Archive for 5月, 2019


山中湖マラソン渋滞

山中湖マラソン大渋滞・・・2019年5月25日(土)~26日(日)にかけて家族旅行で山中湖の貸別荘&ペンション セミカに宿泊した、快適な宿泊で大いに満足したが翌日が最悪の展開となった!天気も良く風もなく晴天で快適な家族旅行となるはずであったが突然、出る時に、別送をでると湖畔がマラソンの交通規制で封鎖とのこと、トランプ大統領が来ているところの東京でもないのになんてことだ、10時にチエックアウトさせられて、なんと迂回路があるとのことで、なんとか誘導にしたがって(時折別荘の住民か?誘導看板の向きが動いているところあり?)なやんで、警察官の誘導もいただいて、当初予定の三国山の展望台になんと***2時間かけてたどり着く****、本来なら別荘の南方向(旭日丘地区の)で直線でも至近の距離を、なんと山中湖をほぼ、、一周して、右回りしかさせないとかで、大渋滞の中を移動した。こんなことさせて、貸別荘&ペンション セミカも愛情が足りない、サービスでチエックアウト2時間延長とか、、または、予約時に事前に了承を得るべきだろう、それが人の道であろう!、が、、、。また、1時間30分かけて戻り、湖畔の予定のソバをいただいて、これも満足、、この店で他のお客さんとも話すが、我々と同じく、マラソンで家族旅行の予定が狂い、、大変な迷惑なマラソン大会とのこと。そもそも、迂回路のない国道というか、誘導が立っていると言うが、何処に立っているんだ、誰もみなかった。ツーリングで山中湖は良く行くが、来年からは要注意、、絶対にこの時期、5月の第4日曜日の山中湖は鬼門た。渋滞の中、観光協会に電話して苦情を申し立てたが、その後、本日まで次の日曜日いたまで観光協会のHPはメンテとかで閉鎖になっている。逃げたか?。

広告

戸山流全国&世界大会in2019

2019年5月19日東京町田市のサン町田旭体育館にて行われた大会に参加してきた、日本・中国・訪米などから多彩なメンバーが参加しての大会だ、種目は形・試斬・真剣立ち会い・3名一組の団体戦・小太刀・土壇などだ、斬り方は五段斬り・六段斬り・稲妻斬り・水返しだ。私は試斬と土壇と団体戦に参加、、結果は振るわなかった、まあ、稽古不足でもっと斬らないと上達はしないだろうし、人が斬るところの巻きわらを巻いてばかりいては上達がしないのは明らかだ。まあそんなところだ。手の内が形居合いの癖がでてしまい斬り損ねた。しっかりとデジタルしないとだめだ。

 

 

刀剣博物館鑑定会in20190510

今回の鑑定刀は、1号刀は生な刀である大ぶりの湾刀で別命鳥居反りともいうだろう、中直刃で所々細かい丁子がわずか見える、これが逆ガれば青江だろうが!どうも違うかな?、地金は精美な備前刀風、沸が強いので山城か?、、とりあえず来でイヤ、、では元重の時代だろうから、、で入札2本目で「通り」、なんだ青江かで中青江で直次で当同然、、あたりは妹尾派の「助直?すけなお」だそうです、どんな字を書くのだろう?。2号刀は脇差しの国路・・3号は互の目箱ががる、、黒ずんだ兼若・・4号は寸のび短刀の来国光・・5号は肥前刀とわかる刀であるが誰に?が問題、、純然たる中直刃で二代正広でした。もしどれかをいただけるとなったら一番高い1号ではなく、、5号かな。さて今回の鑑賞刀のテーマは両国刀で明暦の大火で江戸の多くが焼失しその影響で、、康継・繁慶・虎徹等により刀の再生産が行われ刀剣文化が継承されたとの説明だった。江戸の大火がなければ我が国の刀剣文化の継承は江戸初期で終わっていたかもしれないとの解説でありました。それは現代では再度発生し、、日本刀制作のの絶滅危惧職に刀工があげられる状況だ。ほとんど注文がないその主な原因が熱心な刀剣愛好家が激減していることと、古作の刀剣価格が壊滅的な下落にいたっていることにありましょう。特に下落が大きいのは有名刀工の作でない刀の下落が大きい。リーズナブル価格にて手にはいるのだからありがたい方々も多いでしょう。それで、そんな状況だから新作刀の注文はないですね、でも、武芸者・・一流のアスリートなら注文打ちをつかうべきでしょう。

アマゾン認証キー未着

10連休のゴールデンウィークの29日にアマゾンで購入の品がいつものコンビニ到着しているにもかかわらず(ヤマト確認済み)2日・3日たっても認証キーが遅れれてこず、何度も確認をするが未着である、アマゾンのページを確認しても一向に変化なし、認証キーを催促するか、何らかの確認問合せの場所もないので、まああ、該当の品は無くても良い物とも思えるので諦めていたが、GWが終わった7日になって漸く認証キーが送られてきて、その文面がまた酷い!、、受取可能になりました。商品のお受け取り方法は2種類あります:1. URLから取得したバーコードをレジで見せて受け取る。***ご確認ください:ご注文商品を5月10日金曜日の前日までに*******でお受け取りください。だと、、、。過ぎるとキャンセルだそうだ。さすが世界の大企業だ。