Archive for 2月, 2018


あすは、、、居合での試し斬りの稽古です。武道では抜刀、、試斬稽古ともいいます。戦国時代はそんなものはありませんでしょうから、江戸時代初期に、剣道とともに侍の稽古として発生したものと心得ています。刀の作法(居合)でだけでは、当然不十分で、昔は稲藁を丸めて斬るか、、青竹を斬っていましたが、いまでは古畳を畳家さんからわけていただいて、、それを水に浸けて(一晩)きります。そんな、現代試斬もその巻き藁を何本もまとめて斬ったり、一本の巻き藁を何回も巧みな斬り技で斬ったりとしたりするのが主流ですが、、あくまで、居合の技で切る居合がもっとも自然と考え、そんな稽古を今後ともして行きたい。

広告

2018年2月・両国鑑賞鑑定研究会での入札刀。1号刀は無銘青江の刀です、大身の摺り上げ太刀、帽子は鋭利に枯れる清麿風、歯肉たっぷり、焼刃は直刃系で丁子が逆ガリ、地金は精美でるが肌立つ枯れ気味の映り有り、、。重ね厚く手持ちが重くズッシリとする体配、、およそ2尺4寸程度かやや短いかも?、遠目からも南北長期とは思える姿でした。さて冷静に考えると備前か青江になりましょう。備前に入札して、、通りではなくイヤになってしまった為迷走へ、、最初から中期の直次あたりに入れておけば良かったです。さて青江鍛冶の特徴は、、地金は縮緬と木目立った肌と澄がね等の特徴と時代の姿です、鑑定刀は確かに姿は南北朝期の大太刀を摺り上げた体配で、地金は備前ほどの精美ま地金ではないのが解るので自然と青江に行く物です、また刃文も”来”にみれるような直刃系で鑑定の掟で「来に見えてイヤ」であったら、、青江にとも言うので自然と青江に行く入札でありますしよう。でも、備前にいれてイヤであると、、延寿に行くしかないです。参考図添付しておきます。縮緬肌・・シワが寄ったような部分が散見される。

2018年2月・両国鑑賞鑑定研究会での入札刀での2号刀は、一竿子忠綱の刀身彫りのある刀でした。まず遠目から見事な刀身彫りのある刀、2尺5寸程の豪刀に見栄、刀姿は豪快な刀で元先ほぼ劣らぬ体配、、大体・・新々刀期であろうと推察できるが確認で地金をみなくては、、。刃文も腰の開いた丸みの大互の目ですからさらに幕末であろうか?、、。余り思い込むと間違えるので・・ホントウかを確認しなくては、、、。手に持ってズッシリ重い、見事な刃文、、地金は綺麗な木目肌、、表が豪快ま素剣によく肥えた龍が、なんか特徴のあるお顔、、、。裏が2筋樋が上と下に、、間に見事な梵字、、、こう良い刀が***良い刀***であると思う、、見応えのある刀でありました。もう直ぐに、、一竿子忠綱を連想するがどうだろう。***地金は新刀期に変更する、そんなに摘んでいないから、彫りのある刀工は梅忠・国広一門・忠綱・康継・虎徹・忠吉一門でありますが、、やっぱ独特の彫りで、、きまりです。これが新々刀期とみたら、、栗原信秀にするかも?。

 

ワンコと散歩

今日の土曜日はワンコとドックランに散歩に行ってきました。まだまだ、朝晩は寒いですが日が出ていると結構暖かいのでドックランでゆっくりくつろいですごしましたが、、あと一ヶ月我慢すれば・・二桁気温になれば、、いよいよツーリングの季節になりましょう。居合の稽古も楽に、、。寒いのはもう年なので答えます。

正月の両国の刀剣博物館での刀剣鑑賞判定会(制作刀工名を当てる)は、刀の製作刀工名の推定判定入札にあたって1本入札であります。5口の刀を刀工名を推定して入札してあてるゲームなのですが、、判者による誘導はないので難度は普段の鑑賞判定会(1口に3回入札)よりかなり高いと言えると思いますが、運良く人位となり銅メダルとなりました。正月早々の幸運な2018年の出だしでした、刀剣美術2月号第733号に刀剣定例鑑賞会の解説が掲示され私の名前が、、掲示されました。これを期にまぐれで当たることなく今後も勉強して行きたいです。

埼玉RB・災害時のバイク支援ボランティアも居合の道場も自治会の運営も共通して存在する最も大事な業務内容は「会計」であります。会計は会費の集金管理から運営に当たる出費の業務において、現金授受事故から使途不明金事故が発生しないようにしなくてはならないが、在職中の過去の業務において現金を扱う業務を長年実施してきた経験から、お金には足が羽根が生えていてキチンと管理しないと消えて無くなる物なのです。この各種不明金はほんとに解らない物から搾取まで幅が広いのが実態であります。さて不明にしない為には、関係する物と会計者がキチンと実施するのはもとより、周囲が会計者の負担を軽減させてあげる努力が必要です。そしてその現金は浮遊する(持ち歩く、自宅保管など・・)ことのないように金融機関に保管するのが必要でしょうし、口座があるなら会員は会費を振り込み、業務負担を軽減させてあげる配慮が必要と思いますがどうだろう!。確かに振込手数料は掛かるが、それぞれの工夫で軽減することも可能とは思う、逆の立場で自分が会計をするとしたら、、と考えるの必要だろうし、大変だから会計はやりたくないとならないとも限らない、、会計がいなけれてば会は運営出来ないのであります。

