今回の鑑定刀は、1号刀は生な刀である大ぶりの湾刀で別命鳥居反りともいうだろう、中直刃で所々細かい丁子がわずか見える、これが逆ガれば青江だろうが!どうも違うかな?、地金は精美な備前刀風、沸が強いので山城か?、、とりあえず来でイヤ、、では元重の時代だろうから、、で入札2本目で「通り」、なんだ青江かで中青江で直次で当同然、、あたりは妹尾派の「助直?すけなお」だそうです、どんな字を書くのだろう?。2号刀は脇差しの国路・・3号は互の目箱ががる、、黒ずんだ兼若・・4号は寸のび短刀の来国光・・5号は肥前刀とわかる刀であるが誰に?が問題、、純然たる中直刃で二代正広でした。もしどれかをいただけるとなったら一番高い1号ではなく、、5号かな。さて今回の鑑賞刀のテーマは両国刀で明暦の大火で江戸の多くが焼失しその影響で、、康継・繁慶・虎徹等により刀の再生産が行われ刀剣文化が継承されたとの説明だった。江戸の大火がなければ我が国の刀剣文化の継承は江戸初期で終わっていたかもしれないとの解説でありました。それは現代では再度発生し、、日本刀制作のの絶滅危惧職に刀工があげられる状況だ。ほとんど注文がないその主な原因が熱心な刀剣愛好家が激減していることと、古作の刀剣価格が壊滅的な下落にいたっていることにありましょう。特に下落が大きいのは有名刀工の作でない刀の下落が大きい。リーズナブル価格にて手にはいるのだからありがたい方々も多いでしょう。それで、そんな状況だから新作刀の注文はないですね、でも、武芸者・・一流のアスリートなら注文打ちをつかうべきでしょう。

広告