Archive for 11月, 2018


古畳収集

先週は、、扁桃腺があばれるなか、、レンタカーを借りて、、畳屋さんから、、古畳をわけていただいた。約15たば、、これで半年はもつだろう、、ともかく、、古畳は不衛生なので乗用車ではこべません。軽トラがよかったんだけど、、レンタカー中々ないねー。ところで試斬ですが、、なんか最近居合で座り技が出来ない方を見受けますが、、また、故障でそう長く振れん、、方は試斬はどうだろう。

広告

武道の健全化審査

今日の新聞報道では、スポーツ庁による調査が掲載されていた。不正は他になかったとのことです。そうなんだあ、、ということです。また故郷の長野県の刀屋さんの広告がでていました。。厳しいいんだねえええ。

大刀剣市での出来事

昨日私の通っている居合道場の若い方々をつれて新橋で開催している最終日の大刀剣市に行ってきました。そのときに小耳に聞こえてしまったのはイーソードさんのブースで30代前半と思われる男性が女性同伴で(奥さまか?)店員の方に、、樋はどのくらいの金額ていれることできますか?、、と言っているのが聞こえてしまった。彼が手持ちの外装つきの刀は2尺4寸ほど元先の幅落ちのすくない大身の刀でした。店員さんはえー??と、、、。早々同伴の若手に、、いけない思考です、、古美術品を改造する、なんて!はあってはならないこと、、文化財なのです。ついでに言えば、、樋をいれたら反りが変わりせっかくの古作の外装がつかえなくなりますが、、、。一歩さがって、江戸期の刀で無名であればいいかも?、、でもよろしくない範囲かな?。ちなみに武芸者は自身の技に合う刀をフルカスタマイズしてこそ一流のアスリートと言えると思います。樋にこだわるなら二筋樋を刀工に依頼してはと思うがどうだろう。さて大刀剣市ですが、、清麿の槍はなかった、市が開催される前に売れたのかも?。

両国鑑定会が中止で浅草へ

昨日の鑑定会はなぜか?全国大会の月は中止だそうで、、展示の無料入館証をいただけたのでまああ、いいか!、そんなわけで刀友と浅草を散歩、骨董店、古着屋、刀剣店、、なんか大変混んでいて大変なところですなああ。帰りは有名な電氣ブランのんで帰りました。

昨日は上尾にて県居合道部の理事会のためで、好天の中!愛馬GL君に乗ってやれず残念無念これも奉仕と思って割り切るしかないのだが単なる業務連絡の会議で寂しいかぎり、、。さて本日は5時起床のつもりが6時の何時も通りになってしまった。朝の天気予報で、雨とのこと袋田の滝へと思ったが断念、マンションの伊藤氏は朝の出立準備中に駐輪場で出会い、彼は袋田の滝へがんばって行くとのこと、、まだ若いので私のように休憩しながら走ることなく一気に走るので下道でも昼前にはかるく到着すると思う。さて爺様の私は諦めて野反湖にした高速で、前橋、、あとは下道、、だ。長野原から北上、、25キロで静かな野反湖だ。7時15分発、、8時には前橋から下道、なんとナビの言うとおりに走ったら榛名山の狭い山道を登らされてしまった。巨体のGLを必死の覚悟であやつる、運良く朝早いせいか下りのくるま殆どなく!たすかるが,一回だけ前のミニバンが止まり、カーブ手前で坂道発進、、右手の中指でブレーキ、手のひらでアクセル、左手でクラッチ、両足で巨体を支える、、みごとエンスト、、ヤバイ!、追加で親指でセル、、もっと難解!だ、、ブルン、、ブーン、、なんとか動かし、、直ぐに右にターン、、これが左だったらどうなったことやら、おお怖い、、。毎回ツーリングで一回はヤバイことがあるのだ、、。さて11時前に到着するが野反湖の紅葉はなかったまああ、木がないからねえ!、でも途中の紅葉はすばらしかった。六合村の野反湖は超マイナーな地域で静かさを希望なら穴場だ。12時出発、さて帰りは軽井沢(星野リゾート付近は工事渋滞)また、18号、中軽井沢付近は何時もの渋滞!・・・経由(14時頃追分でいつものそばを頂き、、佐久、、254号、藤岡から寄居は所処渋滞、寄居から遠目の東松山廻りにて帰宅、、19時、、364キロの走行であった。

国、地元他の総意で建設が期待されている幼稚園・保育園でまた青山につづく地元の一部の者の暴言がテレビで放映され、物議を起こしている。結果として工事着工が延期になった。役人の気力のない対応もてつだっているが、録音を聞いていると、、ほんと、、こんな奴等である。白金台のイメージ低下が露呈した。