Category: ツーリング


2週続けて月曜日にツーリングに行ってきた、先週の11月30日月曜日は清里ツーリング、、圏央道鶴ヶ島から中央富士山の雪景色を見にいったが談合坂SAにて他のバイク団体が甲府でおりてどうのこうのと言っていたので多分、、多摩を回って帰るのだろうと思った。なにせ富士山が前日の台風の雨で真っ黒だから、、。そこで私も考えて、、清里高原・・佐久から国道254号で帰ることにした。朝7時30分出発だから17時には帰れるだろうと見た。須玉まで高速、、3800円位だったか、、高いね、、。清里は寒かった、やや下がったあたりの紅葉は素晴らしかった。また佐久からの国道はさらに綺麗に整備され、まったくの快適な走行でした。無事16時30分位に自宅到着。

11月6日月曜日は、日光東照宮を目指し、、帰りは戦場ヶ原コースはとらず、、国道4号で帰ろうかと計画する。朝7時20分位に出発、気温は20度快晴との予報なので防寒スタイルではなく普通スタイル、、丁度良かった。やっぱ朝の一般道は混んでいて熊谷まで90分を要してしまったがあとは順調、、大間々から渡良瀬渓谷国道122号、、日光、11時過ぎ到着、、東照宮周辺は大変平日でも大変混んでいた。日光二荒山神社の駐車場にバイク止め、、1時30分位まで境内を散策して、国道121号に変更して帰る事にした。途中ナビは変なルートを指定したが、、どうも通行止めだったみたい、、快適に関東平野を南下、、鴻巣を抜けて帰宅、、丁度17時、、ざっと300キロ走行でした。

 

広告

災害バイク支援-9都県合同防災訓練in2017に我が埼玉RBは埼玉会場は鶴ヶ島市開催に参加してまいりました。バイク大好き人間の集まりでバイクは遊びの道具だけでなく、その本来持っている機動性から災害時の情報収集・小規模物資の輸送などに貢献できる道具であります。訓練では5分間程度の走りではありますが、白バイ隊の先導のもと自衛隊・郵便局・教習所教官・そしてバイクボランティアの参加です。たったの5分程度のデモ走行ですが行政にバイクの機動性を認知してもらう小さいがとても大きな貢献と考えています。もちろん災害時にボラセンに行けばボランティアはできるのですが、一歩前向きに、長期に活動するとなればそれなりのキャリアは必要と思います。埼玉RBはそんなキャリアを提供できる団体でもあります。

 

ノーヘルバイクが死亡事故を起こした。法的にはヘルメットの着用義務がない、また、大型自動二輪の免許も必要がなく、テクニックがまったく未熟でも乗れることができる。この手のバイクですが大抵、普通免許してもっていないライダーがよくやることと認識している。もうそろそろ、、早々に法令を改正して大型自動二輪の免許範囲にするのが法にもとずく平等の原則に合値することだ。こんや奴らとぶつかって死亡事故となり罰則されてはたまらんことにもなりかねない。今回の事故、、バカが妻をころした、ヘルメットも被らん、、バカがしたバカな作法だ。とうぜんながら、専用ジャケット・パンツ・ブーツが必要なのは言うまでもない。

サイドカー付きバイク横転 重体の妻死亡 家族3人 ヘルメット着用”なし” 北海道札幌市

8/24(木) 19:45配信: UHB 北海道文化放送 8月23日、札幌市南区で家族3人が乗ったサイドカー付きのバイクが路外に転落した事故で、24日午後、重体だった運転手の妻が死亡しました。この事故は、23日午後2時過ぎ、札幌市南区定山渓の朝里峠で、札幌市の自営業、堀譲さん(42)が運転するサイドカー付きのバイクが路外に飛び出し、2~3メートル下に転落したものです。この事故で、堀さんの妻の理恵さん(39)と娘の汐律奈さん(13)が頭を強く打ち、意識不明の重体となっていましたが、妻の理恵さんが、24日午後死亡しました。堀さんも、肋骨を折るなどの重傷です。警察によりますと、堀さんのバイクは、道路交通法上、普通自動車に分類され、ヘルメットの着用義務はなく、堀さん家族は事故当時、ヘルメットを着けていなかったということです。
警察は、理恵さんの死因と事故原因を、詳しく調べています。UHB 北海道文化放送

