Archive for 12月, 2015


私が当時ダイエーグループのマルエツに勤務していたとき(30年位前)突然正月の元旦営業が決まった。それまでは3日間は休みだったからであるが、これはダイエーの重鎮が当時のダイエーCEOの中内功氏に正月営業のお伺いをたてたところ元旦からの営業が指示されたことによって、イトーヨーカ堂を始めとする流通各社が雪崩を打って正月営業にいたり、やがて遅滞なく小売業界全般で正月営業にいたった。その後は長時間営業に至り、、今日のように365日24時間営業するのが当たり前になって今日に至っている。この件で新たな動きが報道された。きょうの新聞で三越伊勢丹が首都圏8店舗にて3日からの営業を行うこととし、元旦と2日は従業員を休日にワークライフバランスにあてる(福利)との報道がなされた。いかに従業員を大切にするかの勇断であろう、数日前に電気店のコジマに買い物に行ったが元旦から営業と表示してあった、これを見て従業員が気の毒に至った、家族があり親戚があり正月を祝うと言うのは日本人にとって必要な物で元旦の出勤手当で12000円もらってもまったく嬉しくないのであり、子供の成長にとっても良くないことと思う。なにも正月の元旦から買い物をしなくても市民生活のになんら影響がないのである。私は60才で継続雇用を拒否して退職した最初の年の大晦日と元旦のなんと爽やかな開放感があったことを記憶している。元旦に仕事をしている方々に感謝の気持ちをもって望んでほしい。

広告

我が国と韓国との慰安婦問題は、朝日新聞が虚偽の事実を新聞掲載したことから始まり国際的に韓国が挑発行為を激化した行為によるものである。70年も前の出来事で挑発する行為は、朝鮮民族の鎌倉時代からの歴史的、地理的な内容で、その民族性から来ているものであり決して止むことはないのである。今回の慰安婦問題の一応の合意は、国際的な政治的な、経済的な、韓国の孤立から来ているものでいずれ復活するだろう、それが朝鮮民族なのである。太平洋戦争後東南アジア各国は独立戦争によって欧米各国からの独立を勝ち得たが、韓国はなんとなく、独立した国家でありその国家設立の過程が弱いのである、それが朝鮮民族であります。だから彼らとの約束などまったくあてにならない。盗難仏像は元は朝鮮の物との国際的にまったく通用しない独自論の展開を自国判決でなし、大事故時の大統領の所在に関する日本向け記事にたいする弾圧など数え切れないのだからである。こんかいは安全保障上の懸念から米国が強く働きかけて実現したものだから、もし韓国がまた、いつもの通りむし返すようであれば(米国も認識して)不法占拠している竹島の返還請求を開始すべきだ。あんな国もう放っておいて、北朝鮮の南進など勝手に摺ればよいと思う。

定年と継続雇用

いつだったかマルエツの元社員というか同僚を我が別宅に招いて我が愛刀とともに接待をさせていただいた。60才の定年後1年ほど継続雇用で勤務していたが、相変わらず12時間~15時間拘束で1日の睡眠時間が5時間を切る毎日だったので、年金支給年齢ともに併せて退職したとのことであった。マルエツと言う会社の上部のいろんな話があがりもう関係ないのだがいろんなバトルがあり、、まあ疲れる日常が存在してた。さて65才まで継続雇用で至福なら65才まで勤務すればいいのだがそんな?方はいないだろうと思う次第。15時間も拘束され春・夏の連続休暇もなく、有給は毎年20日も廃棄となっていて幸せと言えないと思う。若ければいいが!あと何年生きれるか、元気で身体が動くか、妻は元気で入れるか?、家族は自分の親がいれば、あと数年後まで元気でいれるか?65才を過ぎても身体が動くとはかぎらない。いつまで身体を消耗してしまう会社にすがらない生活に脱却する勇気はないのだろうか?。***マルエツ病****と言うのがある、もちろん勝手に私がにつけた病名です、会社辞めてもやることがないからって言う人が沢山いるからこの名前をつけた。こんな方は趣味はと聞くと特にないと必ず言う。あるって方はゴルフと言うか同じ会社の同僚としていては中途半端であろう、プレー中にどうせ出る話は、誰それに嫌われて干されて辞めたとかだ。なぜ私が趣味にこだわるかは、定年後の過ごし方にとって!とても大切だからです、人は社会と関わっていかないと”腐る”のである腐れば認知症のお迎えがやってくるようにもなるだろう。睡眠時間が5時間とれない仕事、有給も取れない仕事をして弱った資源(身体)を消耗するのは辞めよう。週三日程度の、やりがいのある仕事を探してゆうゆうと生活してもらいたい。それから65才過ぎてから良い仕事が見つかるとは、あまり考えない方が良いだろう。いつまでマルエツにしがみつくな!よ~。ああそれから家酒は止めること、時間があるからどんどん増えて健康を害するからだ。ライフスタイルを変えろ、、変化対応だよ。出生して社長になっても幸せとは限らない、お金もってあの世には行けないぞ!。さてと明日はチョイ、、ツーに行ってくるか?