 

またも森友審議では、役人の議事録の違いしてきと、大新聞のフェイクニュースを同一視している議員、希望の党今井議員、、朝日のフェイクニュースは今に始まったことではない旨、、希望の党の今井議員もみとめている。なんか喧嘩腰の国会審議はやめてほしいし、みえみえの上げ足取り質問もなさけないくらいみっともない、、こんな政党を支持していてはいけないと思う。こんなこといったいいつまで続けるのか?。労災死は、刑事告発要項とするくらいの法律を立法するひつようもありましょう。私も前職でのサービス残業を退職時に計算したら、、大体3年分はあったと記憶している。

いま、このニュースをみて、、復元に4500万円もの募金があつまったなんて知らなかったです。刀の製作費用500万を目標にしていたとのことですがこれだけ集まると外装もしっかりしたものが作れますね、伝統文化の継承に大いに役にたつことでしょう。番組での解説で大太刀は馬上で使うとの表現がありましたが、、徒歩戦で使われたのが大方と思います、。馬上から使ったのは長めの太刀ですねええ。

2月10日(土)の両国は刀剣博物館での鑑定会は判者の実力及ばず迷走へ、、結局三振となって惨敗、思い込みが大きいとそうなるとの反省で1本目で国に入って当然とも思える鑑定刀であった,一本目ではずしたから迷走したと思い次に・・・。1号刀は、遠目から南北朝体配、摺り上げか?、直ぐ刃系に丁子か、切っ先枯れ鋭さ感じ、清麿風、歯肉はたっぷり、当然備前を想定し兼光で入札するが、、イヤ、、仕方無く、、違う通りの、、山城で入札でまたしてもイヤ、、今度は九州へ、、当然イヤで三振。結局極めの青江とのこと、、うーん確かに地金が肌立つ気味、詳細の地金が小糠風に見える、地金は備前ではありませんが隣だよね、、。***2号刀は姿と地金から新刀、寛文か、刃文は丸みが連なる互の目でとても鮮やかで、表に剣巻き龍にさらに手の込んだ梅?の堀でかなりダイナミックな龍の彫り物である。裏が素剣が元と先に分かれていて、、間に梵字とても込んだ仕様、彫り物の名士の品物であろう、、この時代の彫りだと虎徹があろうが、刃文が、、国広ではここまでダイナミックな龍は?、、で最大の名手で一竿子忠綱で当たりとなる。***3号刀は、細めの太刀、映り有りの備前か?、小切っ先で互の目丁子が刃に抜けるくらい長い、、最大の見所が焼き落としがある。そこで備前で焼き落としがある刀工では畠田真守で入札するが、、「能」で、うーんあまり動きのない刃中なので古備前?、、結局当たりは、、宗恒とのことでした、古備前でも焼落としがままあるとのこと、伯耆だけでないのだ。そんな名前聞いたことないが解説では作例が少ないとのことでした。***4号刀が超豪快な脇差し、沸えの豪快な大きな乱れ刃、こんな刀とても片手では振れない、、地金は精美なのでそのまんま見て、新々刀、、この時期でこんなとんでもない刀つくるところは薩摩、で、正幸でした。****5号刀は、、短刀、、1尺ちょっっと、、相州焼の大きく乱れる、重ね薄めの南北朝あたりか??、樋もあり、、反り付く、、さて、鑑定は如何に!!!!広光か秋広、、違いがわからんので秋広に入札したが、広光とのこと、、解説では秋広は小振りの刃文となるとの解説でした。****次に鑑賞刀は、石堂各地の違いについて解説があり、大阪石堂の長幸の2尺7寸の尖り刃の刀は典型的な作風とのことでした。紀州石堂は焼だしで、帽子が小丸の返るとのこと。、、江戸石堂と福岡石堂(守次)の小丸に返る帽子と刃文について、、、。でした。講話では、幕末、明治初期まで続いた石堂是一家文書について解説がなされました。