百里基地にてオスプレイ購入した。本日のツーリングは300キロ走行、そんなに暑くもなく快適な茨城方面への走行でした。朝6時8分に自宅を出て近くのスタンドで給油し大宮バイパスから国道16号にて(岩槻付近の松屋にて納豆定食)我孫子から利根川沿いの国道356号を通り長豊橋を渡り11号にてこんどは利根川を右に見て走行、国道51号から霞ヶ浦ふれあいランドにて休憩、10時30分ごろ到着する。30分ほど休憩して出発したが、道を間違えて、、反対方向へ、、またもどり、国道354号にて茨城空港到着12時30分ごろ。まあそれらしい空港でした。なんか隣の敷地でお祭りらしきものやっていたので見学、孫のオモチャとしてオスプレイ購入1600円でこれが値段の割に良く出来ていてビックリ大人も楽しいアイテムだと思う。13時30分位に出発して石岡をぬけてから国道6号を上り、、途中から国道125号をひすら古河市方面へ向かい、国道4号栗橋から鴻巣へぬけ川越へ、、16時30分到着となる。今回のツーリングにて以外と茨城空港が近いことに気が付く、、駐車場も無料だし羽田に行くよりも良いかも?。

 

2017ゴールデンウィーク活動では、4月29日と30日が「玉鋼刃物を造る会」でした。例年この時期に実施しているもので、刀匠が鍛えた素延べ地金に参加者が小槌で鍛錬しながらナイフ仕様に打ち伸ばしていくわけで、それぞれの思い思いの姿を描いて形にしていきます。次にヤスリで焼き入れ前の最終形にして行き、次には焼刃土を塗ってまたそれぞれ思い思いの刃文に塗っていきます、最後は一気入魂の焼き入れになりますがこの段階ではまだ真っ黒であまり良くわかりませんが、研磨すれば見栄映えのあるすがたになります。
5月3日は孫のところに5月の節句の届け物を(関越大泉から環八・・国道20号経由)して真田兜をかざり、午後からはお台場に最近購入したBMW503シリーズに載せていただき行ってきました、お台場は沢山の人ばかりでやや疲れましたが結構楽しかった次第。BMW店のイベント、、ドリフト走行は今度ゆっくり見てみたいものだ。
5月5日は朝の7時からからバイクで都内向けツーリング、、富士見バイパス、、大宮バイパス・・目白通り・・池袋・・靖国神社にて甲冑を鑑賞してソフトクリームを食べて、、大宮へ向かい墓参りし帰宅する。

5月7日のGW最終日は朝5時起き、、6時15分に家を出て鶴ヶ島から関越に乗って渋川伊香保でおりて(風がなく快適の高速を走行する)、、一路草津へ、草津から志賀高原の横手山到着する(10時30分位)。雪は場所によっては背丈の上まであり格好迫力があったし気候もやや寒いくらいで快適なツーリングでありました。野沢方面におりて今度は左に志賀高原の山々をみながら走る。途中通った、、山之内町の猿の地獄谷、小布施町の町並みは、小江戸みたいで観光客も沢山みけけることが出来て人気なのかもと感じた。興味が会ったが時間も気になるので、、追分の蕎麦屋をめざす、快適な道路走行となる。国道403・・406・・菅平入り口を通過して80号浅間サンライン通過して追分13時ごろ到着する。南軽井沢から長野道にのり、、上里には15時位に到着、、そばを食べたあとでともかく眠かったのでちょっと休憩、、。花園でおりて、、17時鶴ヶ島到着でした。GW最終日でしたがどこでも渋滞はなく、夕方の関越上りは、東松山から鶴ヶ島にかけて渋滞していたくらいであった。

 

 

 

 