本日埼玉は川越方面から茅ヶ崎方面へツーリングに行ってきました。快晴無風の中12月としては暖かく12度位か、、最高のツーリング日和でしたが茅ヶ崎は海岸縁のオープンテラスにてコーヒーをいただきながら、砂場では本場から先生を招きハワイアンの講習会が行われていた、なんでもドレスでクラスが分かれていて、、いつもここで(茅ヶ崎中海岸4丁目)にて行っているとのことでした。また、来週はここに来ようかな?見れるかも?。

Cigasaki09 Cigasaki08 Cigasaki07 Cigasaki06 Cigasaki05 Cigasaki04 Cigasaki03 Cigasaki02 Cigasaki01

 

新・映像の世紀、NHKスペシャル、、”ヒトラー”をみてあたらめて、フォードが、リンドバーグが、米国人資産家が利益をもくろんでヒトラーを支援して第二次世界大戦に点火してしまった記録を映像でみた。番組では知っていることとが殆どであったがヒトラー自殺前の最後の言葉が紹介された、それは、、”100年後ファシズムは復活する”と、、。いまのイスラム国などの残虐行為を知るにあたって、ほんとうに現実感が高まってきた感じがする。近隣を見ればはてることなき中国の覇権行為とも言える、領土拡張志向など、いつ台湾に侵攻するや?、我が国を徹底的に敵視する教育を自国民に行い、とどまる処を知らないようだ。今後はエネルギーの取得を目指して太平洋に乗り込んでくることはもう明らかなことだ。油断してヒトラーを野放しにしたことがファシズムを拡大させたのであるからだ。一部の方に安倍総理のファシズム性を指摘する方がおられるが、もちろんゼロではないのは明らかだが、もっと高い数値を成すのが?できる!のが中国や朝鮮半島だろう、、。エネルギー(電気)の確保は大きな最重要テーマであろう。世界情勢については一寸先は闇であることを再度確認したい。

夫婦別姓の選択についての最高裁判決!きょうの新聞報道によると夫婦同一性選択の現行制度は憲法違反との原告女性の訴えに最高裁が行った判決は極めて妥当な判決と言えよう。夫婦同一性、これは人権の平等を定めた憲法の規定に違反するとは思えない、どちらかを選択するようになっているし、これは平等に反するとは言えない合理的な選択だ。それ以前に興国の歴史から言っても長きにわたって行われてきた社会制度にそっていて夫の性になるのも歴世的伝統性を重んじている選択で、我が国は朝鮮半島の歴史文化とは違うのである。私の娘は結婚によって何処にでもある普通の名前になってしまい本当に残念で真田文化の伝承は止まってしまったようにも思えるが、これは伝統であり当然の成り行きと考える。夫婦別姓を主張する方々の言葉には我が国の長きにわたって培われて来た伝統を評価していないような発言がテレビから伝わってくるがこれは軽い人たちであろうと思う。戦後たったの70年の経過でそう簡単に替えてよい問題ではない、、社会制度全般の規範に関係する重大な内容なのだと言うことを認識してほしい。あと離婚半年の再婚禁止は、、不平等とは考えない、そもそも男と女は構造が違うのであるからだ。人生は長い再婚しても後は長いぞ!、しばし待てないくらいでは、忍耐力が無いのではと思うが、どうだろう、100日にしても大差ないように思える。