危険な航空基地の移転に反対する市長選挙が実施され基地移転に前向きな市長が選出された。沖縄にかぎらず横田基地だって住宅街の中にあり危険だとおもう、そんな基地は海岸沿いに移転すべきと思う。移転先では反対の意見もでようが理解をすすめていかなくてはならないだろう。沖縄だが危険な基地を抱えている地域が反対とはわけのわからないことになっている。基地がなくなれば交付金、賃借料がなくなるから?、経済に損害が出るから、だから反対、お金が必要、、。それとも安全保障の衰退を目論んでの活動?、、それが反日知事を選んだ沖縄県民だったがここ数年で我が国の安全保障が劇的に変化している、戦争になれば、沖縄はまた戦場になるのだろう。中国は沖縄は中国の領土と言っている以上だから、、。中国から支援をうけているかも知れない知事では、いずれ独立の是非を問う選挙にいたり、、中国軍の介入を誘いはしないかと感じはじめているのか?、いずれにしても本年の沖縄知事選挙が独立運動への分岐点になろう。::::正月のサザンビーチでのイベントでやっていた沖縄の躍り、太鼓の演奏をしていた若者たちが、盛んに****琉球国*****を連呼していたのが印象的だ。

土曜日の19時過ぎ東京駅から池袋へ山の手線にのって移動中、若いカップルの中国人の女性が突然立ち上がって私の腕を、チョンチョンとして席を譲ってくれた。もちろん、、疲れていたので、、礼を言って座った。・・当日は朝、6時30分に駅に行って通勤開始して夕刻、、もうくたくたであったので大変ありがたかった。隣に座っていた、若い日本人は知らんぷり、、。でも驚きの日であった。少し考えを変えなくてはならないだろう。人はそれぞれ、、色々、、。

遅れてしまっているが月食の映像を記録としてアップしておく、三脚をつかいことなく撮影したが、まあこれが限界だろう。

 

明治150年記念-日本古武道演武大会in2018年2月4日、、東京武道館観戦写真集・・約380枚程の写真をアップしておきました。何かの記録に良いかと思います。居合の仲間との観戦、、いろんな技・流派があり現代武道の元祖でもあります。この世界に誇る伝統文化を発展・伝承して行かなくてはなりません。そのほんのちょっとしたお手伝いが観戦することとも思います。どうでしょう!。。

20171009_154603私の所属居合道場は坂戸市・鶴ヶ島を中心とする方々が居合の稽古をしています、主に無想神伝流と全剣連居合を稽古しています。この全剣連居合では段位が設定されていて皆、、この段位の取得にむけて日々稽古をしています。当道場では先生方の親身なご指導について誠にありがたく思っています。また、昇段審査では沢山の方々が運営に尽力してくださることよって大人数での審査が進捗している。会場の受付から、段位の審査ごとの順位の誘導配置係の方、審査をしてくださる先生方、、証書を書いてくださる方、、全体を指揮誘導してくださる方々、、等。大会もしかり、、また講習会の指南もしかり、感謝の連続であります。また、自分たちの道場の運営においても自助協力の精神で運営して行かなくてはならないと肝に銘じて、、会費を払っているんだから当然、、してもらえるものとの「客さん気分は除去していく気構え」が大切と念じて日々にあたって行きたい。なにごとも。。感謝と奉仕の精神を大切にしていかなくてはならないと思う次第であります。

 

 

理事解任の処分を受けたばかりで、、理事選挙に立候補とは大胆で、処分に関してまったく反省してないことになる。とても誠実な行動とは言えないことで、圧倒的に落選は当然の結果であります。このような方は管理職は勤まりませんし、、公益法人の理事として不適格となりましょう。たの公益法人の模範となりつつ、、時代に会わない部分は改善してもらいたい。どこの公益法人でもお金の管理、、運営の誠実さを追求してぼしい。

中国の驚異に対応する日米軍事同盟は我が国の要の重要問題だが、これについて都合の悪いのが中国だろう。沖縄の米軍は邪魔者である、この米軍に反対する者たちが沖縄で無法な基地反対運動行為を公然と行っている、しかもこの活動にあたって日当が支給されているとの指摘もなされている。その活動では無謀な行為が公道で米軍の家族にたいしてもなされているとの指摘もまた、なされている。相次ぐ米軍機の緊急着陸もこの辺の基地反対闘争が影響していないか?、、沖縄の治安が本土並みに維持されているのか?、マスコミの公平性がまた、とわれていると思うがどうだろう。立憲民主党も沖縄の治安をどのように考えているのだろうか?

この議員、相変わらず中国名で議員をやっている。税金で活動していて心は中国人なんだろうとの意思表示。さて国会中継を見ていて、、議事質問で民進党が主張している幼児教育の人員への投資でなく、無償化をすすめる政権の批判指摘をしている。蓮舫議員の質問に対して総理は予算の制限と自民党公約をからの観点から実施しているとの回答であった。この前に質問した山本太郎議員も相変わらず強烈な質問をしていた。確かに質問に筋は通っているが、、。攻めるのは上手いなああ、、出国税、、1000円、格安航空で出国しても同じはおかしくないかとの質問、あるね。突然出てきた出国税無駄使いになるとの主張あるね、、。でもあんな言い方では、、だれもそうだねとは言えないね。もっと丁寧に、やさしく質問、したほうが受け入れやすいね。。どうだろう。