あすは、、、居合での試し斬りの稽古です。武道では抜刀、、試斬稽古ともいいます。戦国時代はそんなものはありませんでしょうから、江戸時代初期に、剣道とともに侍の稽古として発生したものと心得ています。刀の作法(居合)でだけでは、当然不十分で、昔は稲藁を丸めて斬るか、、青竹を斬っていましたが、いまでは古畳を畳家さんからわけていただいて、、それを水に浸けて(一晩)きります。そんな、現代試斬もその巻き藁を何本もまとめて斬ったり、一本の巻き藁を何回も巧みな斬り技で斬ったりとしたりするのが主流ですが、、あくまで、居合の技で切る居合がもっとも自然と考え、そんな稽古を今後ともして行きたい。

広告