居合総会と刀剣研究講座

2019年1月26日埼玉県剣同連盟居合道部は西入間支部では定期総会を実施して今後の活動内容を検討して変更を実施することになった。まず是までの地域名の「坂戸」を表記した道場名では地域が最小すぎて稽古場の取得に難儀や懸念が発生していることについて説明がなされて、変更することが提案され審議の結果「西入間支部」に統一して会場の確保・地域での演武会等での表記表明での混乱を防止することとして、HPの表記とチラシ表記及び会場確保地の表記を統一することとした。但し芦山北会館は変更が出来ないとのことで従来通りの表記となった。現在のHPのレンタルサーバーは間借りの状態なので今後のことも考慮して低価格のサーバーを検索して事務局と会計に一任で移設を実施することとなった。また居合の活動に理解のある方を募集しての賛助会員募集も承認された。技の向上については講習会に参加して技量のアップが確認された。審議は以上、、最後に研究刀「正則」が事務局から提示され解説がなされた。外装・刀身・中心解説・刃文・映りについて、刀の分解の実技実演など30分の講義が予定時刻に終了した。文武両道であります。

広告