6バイクのバッテリー交換で提示しているバッテリーと違う品物を出しておいて、ユーザーも確認義務を怠ったとの主張でユーザーに代金の半分を負担させる町の電気屋さんって結局こんなものなのでしょう。プロとアマチュアが同等とはありがたい限りであるが、Facebookに投稿してもやっぱ、おかしいとのことだが、、。少額訴訟で返還を求めようとは思ったがなんか、、馬鹿らしくなってきたのでやめるが、一応・・記録に残しておくことにした。

2018年3月23日に、ユーザが(有)西田電装サービスに支払った9720円は西田電装サービスよりの適正な対価がユーザーに提供されたていないもであり不当な行為である。これにいたる経緯説明としては、前日の3月22日の10時30分位にユーザーが所有するバイクのバッテリーを西田電装サービスに持込み同バッテリーの点検と交換を依頼する。その後に交換品と提示されたバッテリーの形状が若干違う事を確認したが大丈夫とのことなので液を同店にて注入していただき代金として18122円の支払いを行い帰宅する。同日に充電を2時間程度実施し次の日に愛車のバイクに取り付けようと実施するが端子の形状が会わず取り付けを断念する(写真参照)。
3月23日の11時頃に不適合のバッテリーを持参して端子の形状が合わないことを写真にて説明すると、当初にユーザーが持ち込んだ正規のバッテリーの形式がY50-N18L-A3であるにのに交換品として提示されたバッテリーがY50-N18L-A であるが大丈夫と判断したとのことであった。使えるバッテリーが必要なので対応策としてユーザーより提案を申し出て、端子の形状が合わないだけであるので端子の改造を実施しての取り付けを依頼するが、西田電装サービスからは端子の改造が出来ないとの発言にいたり、私のバイクのケーブルの改造を西田電装サービスが提案する。この件に関してユーザーよりは20年経過の古いバイクなので不用意な改造は良くない旨伝え受け入れられないことを伝える。相互の対応処理の提案対立のままではバッテリーの交換ができずバイクを何時までも稼働させることが出来ないことになる、また不適合なバッテリーはもう使えないこと等を考慮して、不適合バッテリーの廃棄を提案して、新規に正規のバッテリーの注文を再度依頼するに至りその場は了承される。帰宅後、すぐに西田電機サービスから電話があり正規のバッテリーが入荷したとのことなので13時50分頃再度西田電装サービスを訪問して正規のバッテリーを確認して代金を伺うと、「申し訳ないので半額にて」との申し出であったので9720円支払う。今回の件は、西田電装サービスの確認ミスが原因でありその損失をユーザーに負担させる行為は公共の秩序を乱すことになり、ユーザーが支払った代金9720円はあってはならない内容だ。また所有者の了解を得ること無く所有する愛車であるバイクの改造を申し出ることは不誠実であり大変心が痛みました。

20180323_104957629740196.jpg

広告