ローソンで馬鹿と言われた妻:長年食品スーパー”マルエツ”に勤務していた経験から一言!:最近なんかおかしい、マンションが傾いた・新幹線の部品が!とかだ、いずれも人手不足が原因と考える。本日妻が8時過ぎにローソンからおでんをかかえて帰ってきて、泣き出す!。なんでも帰り際に3人いる店員の一人から「馬鹿」と言われたそうな!。たしかに心技体が劣っていると認識のある妻ではあるが・・ショックであろう!問題は店員にもあるのだが前記の人手不足が問題の本質であると考える。コンビニのオーナーは長時間営業にたえるべく要員の確保を人物優先ではなくポイントの確保に重点を置かざるを得ず、教育でカバーできる範囲を超えているのだろうと考えるのが妥当なラインである。前職のマルエツでも長時間営業にたえる社員が勤務の過激さから確保できず、広い売り場を経験の浅い嘱託社員と外国人を含む難しい運営をしなくてはならくなっている。たしかに長時間営業の店舗は利用者にとって便利ではあるが犯罪のターゲットになりやすく今後の変更を考えていかなくてはならないと思う。利用者も多少の不便はあろうが大型の冷蔵庫もあることだし便利な深夜営業が無理があることを認識しなくてならないと思う。

広告