初詣ツーリングにてバイク神社に行っていらい、冬眠中の我が愛馬GL1500の充電チエックも済んで昨日の日曜日に8時自宅を出発して国道16号を南へ向かい相模原から国道129号、サザンビーチまで往復してきた、、10時45分ごろナビの予想時間通りに到着して、、海岸の散歩と日向ぼっこをして12時30分位にリターン、、往復渋滞もなく快適なツーリングであった、圏央道が茨城までつながり国道16号の渋滞も解消されているような気もするが実際はどうなんだろう!。まああそこそこの時間でつくので暇な時は結構良いコースかもしれない、、もう少し暖かくなったらもっと早く出て、明るくなちと同時に、、箱根あがって、、道志渓谷まわって帰るのも良いコースだろう。

高齢者の運転・・・なんでも埼玉県は65才以上の高齢者増加が全国一だそうだ、ああ俺も近くに入るのかとも思うと、むきそ!死ぬまでバイクに乗るぞ!・・・と思う。いまでも娘にバイク乗るな!って言われているのでいずれ免許放棄して!!いわれる日が来るんだロウうなあ。さて朝のNHKの番組で高齢運転者の問題を討議してしたが、「なんで無駄な発言ばかりなんだろう」と感じた。暴走対策でもっとも簡単なのは、、70才以上は、1)マニュアル運転車限定 2)自動停止装置付き限定 3)バイク&トライク等の125cc にて運転可能に法令で決めればいいのだ簡単なことだ。出演者のみなさんはあたりさわりの無い話ばかりで呆れるばかりだった。

20161211_092540

 

秋晴れの中、富士山一周のツーリングに行ってまいました。朝7時に川越を出発し国道16号、途中吉野屋にて納豆定食をいただき相模原から道志みちを山中湖に行く、燃料が半分であったのでやや心配ではあったが何とか山中湖で入れてと考えてた(セーフ)、帰りは奥多摩経由を考えていたので、、。道志道は朝9時にもかかわらず上からおりてくるバイクが多いのにはちょっと驚いた。また、上からのバイクが道の駅手前のカーブで転倒事故を起こしていて、道志道の駅の先では上からおりてくる車のスピード検問をやっていた。道の駅ではバイクが満タン、、やっぱ人気のみちなんだねええ。事故が多いせいか何方かが安全への呼びかけを行っていた、偉いねえ、そこでパンフレットいただきました。山中湖から右回りで旋回することとした、、国道138号から県道23号から152号(富士山スカイライン)で富士山の南側の中腹を走行、回りは樹林帯で誠に快適な道です、手前には自衛隊の演習場の中を通過することになります。くだって72号から139号へ、、広い快適な道となりそのまま行ってはつまらないので、こんどは西側中腹を走る途中右折、畜産場交差点右折し集落を通過してナビ任せで、71号で富士山を回る、交通量が少なくて富士山がのどかな風景から丸見えなのでこの道がおすすめ、、途中有名なゴルフ場の富士クラシック入り口前を通過して西湖近くで国道139号にもどり、、富士吉田から中央へはいる、、13時30分位、、下道だと18時を回りそうなので高速に設定変更、1920円だったか?、狭山で休憩、ウルサイ小僧どもがあつまっていたが、休憩20分位で、、鶴ヶ島でおりる。16時頃自宅着、、。日がでている時間に帰れてよかった。中央はトンネル手前が渋滞であったがやや早いせいか多少動いていたので楽に通過できた。大きな渋滞もなく無事帰宅のツーリングでした。途中道志道と71号でバイク事故、いずれもカーブで救急車が来ていて2台走行のバイク組であったようだ、どうも組だと無理が入って事故になるのではと思う。

img_7745 img_774220161113_183127

平日の紅葉狩りツーリングに行ってきました。朝7時30分に出陣し国道をひた走り122号、、旧足尾銅山前を通過、、いろは坂へ、、頂上付近のロープウエイの駐車場に入る車で渋滞があったもののほとんど渋滞なく中禅寺湖へ、紅葉はこれから、イロハ坂が綺麗になるでしょう、上は今が満点で、特に高徳牧場付近の赤松がとても綺麗、、金精峠を抜けてリーターン経路になりますが、峠は流石、、寒かった。途中丸沼で休憩、、迂回路から関越沼田ICから高速にのる、花園でおりたが、、東松山あたりから高速は渋滞していた。好天に恵まれ最高のツーリングでした。来月は富士山周辺の紅葉ツーリングにイコカ!。

