Archive for 10月, 2018


我が注文刀

単なる武道家、居合道家にとどまることなく、上を目指す武家なら武芸者を志すなら、自分仕様の道具としての刀を刀匠に注文打ちしてもらってこそアスリートなんだろうと思うがどうでしょう。刀の刀法の技が上手にこしたことはないがそんなに重要ではないように思うがどうだろう。実際の話、坂本龍馬だって本当に剣の達人だったか?わからないと思うし、はっきりしているのは大変な愛刀家であったことは良く知られている。***刀に関して強い思いがあって***武家なんでしょう。わたしもそんな思いで注文している刀が出来上がっているが、さてどうしようか?、、使う刀はたくさんあるので、、美術研磨しよかな?したら使えないのはあたりまえ、、です。まああ、、、あとで、、。

広告

今日お祭りの演舞の最後に大道芸で青竹を斬るので兄のところの裏山に竹の切り出しをしにいった。ちょうど物置の整理をしていたら出てきたとのことだたので、、ありがたく?いただいてきた?。友人の研師に寸5000円で研いでいただこうと思うがどうだろう。宗正刃物で購入すれば30万位か?、、これでまた、コレクションが増えた、長くないのでいいかも!。

今日の新聞報道では、安田氏の身代金は友好国のカタールが支払ったとの情報が掲載されている。なんでも1.6億から5.6億円の間とのことだ、すでに日本国はカタールに巨額の投資をしでに実施しており今後はさらに巨額の投資をすることになっていくのだろう。渡航禁止の命令が出ている国に密入国しテロリストに捕まってしまい結果として多大な迷惑と経済的な負担を追わせてしまい、テロリストに活動資金を援助してしまったのだ。テレビ番組で安田氏が帰国後にパッシングを受けねばいいがと、お仲間が発言していた。この仲間には優しい体質のマスコミがとても不愉快だ。この自分達以外には厳しく・・仲間には優しいマスコミ・・なんと奇妙な人たちだ。

竹寺ツーリング

以前から気になっていたところの竹寺に友人と行ってきた、朝10時に高麗神社に集合、、およそ1時間で到着したが最後の500mの道があれていて、クロスロードとなったが、、まあ快適に走行ができた、、さて肝心のてらだが、、、寂れていて昼だからいいけど、、夕方は絶対にいきたくない風情だ、、。食事は12時からのようで、、今回、、精進料理はあきらめる、、まあ、予約だろうが、。そのあと、、芦ヶ久保、、白石峠から帰る。都幾川で一時雨にあうが、、着替えもなくつうか、、16時帰宅。

巻き藁を浸ける

これから両国の鑑定研究会です、その前に明日は試斬の稽古日5名にて実施流派、武道の有無は問わない気軽な稽古です。居合の人口の減少は避けられない時節ですから。また、日程が剣道連盟の昇段の審査にやむおえず重なり、孫の運動会とも(本日)ありましたが、侍の道?を選択したしだいです。そして、、わたしにとってバイク乗りも侍の作法ですうう。

本日県武道館にて開催の居合の大会に参加してきました、ちなみの居合は侍の刀の扱い作法を習得するもので習得する過程で体感を静かに鍛えることができるスポーツといえるものかもしれません。そんな居合大会は、朝9時から夕方4時まで多数のかたが居合の日頃の稽古の腕試しとなりました。まあ私は参加賞てきな意味で参加、いろんな方々の技を拝見できて楽しい日々でありました。次回は11月に大会がありますので楽しみです、今日一日弁当付きで交通費以外金を使うことなく、安く遊ぶことができた一日です。

