Archive for 5月, 2018


高度プロフェッショナルと子育て、、、これは両立しない事態に家族間で居たっている。長女の旦那、、婿殿は金融外資系の中間管理職?らしい。4月の査定で昇進・現状・降格のいずれかとのこと、降格だと即解雇だそうだ。そんなわけで生き延びるのに精一杯、、長女の出産にいたって長男の幼稚園送迎が困っている。ベビーシッターを探すがみつからず、港区の子育て支援センターに相談しているが進展はなし、、私の妻、、バアさんは歩行が困難だから送迎は出来ないし、とりあえず出産での入院期間、2週間パートを休んで爺さん(私)が行くが、、これ以上の支援は困難な状況。この場合、国は法令で、企業がベビーシッターを確保する条文を設定してほしい。入院期間は医者からのすすめで2週間を想定しているし、、もうどうにもならん状態だ。さて、来月どうなるや?。

広告

日本刀発見届と諸問題

日本刀発見届と諸問題・・知人から相談を受けた。親から代々受け継いでいる日本刀、登録証紛失で、今回は短刀について相談を受けた。なんでも警察にもって行こうとしたら登録がない刀は銃刀法違反だと言われたとか、、また、刀剣店に持って行って相談しようとしたら”持ってきてほしくない”・・と言われてしまったとのことで、、結局さび付いた、短い短刀はそのままとになっている、、と相談をうけた。その時は他の方もいたので後日相談にのりなんとか出来ないものかと考えてみましょうと伝えておいた。推測だが結局警察はメンドクサイのであろう。この場合は刑事課などの対応(盗難の有無?)になるのか?なんども発見された場所を確認(いっぱい写真撮る)して、証人にも確認して、、そしてようやく発見届受理となるのや!、、。沢山の書類の製作などがあるから、、メンドクサイのだか?、、。各地域によってバラツキはあるのだろうが、、。まあ素人の言うことだからどの程度まで現実を反映しているのかわかりませんが、警察に縁の無い方々にとっては負担なのでしょう、私なんかいつも行っているので気楽なのですが・・・。また、刀屋さんにしてみればお金にならなくて、、前向きに請け負おうとすると、、素人の理解不足からドラブルになり、、直ぐにネットに書かれてしまい、、消費者センターから電話になったり、、そんなわけで刀屋さんからは敬遠されてしまうのだろうか?、、。結局、なんとか、本人に頑張って頂いて、生活安全課にて発見届を発行してもらって、次に県庁・都庁に行って登録証の発行を日本刀ならしてくれるでしょう(二ヶ月に一回平日で予め時間も決まっている等・・)。諸経費交通費も含めて1万円、、。保存状態が悪く、サビがついていて刀身の損傷が心配であれば研磨を1寸1万円~でしていただいて、白鞘つけて10万円~、、。と言うところでしょうか?。事前に説明して、そんなに出せないのであれば、、苦労して、神経使って協力しても、日本刀の保全にならないので、そろりと交わして終わりでしょう。結局元の鞘に納まって、長い眠りにつき、、いずれ朽ち果てるのでしょう。先祖伝来の刀、キチンと管理して私財を投入にて保存して次の世代に残して欲しいと思う次第であります。

家族で伊豆半島は城ヶ崎へ、、圏央道から西湘バイパス、伊豆の海を見ながらのドライブ、、途中美味しそうなお店がたくさんあり長浜を通過、、マリンタウンにて買い物の下見を実施、妻の買い物にはとても付き合えないのでワンコと車の中でまった。家族3人とワンコ2人でお土産代6000円など、、総費用6万円の費用となった。3時間ほどでついてしまうのだから、、圏央道はほんとにありがたい。渋滞もほとんどなく、日月の旅行のパターンがいいかも?。なにかと忙しいが、、今日は葬儀だ。今月2回目の葬儀、、葬儀貧乏の月です。

居合道部総会in2018

公益財団法人埼玉県剣道連盟居合道部の定期総会がGW最終日の6日の日曜日に県スポーツセンターにて開催された。議案書にそって説明と審議が行われおよそ90分で終了した。審議の中で備品の管理とHPの移動と過去の運営者間の行き違いが表面化したがその備品、劣化が激しいもので6年もすればただの資源、ソフトはゴミ以下でしたかないので、出席者全員の総意で廃棄が承認された。また総会終了後に出席理事から意見が発議されたが却下された。なお異議申し出にあたって適性を欠く表現の発言申し立てであるが、とても大切なことなので平易に記すと以下の2項目になる。

1)多額の金銭がからむ不正行為が発覚しているようであるがその次第を今総会で報告すべきではないか?