最近の辺野古基地移設反対運動の激化が顕著になってきた、かつての成田闘争の様相を成してきたのである。当時も社会党と共産党の議員が支援にはいり、火焔瓶などが飛び交い、警察官の死亡事件までに至っている。沖縄も共産党・社民党・民主党の国会議員が支援にはいり激化に拍車をかけてきている。いずれ沖縄も火焔瓶とこんどは銃器が使われるようになるだろうがこんな事態は止めなくてはならない。まず彼らの資金源を立つことが肝要だがどのマスコミを沈黙を保っている、この辺に我が国のマスコミの偏重性が現れているのである。転載****琉球新報社説、、沖縄独立運動推進の記事を見つけた(2013/5/13付け)・・・歴史の局面が転換した。そんな感を禁じ得ない。琉球民族独立総合研究学会が発足した。独立論は過去、酒席での憂さ晴らしの類いだとやゆする意味で「居酒屋独立論」などと称されてきた。それが学問的な、公的な言論空間の中で論議される時代に入ったのだ。本質的な問題は、沖縄の人々が平和のうちに幸せに暮らすには、どのような自治の形態が望ましいかということだ。その選択肢を広げる意味でも学会は多様な観点から研究を深めて発信してほしい。1879年の「琉球処分」以降、沖縄は常に多数派たる日本国民のための「材料」として扱われてきた。沖縄戦では捨て石にされたし、1952年に日本が「主権回復」する際は引き替えに米国に差し出された。国土の0・6%の沖縄に74%の米軍専用基地を押し付け、今後も沖縄にだけ押し付けようとしている点から見ても、扱いは現在進行形と言ってよい。昨年、垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備強行を、日本政府は容認した。知事も県内の全市町村長も県議会も全市町村議会も、民意を体する全ての公職が反対したにもかかわらず、だ。たとえて言えば原発事故後の被災地で、知事も全首長も反対する中、新規原発建設を強行するようなものだ。本土でできないことが、沖縄では許されていいのか。学会の設立趣意書は「日本人は琉球を犠牲にして平和と繁栄を享受しようとしている。このままでは琉球民族は子孫末代まで平和に生きることができない」と述べる。その危機感は多くの県民が共有しているのではないか。政府による過去の基地政策の理不尽、振興策の数々の失敗に照らせば、沖縄の将来像を決めるのは沖縄の人々であるべきだ。言い換えれば沖縄の人々の幸せには、自己決定権拡大こそが欠かせない。残る議論は、その拡大した形態についてであろう。特別県制か、道州制の単独州がよいか、その際に持つ権限は何か。あるいは独立か、連合国制か、国連の信託統治領か。さまざまな選択肢がありえよう。学会は「独立が可能か否か逡巡(しゅんじゅん)するのではなく、独立を前提とする」と述べている。独立論が新たな局面に入ったことを物語る。今後重ねるであろう世界各地の独立の例などの研究を、人々の貴重な判断材料として提供してほしい。***

富士国際旅行社の反日ツアー参加申込だが、、、富士国際旅行社(東京新宿)は新聞報道によると沖縄辺野古基地移設反対闘争への参加ツアーを募集しているとのことでしたので早速私も参加させていただきたくメールを送ったがhenshu@fits-tyo.com リターンしてきてしまうので残念ながら諦めた。なんでも漁船をチャーターして海からの抗議活動への参加とゲート前での座り込みもやるそうな!これは絶対の面白いと思ったのですがとても残念。国の許認可業務でもある旅行業でこんなことが出来るなんて不思議な感じもするがこの旅行社の履歴をみると、あの伊藤博文を暗殺したテロリストの安重根義士記念館の視察だとか南京事件記念館ツアー、教員の為の沖縄平和学習の旅とかカウントすると反日の色彩の強い旅行社であることが解る。個性があってこの反日をテーマ-にした企画は結構商売になるのだろうと思った。なかなか面白い富士交際旅行社HPである。