20161027_105702 20161027_105927 20161027_112044 20161027_113913 20161027_122941

いまツーリングに行ってみたい場所はやはり北海道だが、、次に行ってみたいところは沖縄ツーリングです、でも、いま沖縄では基地反対運動で道をノンビリ走ってはいられないかもしれない、反対派が道路封鎖していてそんなところにうっかり通行してしまうと、、お前なんだといわわれて兼ねない気がしている。道路走っていて封鎖なんて、、この日本で起きているとは信じがたいが、、大丈夫なのだろうか?。

20160915-5 20160915-6 20160915-2 20160915-25

隣国である韓国、、この国は古に昔から我が国に多大な迷惑をかけている国だ、そもそも朝鮮半島を運営することができず日本国の統治下に至った。我が国は朝鮮半島への進軍は秀吉の時代以外は今日にいたるまで行っていないのである。戦前の一時時期、日本国の支配下にいたる日本国は国民の税金を投入して半島のインフラ整備をした(鉄道・学校・港湾整備等・・)のあるそんな歴史を直視することなくやっていることはまるで「ガキ」である。新聞報道を以下に引用する。::::海上自衛隊や米韓両海軍などが5月25日~6月3日に韓国海域で行った共同訓練で、計画されていた韓国・済州島への各国艦船の入港が韓国側の判断で中止されていたことが4日、分かった。韓国の複数メディアが自衛艦旗である「旭日旗」を掲げる海自艦艇に激しく反発したことから、韓国政府が国内の反日感情に配慮したとみられる。訓練は韓国海軍主催の「西太平洋潜水艦救難訓練(パシフィック・リーチ)」で、日米韓のほか豪州、シンガポール、マレーシアの各海軍が参加した。海自は潜水艦救難母艦「ちよだ」と練習潜水艦「おやしお」を派遣。5月24日に韓国南部の鎮海海軍基地に入港し、海上訓練などを経て3日に済州島で閉幕式を行う計画だった。ところが鎮海入港に際し、海自艦艇が旭日旗を掲げていたことに複数の韓国メディアが反発。ハンギョレ新聞(電子版)は「かつての日本軍国主義の象徴だ」と指摘した。ただ、軍所属の艦艇が他国の港に入る際に国旗や軍艦旗を掲げるのは国際法上の要件で、海自幹部は「掲げない方が問題だ」と指摘。実際、これまで海自艦艇は10回以上も韓国を訪れているが、常に日の丸と旭日旗を掲げてきた。韓国海軍も旭日旗の掲揚には理解を示しているものの、5月末までに済州島入港の中止を各国に伝達。閉幕式は鎮海で行われた。海自は「韓国側から『現地の情勢を含む各種要素を考慮した』と計画変更の連絡があった」としている。官邸筋は「慰安婦問題もはらむ済州島に海自が入れば韓国世論がさらに反発する可能性が高い。入港中止は青瓦台(韓国大統領府)の意向では」とみている。日韓の防衛協力をめぐっては、平成24年6月に「軍事情報包括保護協定(GSOMIA)」を締結する予定だったが、国内世論の反発を受けた韓国政府が署名式直前にキャンセル。昨年12月末には海自と韓国海軍がアフリカのソマリア沖・アデン湾で共同訓練を行ったが、韓国側は国内世論に配慮し実施の公表を控えるよう海自に求めていた。:::::すておけ韓国!

