Archive for 12月, 2017


テレビでプロ野球の戦力外通知をうけた選手と家族の放映がなされていた。30代半ばで戦力外通知され、他の球団に移れないと最悪の事態になる、子供も小学生、、高校からドラフト1位で入団し年俸500万と!さほどでない収入ではもうどうにもなれんだろう、自宅のローン等・・・たとえ若いとき夢でプロ野球に入って野球しかしらない者が何ができるのだろう。親として見てしまうが娘がそんな野球選手と家庭をきずいていたら、、ほんとこまった者だ。テレビでは独立リーグから声がかかりなんとか若いカップルが心機一転、、建設業に転職するシーンが放映されていた。たぶんテレビ局の手配があったんだろうが、、なんの声もかからない選手もいましょう。潰しの聞かないプロ野球、、進められないなああ親としては、、。そんなテレビを見ていた妻がぽつりと、、言った。あんた60才定年でマルエツとっとと辞めてよかったねええ、いまはストレスのない生活を送っているので納得!。数日前に東京の娘の住んでいるマンションの目の前にあるマルエツに孫と買い物に行ったとき、黙々と下をみて仕事している顔見知りがいたが、、とても声を掛けられなかった、悲しいねええ。

 

広告

NHKクローズアップ現代で信用出来ない銀行が放映されていた。確かに最近の銀行はおかしい!弱い立場での高齢者を狙ってリスクのある金融商品を販売しているからだ。ここで取り上げている酷い銀行はすべての銀行ではないだろうが、、大方その方向だ。要注意である、、サラ金から始まって、、今度は銀行までもが、、。私の知るかぎりで安心して預けることが出来る、金融商品の販売にあまり熱心でない「労働金庫」くらいであろろう!、、どうだろう。


 

いよいよ、冬本番なんだろう、娘の軽自動車のタイヤをスタットレスに交換した。昔は4輪駆動車の交換もやったがいまとなては軽がいいとこ、、。はて北国では大雪のようだが関東平野は快晴の日がつづきスタットレスに交換もあまり必要がないようにも思うが一応交換とした次第、雪は降らないほうがいいが、、これは誰にもわからいないだろう。来年の春先に、、はまた交換だ。

20171218_134110

 

沖縄では基地の中に小学校があるようだ、、そんなもんだから、飛行機の落下物があるのは当然予想されるような事態でもあろう。なら基地か住宅・学校のどちらかを移転することによって解決することになろう、できるほうから、遅滞なく実施してこそ政治だろう。しかし沖縄の知事は今にも戦争になりそうな時期に軍の活動を停止せよとは、、北朝鮮を支援する目的で発言や要望をしていまいか?、、米軍機の飛行差し止めで北朝鮮は、当然歓迎だろう、、。こんな沖縄に貴重な税金の投入は即刻やめるべきだ。

米軍ヘリ窓落下で抗議=沖縄知事「耐えられない」

2017年12月14日 20時32分 時事通信

米軍ヘリ窓落下で抗議=沖縄知事「耐えられない」

米軍ヘリの窓が小学校に落下した事故などについて、山本朋広防衛副大臣(左)に抗議書を提出する沖縄県の翁長雄志知事=14日午後、東京都新宿区の防衛省

 沖縄県宜野湾市の小学校に米海兵隊ヘリコプターの窓が落下した事故を受け、同県の翁長雄志知事は14日上京し、防衛省の山本朋広副大臣と面談した。翁長知事は米軍機の相次ぐ事故について「耐えられない」と述べ、「大きな衝撃で到底容認しがたい」とする抗議書を手渡した。県内の米軍機全機種の総点検とその間の飛行中止を求めた。翁長知事は会談で、「多くの県民が憤っている気持ちを伝えに来た」と説明。昨年12月の輸送機オスプレイの大破や今年10月のCH53ヘリ炎上など事故が相次いでいるとし、「日米地位協定と日米合同委員会にメスを入れないと解決しない」と強調した。山本副大臣は、「あってはならないことが起き、われわれとしても大変遺憾」と述べた。抗議書は「保育園、小学校という子たちにとって一番安全であるべき場所で繰り返し発生した」と指摘。「米軍の運用を最優先し、安全を軽視する姿勢が招いたものだ」と批判し、政府の責任で普天間飛行場の5年以内の運用停止を実現するよう強く求めている。翁長知事はこの後、在日米大使館で大使代理のジョセフ・ヤング首席公使と、外務省で佐藤正久副大臣と面談し、抗議した。外務省で翁長知事は、きょうまで何百回と抗議、要請をしているが再発防止につながっていないと指摘。「日本政府の当事者能力が全く感じられないところに沖縄県民の苦しみがある」と訴えた。

 

