性向が加わり残念なとに至っていたことが確認された。過去をみていては進歩は見いだせないのですが同じことを繰り返さない為にも客観的な評価は必要と思う。継続は力なりですが、飽きてしまったと言う情けない事態に至っていることも確認された。

 

試斬台の悩み

古畳を丸めて、水桶に一昼夜つけて、水切りをして道場に運搬、備品としては試斬台・清掃用のホウキ・電気掃除機・電気コードリール・ゴミ袋・保護用のブルーシート・床マット・運搬用カート等があります。私の車ステーションワゴンの後方はそれで満タン、これに稽古着と刀が加わるのですから重装備となります。形居合いのように軽装備ではないのです。そして事前準備では古畳の収集も含めてその負担はとても大きいことになるので相互連携がとても大切になってきます、古畳の入手もだんだん困難になってきていますのでさらに大変。とくに試斬台は消耗品にもなり衝撃が常に試斬台にも加わることになり木製の台はかなり痛んでしまいます。まあ、そんなにお安くはないのでさらに大変、そこで丈夫な鉄製の練習用としての試斬台を使っています。鉄部の底部は板とパイプ部は古竹をカバーとして使っているしだい。まあ丈夫でいいです。

sizanpin01 SizanPin-etc

よくなんで選挙かと良くいわれるがこれは民主党のミスである、そもそも枝野幹事長がその国会答弁で解散を要求したことに始まり、民主党で選挙の勝敗予測を行ったことを加え、自民党議員の一部が騒ぎ出したことがその起因である。そして「うちわ党争」で大臣2人のクビをとったことに勢いづき国会審議を散々沈滞させたことで自民党の一部に決戦の勝負にでる気配が生じてきた、ことで”選挙”の風がだんだんおおきくなって、外遊中の総理に決断をせまるようになってしまったことによる。そもそも、民主党がだらしがないことが我が国の悲劇だ、枝野のHPをみても個別自衛権で我が国の安全が守れるななて、タワケタこと意っているようではいかんともしがたい。日米安全保障条約の解除をして我が国を単独で守るなら、核保有と2つくらいの空母機動部隊と多数の原潜の保有、弾道弾ミサイルの保持などが必要になってくるだろう、それなしで個別なんてまったく信用できない政党だ。中国の野望は元寇以降のからのものだからで!ある。いろいろあるが、安倍総理に頑張ってもらうしか選択肢がないのが我が国の悲劇だ。馬鹿民主党よお利口さんになれ!。

neneちゃんとの散歩

ついこの間、鉢形城へはneneちゃんと行きました。もちろん関東三国志を見にいったのですが歴史館を見学の時はneneちゃんは車の中でお留守番でしたがおとなしく待っててくれました。そのあと鉢形城の中を散歩しての帰宅となった次第、綺麗に整備された広大な平城跡は散歩というかちょっとしたハイキング気分にしてくれますのでワンコとともにとても良いところと思います。

nene201411 (10)