あっと言う間に新年の刀剣鑑定会になってしまいました。新年は1本入札なので特に難易度が高いです。さて鑑定刀ですが1号刀は焼落としがある間違いなく初期の古刀でさて中国か九州かですが細い直刃に腰反りがたっぷり、鎬の彫りが研ぎ減りして半分ハバキに埋もれている、、多分倶利伽羅のようだが良く判らん、、刃が眠い、、で豊後行平でした最古の刀身彫りとのこと、、こんなたいそうな刀、、もう二度と手にとって見れることはないだろうとの仲間内の弁。2号刀は明らかに長巻の姿で地金が綺麗なので写し物(南紀重国?)かとも思える豪壮な長巻でして、、尻懸則長の脇差し。3号刀は、平造りの脇差し、、典型的な相州、、重ね薄く、、南北朝で、、広光。4号刀は太刀で、、備前は明らかなもの、、古備前で、、さてだれか、、直刃で小乱れ、、一文字?に見える丁子の変化、、姿から、、古備前で、、助包でした。5号刀は、、どうみても体配が末備前に見えない、、慶長新刀体配の、、祐定でした。たしかに刃文祐定だよねえ。で天位が3名で100点(冥加氏・牧氏・宮野氏)漢字?でした。地位が3名、次席が3名でした。刀剣研究では九州の刀工である良西・左一派の研究がなされた、添付資料参照となります。解説も力が入っていてよかったですねえ、鑑定刀も素人向けに回答札を添付してくれるともっと親切ね、、。法量・刀工名に至フロー、姿・時代・地域・流派へ、、。

201701yoyogi004 201701yoyogi003

 

 

広告