最近は貴乃花親方の暴挙が目立ってきた。いったいこの男はこれだけ世間を騒がして一体なにをしたいのか?、テレビで聞くところによると相撲界の古い体質を改革したいとのことだが、それはトップになってから実施してもらいたい。何処の会社組織で役員クラスでそんな組織の改革が実施できるか常識範囲ではありえない。なんか自分の憂さ晴らしで弟子を利用している気配が濃厚に最近はなってきた。おおかたではあるが、検察に書類送検で不起訴(初犯、反省している、社会的制裁を受けている)であろう。あとは罰金で決着である。次が民事のみ、これは警察は関与しないのは常識。****そもそも巡業中の事件であるから、貴乃花親方、巡業部長の責任事項であって、まして事の発端は自分の弟子の作法が悪いことにある、弟子の教育がなっていない貴乃花の責任である。どこの社会に説教されているときに彼女のメールチエックするアホがいようか!こんなアホ作法を教育できなかった親方の責任が大きい。いまになると、この事態からは・・「貴乃岩の自殺」を懸念しまくてはならない事態であろう。誰がした、、お前だ::貴乃花よ、、、。それから、上にたつ者は、好き嫌いで行動してはならない、基本中の基本であり人格の資質のレベルだ。

貴乃岩 に対する画像結果

日本人力士もドン引き 貴乃花親方の露骨な“モンゴル排除”

日本人力士もドン引き 貴乃花親方の露骨な“モンゴル排除”

モンゴル人力士が大嫌い(C)日刊ゲンダイ

 一部のメディアの間で、いまや「貴乃花親方VSモンゴル勢」となってきた日馬富士暴行事件。それもこれも貴乃花親方(45)の周囲がメディアを通じて、モンゴル人力士への敵意をむき出しにしているためだ。なにせ、この親方のモンゴル嫌いは筋金入り。巡業では彼らの相撲を見ず、挨拶に来ても返答すらしない。これには多くの日本人力士も「いくら嫌いといっても、ちょっとやりすぎなんじゃ?」と、クビをかしげているという。今年8月23、24日に行われたお台場巡業では、こんなことがあった。勧進元のフジテレビ関係者が言う。あれは2日目、24日のことです。貴乃花親方は11時ごろに来場すると、土俵を見るのもそこそこにちゃんこ場に移動。ちゃんこ場は力士や親方、関係者が食事をする場所で、一般人は立ち入れない。そこで貴乃花親方は周囲の日本人力士らと酒盛りを始めた。しかも、土俵に上がる前の力士にも飲ませていたのだから、ビックリしましたよ。いい具合に酔ったのか、土俵そっちのけで目もトロンとしていた貴乃花親方は、ちゃんこ場にモンゴル力士が近づこうとすると、途端に険しい表情になった。言葉にはしませんでしたが、『あっちに行け』と言わんばかりのそぶりで、モンゴル力士を追い払っていたと聞きました」 この関係者によれば、「酒盛りの輪に入れなかった鶴竜が隅っこで寂しそうに酒を飲んでいた姿が印象的だった」という。

白鵬“置き去り”には伏線が 巡業中には白鵬をサービスエリアに置き去りにしたこともある。ある親方が言う。「貴乃花親方と白鵬がバスに同乗。トイレ休憩で寄ったサービスエリアで、白鵬だけがまだバスに戻ってこなかった。出発時間を過ぎたわけじゃないのに、貴乃花親方は白鵬以外は戻ってきているのを確認すると、『バスを出せ!』と運転手に命じたというんです」 この事件には伏線ともいえる出来事があった。「聞けばささいなことなんですが……。貴乃花親方が『自分の席』と決めている座席に、白鵬がそれと知らずに座ってしまったというんです。『指定席』でふんぞり返る横綱に、貴乃花親方は怒髪天といった感じだったらしい」(前出の親方) 貴乃花親方がモンゴル勢を嫌うこと自体が問題なのではない。好き嫌いはあくまで個人の感情であって、それを「やめるべき」と言うつもりもサラサラない。そもそも、モンゴル勢は土俵内外でやりたい放題。11月場所千秋楽で万歳三唱をした揚げ句、「貴乃花親方の下では巡業に行きたくない」と放言した白鵬の言動は、確かに度を越している。 しかし、だからといって露骨に敵意を向ける貴乃花親方の言動は、いくら何でもやり過ぎだ。巡業部長である以上、「嫌いなヤツの相撲は見ない」とソッポを向いたり、挨拶も無視といった行動はあまりにも子供じみている。他の部屋の力士たちとの親交を禁じながら巡業中に飲み会をやった是非はともかく、そこからモンゴル勢だけを排除したことに至っては異常というしかない。貴乃花親方が「自分には大義がある」と思っているなら、なおさら協会の理事、巡業部長としてやるべきことはやる義務がある。第三者の裁きにゆだねるのも結構だが、協会からの電話にもなしのつぶて、知らんぷりを決め込んだ揚げ句、モンゴル勢を力ずくで追いやっているとすれば、それこそワガママ放題のモンゴル勢以下ではないか。

 

 

つい最近12月に入ったかと思うや、あっと言う間に12月の半ばになってしまった。2日の土曜は好天の中、関東甲信越居合道大会、、3日はナップス大宮で埼玉RB入会希望者のかたに説明、おかげでツーリングいけず。10日はバイクGLのオイル交換、好天でしたが、、、。11日は居合の仲間に日本刀の鑑賞会を実施して日本刀の見方・微力ながら解説を実施し日本文化の普及に貢献がほんのちょぴりしたかな?と思う次第。きょうは、娘の車のオイル交換、、軽で5000キロも走っての交換でした、いかんねえ。