危険な航空基地の移転に反対する市長選挙が実施され基地移転に前向きな市長が選出された。沖縄にかぎらず横田基地だって住宅街の中にあり危険だとおもう、そんな基地は海岸沿いに移転すべきと思う。移転先では反対の意見もでようが理解をすすめていかなくてはならないだろう。沖縄だが危険な基地を抱えている地域が反対とはわけのわからないことになっている。基地がなくなれば交付金、賃借料がなくなるから?、経済に損害が出るから、だから反対、お金が必要、、。それとも安全保障の衰退を目論んでの活動?、、それが反日知事を選んだ沖縄県民だったがここ数年で我が国の安全保障が劇的に変化している、戦争になれば、沖縄はまた戦場になるのだろう。中国は沖縄は中国の領土と言っている以上だから、、。中国から支援をうけているかも知れない知事では、いずれ独立の是非を問う選挙にいたり、、中国軍の介入を誘いはしないかと感じはじめているのか?、いずれにしても本年の沖縄知事選挙が独立運動への分岐点になろう。::::正月のサザンビーチでのイベントでやっていた沖縄の躍り、太鼓の演奏をしていた若者たちが、盛んに****琉球国*****を連呼していたのが印象的だ。

広告