Category: ニュースと政治


沖縄知事選挙が本格化しているが、さらに反日の道を某国の関与があってか、今後進むのか?、、いずれにしても沖縄県民が判断することになりましょう。多くの反対活動家の活動資金がいったい何処からでているのか全く不明です。新知事が反日の道をあるけば、、琉球諸島独立の有無を問う県民投票に発展するのだろう。そんな沖縄に多額の国税をつぎ込むには止めるべきだ。どうだろう!。

広告

昇段審査・大会運営などは多数のボランティアにて運営されている。昨今:問題を起こした剣道連盟居合も大会となれば500名から1000名があつまる、これを運営するには、ほんと大変な労苦?が発生する。いまテレビで朝日生命体操クラブの覇権行為が問題となっているが、体操でも運営はボランティアで運営がされている。いずれも過去から引きずっている問題から発生しており、わかってはいるが修正できずに問題化が拡大して新聞テレビの格好の営業貢献になってしまっている。これらの問題を解決して更なる飛躍をしてゆかなくてはならないのだが、、役員もほとんどが職業があってボランティアにて運営をしている。なかなか改善とはならないような気がしている。やはりスポーツ庁が旗を降らないとなかなか難しいと思うがどうだろう。

2018年夏の沖縄の知事がなくなった。この翁長と言う知事は我が国の安全保障の障害となる行動をつづけた。かつて沖縄と同じような状況にあるハワイ州知事に沖縄の翁長知事は沖縄の現状を訴えたが、ハワイ州知事から安全保障は国の専権事項であると一蹴され沈黙しかできなかった。かつてペリー艦隊は我が国が開国をかたくなに拒否するなら艦隊にて沖縄を占領する計画をたてていたとのことだが、沖縄が西太平洋洋および極東のへそ!である位置にあることから占領を考慮したとのことだ。これは現在に至ってもおなじ、沖縄の地理的要因から沖縄が軍事上の要衝であることは変わらない。だから中国は太平洋を二分するなら沖縄は必要な駒であり必要な島である。そんなこともあって、沖縄で反日活動する者をかの国は資金を提供してさんざんアオッテいるようだが、それを見て見ぬふりしている知事はまさに反日知事であった。反日でも公正な選挙で県民から選ばれた知事がどんなに反日活動をしようがそれは、政治でもあろう。で今後も沖縄県民はまた、反日知事を選出するなら、沖縄県民は独立宣言をちらつかせて日本政府の安全保障に口をだし、米軍を追い出さなくば県民投票で独立投票を行うと言って政府を恫喝することにも至るかもしれない。まあ、そうなれば、、中国は戦争をすることなく沖縄を占領することができることになろう。そんなことになるかもしれない、、沖縄に税金をジャブジャブつぎ込むのはよく考えたほうが良いとおもう。どうだろう。

病気の外国人、、とくに我が国を恫喝するのが得意な中国人による不正使用が発生している。病気を治療する目的で来日し、縁者の扶養に書類上なって3割負担で治療をしている実態がおきている。これは詐欺行為と認定する法案を制定すべきだ。本来政府の無策をしてきするのが野党だが、、あいかわず、、モリカケ、、IR法案に専念している、、バカ野党。。高い国保税の負担に苦しむこともなく、、利用逃げする外国人を逃がすな!。

6バイクのバッテリー交換で提示しているバッテリーと違う品物を出しておいて、ユーザーも確認義務を怠ったとの主張でユーザーに代金の半分を負担させる町の電気屋さんって結局こんなものなのでしょう。プロとアマチュアが同等とはありがたい限りであるが、Facebookに投稿してもやっぱ、おかしいとのことだが、、。少額訴訟で返還を求めようとは思ったがなんか、、馬鹿らしくなってきたのでやめるが、一応・・記録に残しておくことにした。

