自衛隊のエンブレムができあがったとHPに掲載されております。そのエンブレムの中心に日本刀がデンと構えております、なぜ日本刀なのでしょうか?。サムライの国だから?、武士の象徴が日本刀だから?でしょうか?。私的に考えると他に、他の国に類をみない文化(物)であるからではないでしょうか?。戦闘の主力は鉄砲です、刀では敵を倒すことはできないし、合理主義優先の戦争ではとっくに刀は意味がないからです。でも日本は?不思議な国ですね。さて・・

index_il004

外国の方に「日本民族を説明する」にはどのように説明いたしますか?。私がかつて日本刀関連の講演を聴いたなかである研究者が外国人に日本人を説明するに「日本刀」を語れば世界に類を見ない日本民族の特異性を充分説明できると講演されておりました。三種の神器のうちの草薙の剣に始まり、700年も前の刀が当時のままの姿で多数現存している。国宝の半分が日本刀であること。現代でも日本刀の刀工が1000年前からの手法で日本刀を製作している。そこでその理由を考察すると、武家は刀を単なる武器にとどめることなく、刀に「美」をもとめ、そして武士にとって身につける物は美しくなければならななかったのです、これを「ものふの美意識」といい古来武士たちは美をもとめ私財をふんだんにつぎ込んで職人に造らせました。これによって江戸時代中期に元禄文化が開花して刀装具の工芸技術が最高のレベルに到達して、現代の町工場が世界に誇れる技術につながったのだと私は考えています。いろいろな形で日本刀を語れば大和民族の特異性を説明できてしまうと思います。居合道家の方々は武道を(刀)通して日本文化を体感しておられると思いますが、、外国の方に日本刀を語ることができますか?、うまく語ることができれば日本民族を説明できてさらに自分自身を説明できて自己紹介もスムーズにできることでしょう。さて何と語る!。ビジュアルに解りやすく語るには刀を持ち込んで語るのが解りやすいでしょう。

gaisou-tuka ishidou-zentai

この刀は姿から江戸初期の石堂と思われる刀です(刀友関係)、協会の青紙の鑑定では兼升(古刀戦国)となっていますがいろいろ見解がありましょう。さてこの刀元は2尺5寸の長寸の刀でしたが江戸期に所持者が何度もすりあげ(4回)てしまった為2尺2寸程になってしまいました。これは戦国期末期なら当然のことで多数の刀が戦闘形式優先から短くされておりますが平和な時代にそんなに磨り上げることは考えにくいのです。短くすると外装が造り直しになってしまい、他の短い刀を探したほうが安くつくハズですが所有者はこの刀に相当惚れ込んでいたのかもしれません。きっと相当に斬れるのかも知れないと考えています。このような刀に武人としての心意気を感じ意欲をそそるものではありましょう。

 

 

広告