先ほど、、およそ1200キロ、2泊3日の東北の旅に行ってきました。時間的に余裕があったので熊谷国道407号、、50号、、4号、、6号太平洋側を仙台に向けて走行、、朝7時20分に家を出て関東平野を横断しての走行であるがやっぱ関東平野を大いに実感する走行で中々楽しかった次第、ナビの言うとおりに走ったのだがどうも頂けない、なんか田舎の農道を走らされたり、山越えのルートを走らされたり確かに近いんだろうけどやっぱ生活幹線道路を案内してもらいたい。使ったソフトはナビタイムなんだけど使い勝手が今ひとつ良くない次第、やはり専用のナビが良いと思うがどうなのだろう。お見せの案内よりもその辺の設定をしてもらいたいのと、コースを事前に登録しておける機能・記録が必要と思う。海の幸をいただくのが大きな魅力!北茨城大津港漁協直営市場での海鮮丼は最高であった1350円、、最低は気仙沼海鮮市場、、観光バスが沢山とまっていて賑やかではあったが1000円の刺身定食は、、最低、、大いに期待はずれであった。原発の直ぐ脇を通過したが、2013年のツーリングの時は通行止めであったところを通過したのですが側道はすべて閉鎖、、国道6号で通過のみ、、信号はイエローか殆ど、、まるで高速道路のようであった。ちなみバリケードで閉鎖になった道路にはガードマンが立っていて侵入出来ないようになっているが、大丈夫なのだろうか?、ヒマそうで、、なんだろか。カネト水産さん、美味しい刺身定食ありがとう、良い思い出になりました。

20151025_123639 1445918429163

広告