Archive for 10月, 2017


武道公開演武の目的意義

今年も(201710/07)川越蓮馨寺にて奉納演武会が開催されたようです、すっかり昇段試験への気ぜわしさから行事を見落としてしまったのが残念です。これらの演武でいつも思うのですが演武の目的はなんなのか?といつも考えています。たぶんですが

自分たちの自己満足の為?・・・武道と言う我が国、特有の文化の発展伝承を目的とする?。たぶん両方であるんだろうなとと・・考えます、問題はどちらのウエイトが高いんですか?と言うことになりましょう。・・・で発展伝承とのことであば一般の方々と追うこととになり、武道の技を理解していただけるようにしなくてはならないと思います。その為には興味を引くようにしなくてはまりません、そのPointが大道芸にまりましょう。反対にやってはいけないことが、、普段居合の大会で内々のやっている大会のような演武会をやってはいけないと思います。この居合演武は一般の方にはただ、侍の格好をした人たちはなんか!刀をいろんな風に振っている、、にしか見えないからです。最初は見ますが、あとの方は飽きると思う次第です。要は形演武は見ていて面白くは決してないものなのだと思うしだい、メニューを増やして望みましょう。そうすれば会員の増加も見込めるようになりましょう!。2014蓮馨寺写真添付

 

 

 

広告

心気力の一致

201504Midori (14)気剣体一致とも表現し、気と心については動作を司るもっとも元の部分をいい、ここの部分が曖昧だと(敵への心根部分が)、勝負終了時の納まりが一致しない。剣と気については剣すなわち刀を抜く気力勢いが心気と連動しての動作になり、これらが合わさって体・力へと繋がり、強力な動作となって一致して現れて連動完遂する。

簡単に記するとこのようなことと思う、形居合において空気しかきらないので”心・気・力”が本当に一致しているかは表現として表すだけなので・・本当に一致しているかは、本当は解らないことと思う。だからこそ試しきりを行い・・本当に一致しているか・形で斬ってみてみればわかることと思う。たとえば全剣連居合の3本目の受け流しで斬ってみるとその場合間合いなどが・・良く理解できると思う。また1本目前でも着座してのママ斬るのは極めて難しいことがわかるハズです、下手だと斬れても床をたたいてしまい、床・刀を破損してしまうのが落ちだ、これを警戒すると今度斬れなくなってしまいます。

この前も試斬が初めての剣連居合2段、古武道4段の御仁の希望で体験していただいたが、実際に巻藁と直面すると緊張から”心気力”の一致とはならなかったのが一目瞭然であった。すくなくても年に一回位は試斬稽古をすることをおすすめしますがどうだろう?。

 

豊田真由子の選挙

豊田真由子の選挙結果出た、以下記事の通り。しかし朝霞・志木市の選挙市民がこの候補の病気を認知しながら投票した21,614票が不思議だ。いったいこれらの市民は何を考えているのだろう。

このハゲ―!」豊田真由子氏はわずか1分で”落選確実”

豊田真由子氏(C)日刊ゲンダイ
豊田真由子氏(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 投票を締め切った午後8時すぎ、いきなり「当選確実」ならぬ「落選確実」を報じたテレビ局もあった。 埼玉4区の豊田真由子氏(43=無所属)はその約1時間半後、軽自動車に乗って事務所に姿を現した。が、3~4人のスタッフが写真を撮らせまいとガードしたため、報道陣にもみくちゃにされていた。事務所に集まったのは女性数人だけで、豊田氏は涙を流しながら「私の力不足」と敗戦の弁。今後については「未定」と、力なく語った。元秘書に対する「このハゲェーー!」騒動のあおりで、自民は7月の都議選で惨敗。関係者が「あいつだけは落とす」と息巻き、県議や市議、後援会からも見放された、まさに「天国から地獄」の戦いだった。連日駅頭に立って有権者に頭を下げる一方で、「多くのハゲましの言葉をいただいております」などと強がっていたが、そう甘くはない。