2018年3月23日に、ユーザが(有)西田電装サービスに支払った9720円は西田電装サービスよりの適正な対価がユーザーに提供されたていないもであり不当な行為である。これにいたる経緯説明としては、前日の3月22日の10時30分位にユーザーが所有するバイクのバッテリーを西田電装サービスに持込み同バッテリーの点検と交換を依頼する。その後に交換品と提示されたバッテリーの形状が若干違う事を確認したが大丈夫とのことなので液を同店にて注入していただき代金として18122円の支払いを行い帰宅する。同日に充電を2時間程度実施し次の日に愛車のバイクに取り付けようと実施するが端子の形状が会わず取り付けを断念する(写真参照)。
3月23日の11時頃に不適合のバッテリーを持参して端子の形状が合わないことを写真にて説明すると、当初にユーザーが持ち込んだ正規のバッテリーの形式がY50-N18L-A3であるにのに交換品として提示されたバッテリーがY50-N18L-A であるが大丈夫と判断したとのことであった。使えるバッテリーが必要なので対応策としてユーザーより提案を申し出て、端子の形状が合わないだけであるので端子の改造を実施しての取り付けを依頼するが、西田電装サービスからは端子の改造が出来ないとの発言にいたり、私のバイクのケーブルの改造を西田電装サービスが提案する。この件に関してユーザーよりは20年経過の古いバイクなので不用意な改造は良くない旨伝え受け入れられないことを伝える。相互の対応処理の提案対立のままではバッテリーの交換ができずバイクを何時までも稼働させることが出来ないことになる、また不適合なバッテリーはもう使えないこと等を考慮して、不適合バッテリーの廃棄を提案して、新規に正規のバッテリーの注文を再度依頼するに至りその場は了承される。帰宅後、すぐに西田電機サービスから電話があり正規のバッテリーが入荷したとのことなので13時50分頃再度西田電装サービスを訪問して正規のバッテリーを確認して代金を伺うと、「申し訳ないので半額にて」との申し出であったので9720円支払う。今回の件は、西田電装サービスの確認ミスが原因でありその損失をユーザーに負担させる行為は公共の秩序を乱すことになり、ユーザーが支払った代金9720円はあってはならない内容だ。また所有者の了解を得ること無く所有する愛車であるバイクの改造を申し出ることは不誠実であり大変心が痛みました。

20180323_104957629740196.jpg

いいかげん、あきれるばかりの民進党系列の野党の魔女狩り、それに便乗する維新の会も、、なんでこんな議員に税金をつぎ込まなくてはならないのだろう。公文書の書き換え、偽造、、も指示した奴より実行した者が一番いけないのである。ソンタクだって実施したものが一番いけないのである。そもそも、我が国を核兵器で攻撃すると言っている北朝鮮、、戦争の危機が迫っているのに国会では延々と森友・加計などなど不毛な議論の場となっている。いったいいつまでやるのか?、、、。

またも森友審議では、役人の議事録の違いしてきと、大新聞のフェイクニュースを同一視している議員、希望の党今井議員、、朝日のフェイクニュースは今に始まったことではない旨、、希望の党の今井議員もみとめている。なんか喧嘩腰の国会審議はやめてほしいし、みえみえの上げ足取り質問もなさけないくらいみっともない、、こんな政党を支持していてはいけないと思う。こんなこといったいいつまで続けるのか?。労災死は、刑事告発要項とするくらいの法律を立法するひつようもありましょう。私も前職でのサービス残業を退職時に計算したら、、大体3年分はあったと記憶している。

危険な航空基地の移転に反対する市長選挙が実施され基地移転に前向きな市長が選出された。沖縄にかぎらず横田基地だって住宅街の中にあり危険だとおもう、そんな基地は海岸沿いに移転すべきと思う。移転先では反対の意見もでようが理解をすすめていかなくてはならないだろう。沖縄だが危険な基地を抱えている地域が反対とはわけのわからないことになっている。基地がなくなれば交付金、賃借料がなくなるから?、経済に損害が出るから、だから反対、お金が必要、、。それとも安全保障の衰退を目論んでの活動?、、それが反日知事を選んだ沖縄県民だったがここ数年で我が国の安全保障が劇的に変化している、戦争になれば、沖縄はまた戦場になるのだろう。中国は沖縄は中国の領土と言っている以上だから、、。中国から支援をうけているかも知れない知事では、いずれ独立の是非を問う選挙にいたり、、中国軍の介入を誘いはしないかと感じはじめているのか?、いずれにしても本年の沖縄知事選挙が独立運動への分岐点になろう。::::正月のサザンビーチでのイベントでやっていた沖縄の躍り、太鼓の演奏をしていた若者たちが、盛んに****琉球国*****を連呼していたのが印象的だ。