2)昇段審査において古流が割愛されているが、古流の武道は我が国が世界に誇るべく伝統的な文化と歴史があるものである。この古流を軽視する方向に動いているのは誠に遺憾であり、国体を乱す行為に見えるが埼玉県居合道部としてもしっかり行動していただきたい。

上記2項目の返答としては、1)の項目は?、、。2)の項目は連名で上部団体に意見書を提出しているとの返答がなされた。。

私見ではあるが、今日のレスリングにおけるパワハラ、大相撲の暴力・柔道でのセクハラなど組織として社会情勢に沿った健全な運営がなされていないことが問題の本質となっていることを鑑み、公益財団法人としての公益性に疑義が生じてはならない。社会常識としては金銭が絡む不正行為は組織的に処罰の対象となり告示によって通知し再発防止を図らなくてはならない。

最後に意議申し立て者の・・無礼な発言があったのではありますが、あなたが自分で勝手に申し立てなさい、、と言ってはならない。総会の軽視とともに、ひるまずことにあたってが大切で、禁句であります、それで内閣府に対して申していいのでしょうか?。組織が硬直化していて情けないことであります。

秩父林道散歩

2018GWのツーリングは大渋滞の状況から近場の林道は散歩ツーリングとした。関越道は前日橋の上からみたら大渋滞であったからだ。朝7時に鶴ヶ島を出て飯能から名栗渓谷からカヌーで有名な名栗湖有馬ダムで休憩撮影し逆川林道を有馬峠に向かい峠で撮影、道は舗装されているが一部崩壊ぎみの路肩もあり4輪は注意が必要であろう、二輪は暴走しなければそんなに危険はないだろうが落ちた方がいるらしく死亡事故となったもよう。峠をすぎて秩父側に入ると道は幅も広く走りやすい。10時30分位にRB隊員がボランティア活動をしている彩の国キャンプ場に到着する。GWということで盛んに賑わっていた。深い森林のなかにあり、清流が流れる自然一杯のキャンプ場で村の支所レベルで運営しているとのことでした。かなり長くここのキャンプ場に関わっているとのことで近隣のいろんなことを友人からうかがった、なんでも有馬峠は先週に開通通れるようになったばかりとのこと。冬季は今年の雪でキャンプ場の上のわさび畑の方がヘリで救出されたそうな、、やっぱ山奥なのなのだ、、でも川越の都市部?からちょっと走るだけでこんなに自然が豊富なところにこれるのはやっぱ、埼玉は良いとこだ。でもだが、、ここの彩の国キャンプ場は繁盛しているのでしょうが、ちょっと今後のために見学していたら冷たく職員に声をかけたれた、、もっと優しくね、言葉をかけてPR会話をする余裕をもっていただきたい。やっぱ村人思考なんだろうでしょう、よそもん!が来た。さてここを下り、、浦山ダム、秩父さくら湖はとてもきれいなダム湖だ、、写真を撮影して国道に下り芦ヶ久保をめざすが秩父市内は大渋滞、、やっぱGWでねええ、クロスカブで横を抜けて、、芦ヶ久保へ駐車場にはいれない車で渋滞、、すごいねえ、、カブでよかった。ここで休憩、、途中から顔振峠のグリーンラインに上がり毛呂におりて帰宅する。ちょっとだけ渋滞にあったが快適な走行であった。なお友人から紹介された彩の国キャンプ場の利用料は、、入村520円、オートキャンプサイト4,200円、バンガロー6畳9,500円、バイク500円、岩ぶろ500円等、、。家族でくる時の事前調査で釣りなど楽しめそうだ。