ノーヘルバイクが死亡事故を起こした。法的にはヘルメットの着用義務がない、また、大型自動二輪の免許も必要がなく、テクニックがまったく未熟でも乗れることができる。この手のバイクですが大抵、普通免許してもっていないライダーがよくやることと認識している。もうそろそろ、、早々に法令を改正して大型自動二輪の免許範囲にするのが法にもとずく平等の原則に合値することだ。こんや奴らとぶつかって死亡事故となり罰則されてはたまらんことにもなりかねない。今回の事故、、バカが妻をころした、ヘルメットも被らん、、バカがしたバカな作法だ。とうぜんながら、専用ジャケット・パンツ・ブーツが必要なのは言うまでもない。

サイドカー付きバイク横転 重体の妻死亡 家族3人 ヘルメット着用”なし” 北海道札幌市

8/24(木) 19:45配信: UHB 北海道文化放送 8月23日、札幌市南区で家族3人が乗ったサイドカー付きのバイクが路外に転落した事故で、24日午後、重体だった運転手の妻が死亡しました。この事故は、23日午後2時過ぎ、札幌市南区定山渓の朝里峠で、札幌市の自営業、堀譲さん(42)が運転するサイドカー付きのバイクが路外に飛び出し、2~3メートル下に転落したものです。この事故で、堀さんの妻の理恵さん(39)と娘の汐律奈さん(13)が頭を強く打ち、意識不明の重体となっていましたが、妻の理恵さんが、24日午後死亡しました。堀さんも、肋骨を折るなどの重傷です。警察によりますと、堀さんのバイクは、道路交通法上、普通自動車に分類され、ヘルメットの着用義務はなく、堀さん家族は事故当時、ヘルメットを着けていなかったということです。
警察は、理恵さんの死因と事故原因を、詳しく調べています。UHB 北海道文化放送

広告