抜刀と感染症

20161029_142155抜刀と感染症について記載する:戦国時代又は幕末でも日本刀にて敵を一刀両断で瞬間で倒すことはほぼ無理と言っていいと考えている。首筋に斬りつければ即死だし、正中線あたり、太股の内側に斬りつければ10分足らずで終わりと思うが相手も侍であり、そうは簡単には行かないだろう、大方が刀傷から数日後に感染症となり死亡してしまうのだと思う。なんでこんな事を記すかと言えば、切り傷から私が感染症に今なっているからです。土曜日の斬り稽古の時、抜き付けの脇差しの作法がわるく珍しく左手の親指を薄め、やや大きく切ってしまったからです、即水で洗い流して止血・・バンドエイドで、翌日には!すっかりふさがってしまいましたが、、日曜日の夕方あたりから親指から手首の筋肉がややハレ、痛みだしたので、、来たかと思い、台風が痛快した月曜日の朝かかりつけの医師のところで抗生剤と痛み止めをいただき、月曜日の夕方にはやや、納まってきた次第、、古畳を巻いた巻藁はとても不衛生なので桶で水に漬けるときはいも、塩素剤をいてれ減菌している。今回も軽傷に終わりそうなのは、まあ、この辺が良かったのかもしれない。破傷風などが入ったら命取り、現代医療でも危ないのです。****注意あれ!。

 

 

 

 

投票日の台風

2017年衆院選挙は大型台風で投票に行くのも相当な困難が予想される模様となっているし、家族の身体の運動の能力も考慮して期日前投票に行った水曜日の市役所での投票でしたが結構ならんでいて10人位、バイトらしき若い人がカードに記載された氏名住所等の項目をチエックしていた、私は正直に天候に○、、妻は家事に○をつけていたが、住所確認のカウンターの前では天候は東日本大地震の場合でないと選択できないとのことでしたので仕方無く旅行に○(嘘です)をつけた、今度は2箇所はダメとのことなので天候に×をつける。***まあ一日家事をやっているわけでもなく・・台風の中旅行なんてありえないし***嘘を書かなくて投票できないシステムはよろしくないとおもうのですがどうだろう?、***単に台風の大雨のなか身体が不自由な中投票に行くのが大変だっただけであります。***。どうも投票率が悪いといいながら、投票に行ってもらう環境作りが不足しているように思えるがどうだろう。

参考記事転載)

衆院選の期日前投票、20日までに1564万人

衆院選投票始まる=深夜に大勢判明-台風で開票ずれ込みも【17衆院選】

2017年10月22日 12時33分 時事通信

 約5年にわたる安倍政権の是非を問う第48回衆院選は、繰り上げ投票が行われた一部地域を除き、22日午前7時から全国4万7000カ所余りの投票所で投票が始まった。午後8時までに締め切られ、全国約2000カ所の開票所で開票され、同日深夜には大勢が判明する見通しだ。ただ、台風21号の影響で、山口県萩市で即日開票ができなくなり、投開票結果の確定は23日以降にずれ込む。総務省によると、午前11時現在の推定投票率は12.24%で、前回衆院選に比べ1.16ポイント増だった。衆院選は2014年12月以来で、自民、公明両党の政権復帰後2回目。与党による過半数(233議席)維持を勝敗ラインに掲げた安倍晋三首相(自民党総裁)に対し、野党がどこまで勢力を伸ばせるかが焦点だ。小選挙区289、比例代表176の計465議席に対し、選挙区936人、比例(重複立候補者除く)244人の計1180人が立候補している。選挙戦は、与党に「希望の党・日本維新の会」「共産党・立憲民主党・社民党」が挑む3極対決の構図。北朝鮮情勢や憲法改正、消費税増税、森友・加計学園問題をめぐる首相の政治姿勢などを主な争点に、12日間の論戦が展開された。

 

 

 

居合の呼吸法について

居合の呼吸法について考察してみた。
無意識に行う普段の「呼吸」に対して、意識的に行うのが「呼吸法」とのことで、居合における呼吸法では身体の動き(振りかぶり、斬りつけ、血振り、納刀等)で、体内の動きと外側の連動させる体幹運動を取得すること。私の場合斬り下ろして止めるとき剣先がぶれるのは体幹の動きが連動していないことにもよるものと認識している、自分の居合の稽古において、稽古鍛錬で一連の技の連動の中で実戦し、居合における呼吸法を体得して行きたいと考えている。この呼吸法ってバイクのライディングでも大切と考える、走行中の突然の危機、回避行動、衝突での転倒時の呼吸が命を左右すると考えているがどうだろう。刀の鍛錬でも小槌を振るう時も呼吸法は結構大切で熟練にいたってくると上手の刀工になるのだろう!。