thLTTSBV1F

本日5月最後の日曜日の天気予報では好天とのことなので5時30分出発、、帰宅は夕方6時30分すぎ、、行程410キロ・13時間ツーリングとなった。さて行き先だがしばらく行っていない草津方面へ。川越~256号バイパス・・17号バイパス・・沼田・・長野原・・草津・・志賀高原は渋峠で折り返す。早朝とのこともあり快適な走行となりとくに沼田から長野原・草津までの道路は以前と違ってかなり道路が良くなっている、ツーリングには最適な道路であろう。さて草津の上から白根山の付近などガスがでそうなところは駐停車禁止で監視員が立っている朝の8時までは通行不能となっていた。ちょうど私が通過したのは朝9時頃だったので特に問題はなかったし、沢山のバイクがツーリングをしていた。渋峠の気温は14度で上はかなり気温は低い、、。峠からはアルプスの山々の雪とかなりぼやっとしているが富士山も見える(志賀高原・渋峠付近の写真参照)。戻りで草津(気温20度)の外湯を頂き、12時30分草津から上田に向かい上田城を見学にすることにした、道路は快適、でもさすが上田市内は渋滞があり城の廻りは大変な人だかり、、かなりの人気である。城の見学は公園になっている方から見た、(城の所壁をバックに撮影)ここの公園は戦国時代は川の中であったそうな!、人がいて騒々しいので早々移動する。2時30分ごろ何時もの「追分そば」店に到着、もう50年以上此処に通っていることになる、オヤジの里帰りに連れられて幼少のこと来て以来だ、、その時の記憶ではここのそば店は茅葺きで床はドロ土の床であった(本日のそば店の写真参照)。夕刻近くになるとやはり気温はかなり下がってきたので北軽井沢から長野道へ入り、、甘楽で休憩し、、上里をパスしてその先から何時もの渋滞になったので多少すり抜けて花園で下道におりて、、帰宅となる。

201605Nagano-Sibu (1) 201605Nagano-Sibu (2) 201605Nagano-Sibu (3) 201605Nagano-Sibu (4) 201605Nagano-Sibu (5) 201605Nagano-Sibu (6)

20160515_094639 20160515_103849

昨日の代々木の鑑定会の帰りに新宿で刀友と一杯やりながらの刀剣談議はなかなか、、情報交換もあり楽しかったが、帰宅後埼玉RBの2016年夏の防災訓練参加、、9都県市合同防災訓練が8月28日(日)にふじみ野市で開催されることの連絡があったのでその連絡に追われ、、床に入るのが23時を回ってしまい、、結局起きたのが、、6時30分、、5時に起きて6時に出発の予定が、、。7時30分出発、、国道16号から、八王子にて朝食の納豆定食、道志道へ、、9時30分、、道の駅、、どうし、、に到着、、まったく快適な走行。広い駐車場の半分はバイクばかり、、こんなに沢山のバイクを見るのは久しぶりですねえ、、やっぱ、最高のツーリングの季節なんですよね、、。この時期にバイクで走らなくては、、バイク乗りとは言えない思える、、もうすぐ梅雨、、そして梅雨が明ければ、、殺人的な猛暑、、もうバイクはとても危険でのれなくなる時期になる、、10月までお預けだろう。山中湖で一服10時40分着、、勝沼抜けて、、雁坂トンネル(580円)、、トンネル内は長く、、寒かった!。14時30分ごろ雁坂、、大滝、、秩父市内に入る。16時に鍛錬所により休憩して18時、、、自宅に到着しる。経費は朝食(380円)+コンビニ(430円)+雁坂(580円)+ガソリン(1700円)、、計3090円でした。

 