サムライは二本差しであります、現代居合道で1本差しでの演武を見たことがあるかたも居られるかもしれませんがこれは戦後の居合で古来の作法ではありません。したがってサムライを学ぶ領域からかなり離れた位置で居合をやっていることになります、これが悪いなんてことはもちろんもうしませんが、、一本差しで居合をやっている方々全員はその辺を承知の上で日々の居合の稽古をなさって頂きたく思います。何故一本差しなのかと聞かれたら、、こう答えて頂きたい、、「刀法が難しくなるからです」と。そんな刀の帯方の写真を刀友が送ってくれたので添付しておきます。ちなみに私は、落とし差しです。一本差しの時は当然ながら閂差しとなります。

obikata

 

 

公明党は自我反映の為悪い政治決断を自民党にさせてしまった。いうまでもないが本日夕刻テレビで放映されている低減税率品目について外食まで含めた1.3兆円の枠とする判断だ。生鮮食品・加工食品・外食となる、、ようするに口に入るものということだから単純で流通業者からみれば、、ああ良かった・・・になるだろう。でも1.3兆円の財源がまったく決まっていない、また、赤字国債を発行して国の借金を増やすのだろうか?、そもそも何の為の増税か原点を考えてみても時代に逆行している方向だ。来年は衆参同時解散がかなりの確率で見えてきて、、必勝の自民党態勢であろう、、目指すは自主憲法制定だ。まああ、世の中・・丸くは収まらないものだが仕方ないだろう。最後に低所得者には年末調整などで還付すれば良いのではと思うが、、どうだろう

昨日は朝7時に家を出て関越・・環八・・海ほたる・・木更津・・帰りは都内(皇居周辺走行)し下道で川越街道自宅でした17時着。朝早めと言うこともあり環八は快適な走行でした。海ほたるへは海底トンネルでバイクが故障で停車し公団の車両があり、その先では追突で警察と、、なんでこんな処で追突なんだろう、、最近の車はナビで映像をみたりしているので追突するのではとも思う。海ほたるでは沢山のバイクがいてとても賑やかでしたし、展望デッキからの東京湾はとても見晴らしがよくて気分爽快でした。10時に木更津の旧友宅に到着してイオンモールに行ったりして雑談とランチをご馳走になり13時リターンとなる、楽しかったね!。給油してまた海ほたる、、湾岸道、、芝浦で孫の顔をちらっとみてから皇居周辺を周回して、、なんか沢山人がいたけどなんかイベントがあった?。途中川越街道をくだるか?大宮バイパスを迂回するか悩んだが街道を下った、、やっぱ迂回するか、志木の裏道を行けばよかった。野火止の渋滞でクラッチが坂もありかなり疲れたです。木更津のレーシングカート次回はやろうや、、日が延びる春かな?。

20151206_090357 20151206_092010 20151206_111030 Kisarazucart_0002 Kisarazucart_0001

鳥越俊太郎の悪事が拡散した。「2015年ユ-キャン新語・流行語大賞」に選ばれたことはに「アベ政治を許さない」についてですがこの言葉は委員長の鳥越自身が流行らせたことばとのことであればこれはハッキリ言って不正行為となりまいか?いずれにしても非常に不適切な選定であろう。こんな人間が評論家としてテレビ・新聞で立派な論評をなさっている!ことを考えると営業活動として目立つことをやったことと言えるだろう。こんな個人の営業活動に加担するような選定であればもう止めたほうが良いと思う。また大賞に選定されたSEALDs(シールズ)だが最近沖縄の普天間移設工事反対闘争に加担しているとのことだが成田闘争で全学連が火炎瓶で闘争したとことを思い出す、学生の闘争が先鋭化する傾向があるのでこんな団体を選定するなんて、武装闘争への道を支援することにならないか?どうだろう。