少子高齢化と武道の今後

少子高齢化と武道の今後について考えてみた。今週の全剣連居合の昇段試験を見ていて、また前週の東西対抗戦を見ていてのことです。あれで斬れるのか?との同僚の指摘に私は斬れないと答えた、また斬るには別物とも答えた要は使い分ければいいのだですがしかし、少子高齢化で間違いなく我が国の人口は減少してゆき、当然ながら武道を学ぶ者も減少してゆくことになるのです。そんな中で武道も選別され稽古者が減少してゆき、稽古者がいなくなれば消滅、、ようは絶滅となりましょう。その境目が強固な地盤があるかどうかになりましょう。剣道と居合を比較してみればよく見えてくるのではないでしょうか?、剣道は警察剣道・自衛隊剣道など公職につく者達がいて強固な基盤となりましょうが、、居合はまったくそんな基盤・強固な土台がないわけで微々ながらその稽古者は減少してゆくのは明らかなことと思う。そんな中でどうやって減少を食い止めるかかになりましょう、やはり歩留まりを上げることになる、要するに退会者を減らしすくなくも現状維持かやや、、上向きの傾向を維持しないとその組織は衰退の傾向にいたって行くものと思う。***居合の昇段試験で審査が4段・5段で甘いのではの指摘***はこの辺とは関係は決してないとは断定は出来ないだろうと思う。強固な基盤のない居合はけっきょくエンターテインメント化していかないとならないのではと思うのだがどうだろう。審査の甘さは麻薬かもとは思うのだが?

朝日・毎日新聞の購読者は最近の森友・加計問題の過剰までのこだわり追求をいったいどう考えておれれるのだろうか?、産経新聞ではこの問題についてフェイクニュース?報じている。じじつ今、我が国が北朝鮮の核攻撃の脅威にありながら、過去の事実があったかどうか、まったく定かでない事案に関して異常なまでにこだわっている、もはや朝日・毎日は発達障害に陥っていまいか?、こんな新聞を購読している方々は一体どう考えているか?日本人としての常識を伺いたい気持ちだ。いま、我が国は少子高齢化の波にさらされ国家的危機いたろうとしている事態だ、いったい些細な事案にいつまでこだわっているのか?朝日・毎日購読者の方々の常識ある行動で障害に陥った新聞を正してほしいと思う次第である。

 

 

 

 

朝鮮半島の脅威

日本国の引っ越しができたなら、、太古の昔の地殻変動で、日本列島が太平洋の真ん中あたり、、にあったら、元寇も、秀吉の朝鮮半島への出兵も、大東亜戦争もなかったと思う。この朝鮮半島がつねに我が国への安全に変動をもたらしてきた。これからも、、、つずく、、もっと政治家にこのことに真剣に考えさせるのが選挙だ。バカマスコミのフェイクニュースに踊らされていてはいけないと思うがどうだろう!。

 

 

McAfeeとの相性

McAfeeとの相性、、ソフトで昔、、20年位前は使用するソフトの相性が結構気になった気がするが、、まさかいまの時代に、、使用する、メールソフトが突然起動しなくなった。もう20年位は使っているだろうか、、バージョンも毎回?更新していて大変便利なメールソフトです。ここ1年くらいメールの受信速度がやけにおそくなったなああと思っていたらのこの始末、このメールソフトの起動不良、、起動しようとするとウィンドウズがエラーを表示して表示しない。しかたなくオーバーライトすると起動するが、、2日くらいすると起動しなくなる、ウィンドウズ10からのエラー、、メールシフト会社に聞いたら、、マカフィーのほうへと言いあわせてくださいとのこと、、これで結局1月を要してしまった。最終的にマカフィーのせいではないとのコメントに達したが・・。でもメーラーは動かない、、さて元にもどって、、メールソフト会社に聞いたら他にもでていて99.9%・・McAfeeの設定の問題、McAfee以外では問題が起きていないとのこと、パッチをあててエラーが出ないようにすればいいとのことでした。で・・McAfeeのエンジニアを問い詰めたら、、また、もとの遠隔操作で原因を検索するとの元の道にもどった。****ようするにMcAfeeとしては、、対応をしないってことが、、解った。****。即刻解約、、アンインストールしたが、、4月に年間契約で更新しているから、、ソンしたわけ、くそ!、、。よかった3年契約なんてしなくて。けっきょくそんなメールソフト使うな!ってことなのね、、。米国・アングロサクソンの謀略だよまったく、、。乗り換えましたが、、こちらも結局アングロサクソンの会社、、地球はどの民族に支配されているのだろうと思う。アラブの方々の気持ちわかるなあああ!

