Archive for 2月, 2019


朝5時におきるがまだ、暗く寒そうなのでグズグズ、ようやく7時にGLのバッテリーを接続し7時30分にエンジン始動、8時に給油とエアー補充して国道16号入間方面へ、、瑞穂で多彩なバックを車載装備したクロスカブ黄色を発見、、横田過ぎた辺りで合図を送り詳しく装備内容などを伺い、また、メンテについていろいろうかがい大変参考になった、なんでも入間市在住とのこと、防災訓練で毎年活動しているところなので縁もあろう、埼玉RBの名刺を渡してPRもしておいた。松屋で朝定食をいただくいざ、、茅ヶ崎はサザンビーチへ、、およそ11時到着し散歩と読書を砂の上に座ってして13時に帰路へ、、快適に下道を走行して、ただし左車線は店舗へ入る車で流れが良くないので右車線がスムーズだ。16時に自宅着、、およそ160キロ走行と行ったところだろう。また、イコカ!、今度は6時に家を出て4時間位茅ヶ崎海岸を散歩したい。

広告

いよいよ、沖縄の県民投票がせまってきた、米軍基地の移転反対か賛成か?または、わからない・・が選択される。そんな事態に外国からわざわざこの運動に参加支援するかたがたが来ているそうな。交通費もかかろうに、まさか自己負担ではないでしょう。わたしの考えでは、朝日も読売などのマスコミはななんとも言わないが何度も県民投票を繰り返していずれ日本からの独立の賛否をとる選挙に向かいはしまいか?、琉球王国か琉球国が建国か自治政府か?、どちらにしても、沖縄の人々がきめることだ。今回の選挙次第では、そんな沖縄に本土から巨額の税金を沖縄の公共施設等に、つぎ込むのはやめたほうがいいと思う。

刀の銘切り

前々日、両国の鑑定会での講評時は鑑定刀のナカゴをあけてもらえる、ナカゴにはハガネの色合いと刻された銘の風情、ナカゴの姿、など長年の歴史がのこされている。そんな銘を見るたびに、、そうおもう。もう300年、400年、500年、600年前に刀匠が刻したものだ。・・・そんな始まりの刀の銘切りをお手伝いした、刀が動かないように押さえているだけだがこれも、なかなかコツがいる、押さえが悪いと変な音がして刀匠の切りが上手くなくなるからだ。裏には年記がはいる、たに所持銘が切られたりする。武芸者なら刀匠に自らの仕様にて注文するのが本来の姿であろうとおもう、そんな刀が出来上がった。これから3月の指定日に登録、これからスタートだ。ハバキ製作依頼、鞘下地、漆塗り、柄巻き、など各職人のところを回る。まあ、出来上がるのは早くて7月、ちょっと遅れれば、10月であろう。今の時代、お金を支払えばすぐに買える、そんな現代ではあるが、刀の製作はそんな現代とはだいぶ違う。待つのも武道の修行の内、待てる方は侍ですねええ。そんな思いで一所懸命おさえた。銘を切るときの振動で刀か曲がる、刀匠は簡単に直してしまうのがすごい。

日本刀研究in両国

日本刀研究in両国・・今日は小雪がちらつくなか両国の日本刀研究会に参加してきました。刀剣女子の方々の参加が多いので一号刀から五号刀まで見るのに時間を要し最低もう一回みなくては厳しいのですが、1巡とちょとで入札へ、、結局なんとか5本当たりに到達しましたが、観察不足気味です。さて一号刀は、短刀・姿は鎌倉末期・彫有り・コズム刃(焼幅が狭い)・刃中に小宇宙のような金筋等があり、、まあ山城や備前ではないあああ、・・で何・・相州伝ですか?、、でもあれだとしても、本当に存在した刀工かも解らぬものにか?、、やや寂しいかなと思ったので相模貞宗で入札でしたが、、同然とのことやっぱ、、素直がいいんだね。2号刀は古備前か古伯耆、、結局その写しで則重で当たり。3号刀は南北朝期の大擦り上げの太刀と踏んだが「時代違いイヤ」で、なんだこれも写し物か?、、それなら国広で当たり。4号がくせ者すっかり大胆な櫃彫り・表は下り龍・裏は火焔不動?でダイナミックであるが繊細で無い彫り、、これに戸惑い結局あきらめ、、刃文地金から南紀にて当たり。5号は私が抜刀で使っている刀とほぼ同重量長さも同じ位か、まあ薩摩だろうが刃文が備前風、芋蔓がない!、美濃系の越前守包貞でイヤ、、大和伝だよね、、やっぱ薩摩らしくない刀を造る人で、、正清で当たりでした。、、、混雑の鑑定研究会ですが結局会員で無い方がマナー講座に来て沢山?こられても、持続的に世界に誇るべき日本文化である日本刀を伝えることができるのか?でしょう、高価な刀数千円で見せて会員の獲得がなしえていない現状を鑑みて、また、日刀保両国の研究会も毎回くるのがベテラン愛好家と刀剣商の方では、どうなんでしょう、伝承になる?。伝承拡大にはならないと思うが、せっかく来てくれている刀剣女子に入札の仕方と刀の面白さを知ってもらうべく小まめなサポートが必要と思う、入札は指導してあげないと上手く行かない、私は指導できないが出来る人もいるので入札サポーター制度を導入するべきと考えるがどうだろう!。武家に憧れる居合道家としては、刀を知るも居合の内、鞘の内とおもうがどうでしょう!