ちょっと気が付いたことがあるので、真剣購入にあたってのご注意を!。居合道をまなぶ方の殆どか刀の知識がないのが現実としてあります。またこんなこと書くと嫌われるのですが、見方を変えて自分の技の悪い点を指摘されて、むくれてしまう居合道稽古者はいないと思います、刀をしらないと指摘うけて、どうなんでしょう?。さてその真剣購入ですが大方3段、10年近く稽古をしてくると侍らしく真剣を購入したくなるのは当たり前のことですが、、。大枚をはたいて、その金額に見合っていない刀をつかまされないように、また、安物買いの銭失い!にならないようにしていただきたい。最近何度もみるのが姿良し、そして誠に綺麗な刀をみます、まるで模擬刀の様な刀です。私見ですが、みる限り全く鍛えられていない刀とみています。このような刀は大方、南の方、九州当たりの登録でやって来た刀です。どうも登録がいい加減なようで、刀剣界で問題になり登録審査の厳格化がさけばれ大部解消されたものとは思いますが、一度登録された刀は取り消すことはありません。去年だったか九州の方からネットにて登録されたばかりの軍刀がうられており、ビックリしました。まず東京都登録では軍刀が登録されることはありませんが、やっぱ西ですから・・・。きたえられているかの確認は、試斬(半巻き)をしてみれば直ぐにわかりますが、樋が入っていると元には戻らないので無理ですが、、これは刀を斬るとき衝撃で刃筋方向に瞬間的に反るのですが、ナマクラは鍛えられていないので、鋼ではないので元には戻る力が少ないのです。ただの鉄の刀に、本来の焼刃土を塗らずに焼きいれをしただけの刀をつかまされないように、現代刀の場合は、ここが危ないのです。古作の江戸期の刀であれば、たとえお土産用の祐定でもキチンと刀としてのは機能はします。ほんとお金を有効に使ってほしい!、でわ。

 

秋はまだのようです、午後から時間が空いたのでチョイツーリングに東秩父あたりの山へ、、取り敢えず彩の国ふれあい牧場をめざす、、牛さんがいました。つぎに昔に行った、登谷高原牧場へ、なんと閉鎖になっていました。みるも無残、、ソーラーパネル牧場になっていました。昔子供をつれて良くきたものですが、、いい感じだったんですがねええ。帰りは秩父方面にさがって、芦ヶ久保にて休憩しています。正丸峠通過してかえります。

米国大統領選にロシアの介入は広くしられているが、同じくトランプ大統領は米国世論に中国が介入している証拠があると発言している。当然ながら中国が米国で選挙介入しているなら、我が国でもおなじようなことをしている可能性が高い、沖縄での基地反対闘争の軍資金をだれが出しているのか不明である。沖縄で今回選ばれた新知事は普天間移設反対(中国は喜ぶ)にむけた県民投票を行うと公言している。いずれは本来の目的とする県民投票で「沖縄独立の意思を問う」選挙を行うのだろう。これによって中国の沖縄への介入の根拠ができるようになり、、これを拒めば小規模の衝突、紛争、そして戦争となるか?、沖縄の放棄にて沖縄の独立はなされることになるやもしれない。沖縄なしに我が国の防衛をなしえる方策を検討すべきと思う。これ以上沖縄に税金をつぎ込むのは止めるべきだ。沖縄はに本領であっても、ペリーが沖縄を占領して米国領であっても、中国領であっても沖縄から基地はなくならない。沖縄の人々が軍隊が嫌いなら非武装中立の質素な国家を設立する道を選ぶ独立ならいいだろうが、、そんな国は世界に存在しない。

沖縄知事にまた、反日知事が選出されたこれが沖縄県民の判断であろう。地理的要因から沖縄は戦略・覇権から要衝であり中国の太平洋進出になくてはならないポイントであり中国の野望は武器をつかわず占領できるかもしれないと思うようになればあらゆる手段をとってくるだろう。すでにおこなっているともとれると思えはする。それが沖縄の独立の意思を問う県民投票となろう。昔にもどって琉球国の建国となるだろう。いずれにしても沖縄琉球の人々がきめることだが、インフラに多額の本土税金がつぎ込まれているわけで、、持ち逃げとなろう。もう沖縄に本土の税金をつぎ込むのは止めるべきだ。