 

偏向報道の朝日・毎日VS産経新聞の論争が面白い、、テレビのバラエティ番組より面白いと思うがどうだろう。そもそも、そんな安いそばの話をいったいいつまで続けるのか、いま我が国は北朝鮮から核攻撃の可能性のある危機に面している。大新聞がいったいいつまで***ハッキリした証拠のない***ただのいいががりに近い報道に種着するのはか?まあこれらの新聞の購読者も安いそばで満足しているのだろう。ちなみにそば大好き人間の私ですが、、そばは盛り蕎麦にかぎると思っているが、、。

転載)ニフティニュース

 

 

 

 

居合の壁

居合の壁について:本日は県武道館にて埼玉県東西対抗戦で、痛いアキレス腱を引きずって参加してまいりました。なんとか炎症を起こしている右足のアキレス腱をほぐして挑みましたが、どうしても立ち上がりの技でふらつく、、これではいけませんがもう、30数年の勤務で損傷した足はどうにもなりません、まあだましながら使ってまいりましょう。さてそんな試合を見ながら道場の仲間が、たしかに上手だけどあれで斬れるのか?と私に聞いてきた。彼は居合を健康の為と思いはじめ、でも、斬れない居合なんで武道なのかとの考えのようす、確かに試合を見ていても身体の柔らかい女性に旗が多くあがる。絶対に勝てないとの評判の女性剣士もいるし、、だいたい3段位になると年数がたってきて色々見えて(全剣連居合が・・)くるので、、この壁にあたったるんです。まああそのママにしておくと稽古に来なくなる確率が高くなろう。ああいつか私が通ってきた道です、私の場合は2年ほど居合をやめて抜刀のみですごしていたが1年ほど前から復帰した次第です。やっぱデイリーに大好きな刀を振り回せるからこんなローコスト?の武道はありません。その辺のところを解ってもらいたいと説明したがどうだろう?、やっぱ居合だけでなく杖道も剣道も弓道もやってみるといいかもしれない、どうだろう?。たったの12本の全剣連の居合、、やっぱ細かすぎてあきる、イヤになる・・よね!!わかるよ。さて試合ですが試合参加でいろんな方と会えるのも、前道場の師範の方ともお話ができて良かったです。

同じ道場の友人と我が愛刀の鑑賞会を実施した、お互いの刀を鑑賞し見せ合うのは古来武士たちが行ってきたことであります。当然ながら日本刀には自然性があって同じ刀工の刀でも出来・不出来が発生してくる、また、時代、地域、流派などからも姿・地金・刃文も変わってくる。だから日本刀鑑賞は面白いのであります。刀を振り回すだけでは、**ヤクザ**となんら変わらないのです。侍なら!この刀の特徴を良く把握して、刀をみて遅滞なく大体どの辺の時代の刀で、、どんな流派かを見抜き、、それを侍どうしで語り、、お主、、出来るな!とこれも武道の作法でもありましょう。そんな意味でも武道仲間を愛刀を交えながらの刀談議は愉快そのものでした。もとより刀はその良い点を率直に評価しあってこそ武がたつのでしょう。また、武士の象徴としての刀、500年もの前の刀がごく自然に、当時のまま保存されているのは世界広しといえども、、日本だけなのです。それは武器としてだけでなく、、侍は腰に帯びる物に**美**を求めたのであります、武士道の観点から美しくなければならなかったのです。美術工芸品としての国宝が250点あると記憶しておりますがその半分が日本刀なのです。もちろん武道学ぶ者にとって武器としての刀の特性を見抜かなくてはなりません。武器として使った場合の末古刀の特性など、、これを居合に使うとどうなるか?等・・・。等など、、友人は我が石堂の刀を!

嵐山渓谷の騒音

社会規範の崩壊か-2017年10月1日埼玉県嵐山渓谷バーベキュー場にて、快晴・無風・気温良好の最高のアウトドアーライフの状況下の出来事、沢山の家族連れで賑わうバーベキュー場に28人のりのレンタカーで乗り付けてたのだろうか?団体が発電機3台にて大型のディスプレー付きカラオケマシンで、音響も大きくお酒を飲みながらカラオケ・演歌中心か?、、他の場所でバベキューを楽しんでいる家族連れはお互いの会話もママならず、、迷惑千万。子供連れでなければ苦情を申し出るところだが諦める。この状態を家族で来ている子供たちは一体どうみるでしょうか?、、良く考えてもらいたい、ほんとうに良く考えてもらいたい。なお、この施設ではカラオケを許可しているとのことだが、まあ、楽しくすごすにはまあ、いいだろうが、自然を楽しむ傾向があるなら、、会話を楽しみ、職場内・団体でののコミュニケーションを活性化させるべきでありこの様なマシンは何処か他でやってはと思う。たとえば玉淀橋のしたの広大な河川敷ではどうだろう。写真を添付しておく、、。