朝霞・志木市を地盤とする衆院議員(元自民党)が解散後の選挙にまた立候補するかもしてない、なんでも支持する後援会があるとのことだ。立候補したい、するのは個人の自由だそれでも良いとは思うが、、。それを支持する人たちがいる、、ことの方が問題であろう。豊田議員後援会の人々の社会常識を疑いたい、あれだけの暴言、暴力、そしてそれを大方認めるような発言はあったが一部否定とのことだが、これは暴言・暴力を認めていないともとれる。問題が数々の問題が大きく発覚する前に後援会の人々は解っていただろうに、、これを放置していたことにある。彼女は「発達障害がある」と私は考えている、彼女は、議員はどんな病気で長期に渡って入院していて、どんな治療をして、そして完治したのか、治っていないのかをハッキリさせなくてはならないのです。国政を担うのなら当然の行為であります。後援会のみなさんは豊田議員を国政におくりだそうとするなら自らの責任で国政を担うにあたって適正な要件を満たす人格であることを、証明していただきたい、いやしなくてはならいのです。

広告