昨日は両国は新刀剣博物館での第一回鑑定研究会に参加してまいりました。まずロケーションは国技館のとなりで抜群に良いです。今後沢山の来館が期待できるでしょう。ただ、地盤が海抜ゼロメートル地帯なので洪水と津波対策をしっかり実施していただき、我が国が世界に誇る鉄の文化である日本刀と武具などの貴重な文化財を保全していただきたい。建物はコングリート打ちっぱなしのローコストタイプ、一階しか行っていませんが内装は白とグレー、茶を基調にしたシンプルな内装でまあ、近代的な普通ですね。懸念事項は日本刀をイメージしたのか曲線を主体にした建物でまあ、近代的ですが、、この建物は車と同じでミニバンではなくツーリングワゴンタイプ、、荷物や人はあまりのれず、また使いにくい!、それでですが、、鑑定会では変形の会場の為、研究会には使い勝手がわるそう、またテーブルがない!置ける?、もう器が出来ているので工夫して使っていかなくてはならい様子!と見ました。また、研究会ですがパワーポイントとプロジェクターを使い鑑定刀の解説を今回から実施するようになりこれはとても良いことだと思う。しかし、これって今更のことで遅れていることでもあり時代の流れに、HPの活用も含めて頑張っていただきたい。当日学芸員の方よりおなじような意味のお話があり、今後協会は開かれた協会へと変身してゆきますと宣言がなされました、今後に期待です。それから客商売でもありますから写真入りの名札を着用するのも世間の常識です。キチンと率先して挨拶の励行は小学生レベルの内容でもあります。笑顔は特にいらないとは思いますが、、どうでしょう?。少子高齢化社会はもう来ており時代は大きく変化(衰退)していきます、伝統文化の保全にむけて新たな試みをして行かなくてはならないのです。

さて関心の鑑定会ですが4号・5号が短刀、、1から3号が太刀、、。今回のコンセプトは直刃の粟田口・来2代それぞれの比較、、その流れの延寿でした。どうも姿を見てしまうと迷ってしまうので基本通り地金と刃文ですね、、。帽子がロウソク、だけでは・・景光はイヤでした等。

また、鑑賞刀は、、素晴らしい水心子正秀の刀・・湾たれ刃と箱乱れの素晴らしい虎徹・・了戒・・・延寿国村でした。次は正月ですね!

 

広告