4月29日朝6時5分、、愛馬金翼号をスタート、、いちろ下道を銚子は犬吠埼を目指す、、当所は霞ヶ浦を見てまわるつもりだったがどうせならまだ、、行ったことのない太平洋の先端までいくことにした。そこで経路だが朝で走り易いので高速は使わないこと(もし使っていたら途中出断念だっかも、、風で・・・)にしてナビで検索したところ16号国道を走って、、柏から国道6号、、、利根川沿いの国道359号だと道なりで銚子に着くことがわかった。早朝、、晴れ、、風はやや強いかなって感じ、、まああ、そのうち止むだろうと思っていた。川越~16号、、大宮、、岩槻、、春日部、、柏、、約2時間でで牛丼屋で朝定食の納豆、鮭をいただく、、チャージ満タンって感じ。国道6号に入り、、ちょっと走って、、356号へ、、なんと広い利根川の堤防の下をはしるまるで、、北海道のような信号の無い道路で最高の走行となりました。カントリーロード、、ときおり市街をはしり無事11時に犬吠埼に到着する。丁度100マイル、、150キロ程、、天気も良く風もさほどでなく、、1時間ほど、、散歩と写真撮影と、、ランチ(海鮮丼1520円、さほどでない)。早々12時にリターン、、いろいろ帰りの経路を検討、、16時に帰りたいとの設定をして高速を使う事にするが、さてどんな設定をするか?、、結局、、幸手から圏央道に入ることにして霞ヶ関のそばを通過して無か向かうが、、なんと内陸に向かうに従って風はが、ビユーン、、GLが流されるは大変、、これでは高速走行をあきらめて、、国道16号に途中から経路変更、、ちょっとロスとなる、、まああ、大丈夫、、18時には帰れるとの認識に変更、、岩槻の大渋滞で、、19時着、、、結局往復210マイルか、、あああ疲れた、、老体にはキツイツーリングとなった。さて次は何処にイコカ!。

IMG_7529 IMG_7528 IMG_7527 IMG_7526

 

 

20160423_103324 20160423_110236 20160423_114552 20160423_103245

昨日は天気もよくなるとのことで朝5時に起床して6時5分にGLを発車させせた、曇り空で今にも雨が降りそうな気配、、気温も低くちょっと寒いがまあ、下道なので何とかなろう、経路は国道50号を行くか、国道125号を行くかまよったが一度も走ったことがない125号を行くことにする。で国道4号バイパスまでの経路だが桶川・騎西町経路か、、栗橋線を行くかまよったが早朝と言うこともあり広い道を行くことにした。結局栗橋まで1時間15分程度、、やっぱ信号が多いだけ時間がかかるような気がする。次回は桶川かな?。で国道125号は2車線がほどんどでなんか田舎道って感じでしたがまあ、快適なコースでもありました。途中牛丼店で300円の納豆定食を食べて、、ウンチ、これで体調ばっちりですね、、。大洗フェリー乗り場についたのは10時30分でした。思い出の大洗埠頭、、2006年愛馬金翼号、妻と共にあこがれの北海道ツーリングにここから行ったのだ。新婚旅行依頼の2人旅、、思えば懐かしい、もうないことなのであろう、当時こんなことになろうとは思ってもいなかった。さてここから海そばの公園に移動して写真撮影、、12時にリターン、、今度は国道50号から4号バイパス、、外環道の坂戸でおりて、、4時自宅に帰宅となった。

 

GL1500の部品ですが、、さきほどレットバロンから電話があり、愛馬金翼号GL1500のウィンカースイッチが馬鹿になってしまい修理を依頼していましたが部品がないとのことでした。取りあえず11日に入庫させてなんとかしてもらうことにしてもらいました。お金にならず手間ばかりかかってもうしわけないですがホントにレットバロンさんには良くメンテしていただいて感謝です。1997年のバイクもいよいよ部品がなくなってきたか?。修理が可能であればいくらかかってもメンテして行く所存です、私の命!武士道の証でもありますから、、、。