遅れてしまっているが月食の映像を記録としてアップしておく、三脚をつかいことなく撮影したが、まあこれが限界だろう。

 

理事解任の処分を受けたばかりで、、理事選挙に立候補とは大胆で、処分に関してまったく反省してないことになる。とても誠実な行動とは言えないことで、圧倒的に落選は当然の結果であります。このような方は管理職は勤まりませんし、、公益法人の理事として不適格となりましょう。たの公益法人の模範となりつつ、、時代に会わない部分は改善してもらいたい。どこの公益法人でもお金の管理、、運営の誠実さを追求してぼしい。

中国の驚異に対応する日米軍事同盟は我が国の要の重要問題だが、これについて都合の悪いのが中国だろう。沖縄の米軍は邪魔者である、この米軍に反対する者たちが沖縄で無法な基地反対運動行為を公然と行っている、しかもこの活動にあたって日当が支給されているとの指摘もなされている。その活動では無謀な行為が公道で米軍の家族にたいしてもなされているとの指摘もまた、なされている。相次ぐ米軍機の緊急着陸もこの辺の基地反対闘争が影響していないか?、、沖縄の治安が本土並みに維持されているのか?、マスコミの公平性がまた、とわれていると思うがどうだろう。立憲民主党も沖縄の治安をどのように考えているのだろうか?

この議員、相変わらず中国名で議員をやっている。税金で活動していて心は中国人なんだろうとの意思表示。さて国会中継を見ていて、、議事質問で民進党が主張している幼児教育の人員への投資でなく、無償化をすすめる政権の批判指摘をしている。蓮舫議員の質問に対して総理は予算の制限と自民党公約をからの観点から実施しているとの回答であった。この前に質問した山本太郎議員も相変わらず強烈な質問をしていた。確かに質問に筋は通っているが、、。攻めるのは上手いなああ、、出国税、、1000円、格安航空で出国しても同じはおかしくないかとの質問、あるね。突然出てきた出国税無駄使いになるとの主張あるね、、。でもあんな言い方では、、だれもそうだねとは言えないね。もっと丁寧に、やさしく質問、したほうが受け入れやすいね。。どうだろう。

品格欠落の韓国、、いまに始まったことでなく元寇のときからだ。慰安婦の問題と言うがこれはただの、、売春婦。強制連行というが当時は売春は合法、人身売買も公然と行われていたと認識している。韓国はもはや、友好国ではなく、、反日国家である。大使をひきあげもはや、大使館もいらんだろう。


