食中毒-o157、、前橋の店舗で販売してた惣菜、バイキング方式での店頭販売であるが幼児がなくなり最悪の事態となった。中毒となったのは生食のアイテムではなく、中華など加工加熱処理したものであったことからも店頭にて感染したものである。だからこそ、スーパーの床はピカピカに磨かれホコリが店内を浮遊しないないに工夫しているのである、また、客用入り口は風除室がもうられ外気が侵入しにくい構造になっているし、荷物を搬入するゲートはシートシヤッターにて外気を区画、後方と売り場の境にも同じようなシートシャッターをさらに設置すれば、外気からのホコリの侵入は可能なかぎり防げるのあります。要するに衛生管理に関して会社としてどの程度コストをかけて取り組んでいるかであろう。また調理室でも生食(サラダ・寿司・刺身)は明確に居室を区画して菌の侵入を防ぐ工夫と、全従業員の検便(年2回以上)の実施でありますし、海外旅行は事前に許可性とするなどは当たり前です。**ようするに衛生管理にはコストがかかるのであります。***ではこのコストを吸収するのが利益であるが、最近のスーパーの安売り競争で維持できるのあろうか?、多分無理と思う。かの死亡事故を起こした店舗はそんなにコストをかけていなかったと思う。また**ようは消費者の自己責任でもある、どう考えても客が取り放題?、、リスクは当然だ。大人なんだから想定しなくははならない、のです、人任せにしない対応が必要だ。また、保健所はそんなリスクは当然解っていたはずで、そんな商売を許可した責任はとらなくてはならない。プロなんだからね!。3才可愛い盛りである、我が孫だっら怒り心頭であるとてもお気の毒に思う、とても残念だ。ついでではあるが、たとえばコンビニでのおでんの販売、、私は上手そうであるが、、食べない。風除室もない店舗で、ホコリ被りほうだい、菌が繁殖するに適温なお風呂に入っている練り製品、、危険、、真っ盛りで、食べる時は、自己責任である。追記)空調のフィルターを検査しているとは思うが、、どうだったか?。

 

広告