20151107_111505

平成28年、西暦2016年の初詣ツーリングは栃木県は安住神社、、別名バイク神社に行ってきました。バイクが大嫌いな宇都宮二荒山神社とは大きな違いがあります。いずれ安住神社でなんらかのバイクのイベントを実施してもらいたいものです。さて元旦は朝8時45分位に出発して川島の圏央道入り口から高速にのっで、、超快適走行、、五霞にて4号バイパスに入り、、途中小山にて松屋の朝定をいただいてちょっと休憩、、およそ11時頃田んぼのまん中の安住神社に到着しまして当初慣れて良そうなバイクの集団の後方について裏から駐車場に入ろうとして裏に到着が、どうも駄目だったらしくガードマンに正面から並んで入るように指導されたらしく正面から車とならんで入る、一団は車の列をすり抜けていく、最初は田んぼに落ちないように超大型ながら頑張るが、、やっぱ無理、、車の後方について日向ぼっこ、バイク専用のスペースに誘導される、、前述の二荒山神社とは大きなちがいだ。神社内でも並びました、、150m位はならんだように思う、、30分で参拝、、お札シールを買って帰る、、帰りはオール下道で16時過ぎ帰宅、、寒くなる手前で安堵!。本年も、、孫の成長と次女の就活と結婚、妻の安堵を願い、、バイクの安全等まとめて祈願、、欲張りすぎでしょう!。

azumi01 azumi02 azumi03

本日埼玉は川越方面から茅ヶ崎方面へツーリングに行ってきました。快晴無風の中12月としては暖かく12度位か、、最高のツーリング日和でしたが茅ヶ崎は海岸縁のオープンテラスにてコーヒーをいただきながら、砂場では本場から先生を招きハワイアンの講習会が行われていた、なんでもドレスでクラスが分かれていて、、いつもここで(茅ヶ崎中海岸4丁目)にて行っているとのことでした。また、来週はここに来ようかな?見れるかも?。

Cigasaki09 Cigasaki08 Cigasaki07 Cigasaki06 Cigasaki05 Cigasaki04 Cigasaki03 Cigasaki02 Cigasaki01

 

昨日は朝7時に家を出て関越・・環八・・海ほたる・・木更津・・帰りは都内(皇居周辺走行)し下道で川越街道自宅でした17時着。朝早めと言うこともあり環八は快適な走行でした。海ほたるへは海底トンネルでバイクが故障で停車し公団の車両があり、その先では追突で警察と、、なんでこんな処で追突なんだろう、、最近の車はナビで映像をみたりしているので追突するのではとも思う。海ほたるでは沢山のバイクがいてとても賑やかでしたし、展望デッキからの東京湾はとても見晴らしがよくて気分爽快でした。10時に木更津の旧友宅に到着してイオンモールに行ったりして雑談とランチをご馳走になり13時リターンとなる、楽しかったね!。給油してまた海ほたる、、湾岸道、、芝浦で孫の顔をちらっとみてから皇居周辺を周回して、、なんか沢山人がいたけどなんかイベントがあった?。途中川越街道をくだるか?大宮バイパスを迂回するか悩んだが街道を下った、、やっぱ迂回するか、志木の裏道を行けばよかった。野火止の渋滞でクラッチが坂もありかなり疲れたです。木更津のレーシングカート次回はやろうや、、日が延びる春かな?。

20151206_090357 20151206_092010 20151206_111030 Kisarazucart_0002 Kisarazucart_0001

CB450

もう何年まえだろう、まだまだ鼻タレ小僧の時に乗っていたHONDA-CB450DOHCで、ひょんなことから出てきたものをスキャンしておいた写真がサーバーの中から出てきました。なつかしバイクですまだまだノーヘルの時代たっだのでこのバイクで第三京浜をぶっ飛ばしたものです、さすが高速を走る時はメットを被っていましたがそのへんウロウロしているときは、、もちろんノーヘルのライディングでした、よくまああ、この年になるまで生きておられたものと思う、幸運だったのだろう?ご先祖さまは守ってくれたのかもしれないと思っている。そんなご先祖様は戦国までさかのぼれば、、信州は浅間山山麓の真田とのこと武将であったかはわからないがまあああ、足軽程度だったかもしれない。父の実家の長男は農業ではなく、猟で生計を立てていた。こどもながら不思議な家計とおもっていたわけだが、その伯父が捕った獲物が今私のPCの上に、、リスと白頭テンの剥製としてある。そんな時代の写真添付しておきます。

CB450