続きを読む

迷惑な三井アウトレット入間の!迷惑は2018年1月2日は最高潮となったようだ。来店客によって発生する交通渋滞はいよいよ最高潮の絶頂期だ、、まああ商売人は儲かっていだろうが周辺住民と物流業者は大迷惑、、もう施設の駐車場は閉鎖していただきたい。さて私が体験した実態は、、2日の朝8時に自宅をGLにて出発、、8時30分にはアウトレットを前を抜けるがもう、、16号にこのアウトレットに入庫する車が16号の左車線を占有している、、国道16号が三井アウトレット入間の駐車場と化しているのだ、、どうせなら24時間駐車場を開放してはどうだろう、、早朝の16号の駐車場化は回避できるだろう。そして・・ここを通過して快適に16号から129号を通り、、茅ヶ崎はサザンビーチに到着する、、11時30分、、駅伝は11時10分開放とのことだから丁度道路が開放されてぴったしの感じです。さて帰りは13時30分に出て、、圏央道を川越へむかう、、快適に中央高速とのインターを超快適に通過、、けっこう暖かく冷えはほとんどなし、、最高のツーリングだ、、一つトンネルを抜けた・・あたりからなんだか急に渋滞、、自然渋滞のようだが、、こんなところ渋滞するところでないんだけど、、おかしい??。結局あきらめて「あきる野」でおりて16号から、、横田基地まえを快適に通過、、入間市にはいったところで大渋滞、、アウトレットの外回りでも渋滞、、いままでこんなことは無かったのでビックリ、、結局入間市博物館方面へ抜けて、、407号へ抜け、、快適に通過、、16時30分自宅到着、、渋滞がなけれな15時には自宅に到着の見込みでしたが・・。まったく外回りの圏央道と16号国道、渋滞の極めのようだ、博物館周辺はアウトレット行きの駐車場もあり、、この周辺も大渋滞、、、まったくなんてことだろう。正月のゆったりとしてた温和な市民生活を妨害している巨大な商業施設だ。・・三井アウトレット入間の正月営業は辞めるか、、駐車場は閉鎖して近隣の駅からバスを出して運行してください。それなら迷惑はかからないし、、地元にお金が落ちることになって良いとおもうがどうだろう!。https://mitsui-shopping-park.com/mop/iruma/access/

 

 

テレビでプロ野球の戦力外通知をうけた選手と家族の放映がなされていた。30代半ばで戦力外通知され、他の球団に移れないと最悪の事態になる、子供も小学生、、高校からドラフト1位で入団し年俸500万と!さほどでない収入ではもうどうにもなれんだろう、自宅のローン等・・・たとえ若いとき夢でプロ野球に入って野球しかしらない者が何ができるのだろう。親として見てしまうが娘がそんな野球選手と家庭をきずいていたら、、ほんとこまった者だ。テレビでは独立リーグから声がかかりなんとか若いカップルが心機一転、、建設業に転職するシーンが放映されていた。たぶんテレビ局の手配があったんだろうが、、なんの声もかからない選手もいましょう。潰しの聞かないプロ野球、、進められないなああ親としては、、。そんなテレビを見ていた妻がぽつりと、、言った。あんた60才定年でマルエツとっとと辞めてよかったねええ、いまはストレスのない生活を送っているので納得!。数日前に東京の娘の住んでいるマンションの目の前にあるマルエツに孫と買い物に行ったとき、黙々と下をみて仕事している顔見知りがいたが、、とても声を掛けられなかった、悲しいねええ。

 

NHKクローズアップ現代で信用出来ない銀行が放映されていた。確かに最近の銀行はおかしい!弱い立場での高齢者を狙ってリスクのある金融商品を販売しているからだ。ここで取り上げている酷い銀行はすべての銀行ではないだろうが、、大方その方向だ。要注意である、、サラ金から始まって、、今度は銀行までもが、、。私の知るかぎりで安心して預けることが出来る、金融商品の販売にあまり熱心でない「労働金庫」くらいであろろう!、、どうだろう。


 

沖縄では基地の中に小学校があるようだ、、そんなもんだから、飛行機の落下物があるのは当然予想されるような事態でもあろう。なら基地か住宅・学校のどちらかを移転することによって解決することになろう、できるほうから、遅滞なく実施してこそ政治だろう。しかし沖縄の知事は今にも戦争になりそうな時期に軍の活動を停止せよとは、、北朝鮮を支援する目的で発言や要望をしていまいか?、、米軍機の飛行差し止めで北朝鮮は、当然歓迎だろう、、。こんな沖縄に貴重な税金の投入は即刻やめるべきだ。

米軍ヘリ窓落下で抗議=沖縄知事「耐えられない」

2017年12月14日 20時32分 時事通信

米軍ヘリ窓落下で抗議=沖縄知事「耐えられない」

米軍ヘリの窓が小学校に落下した事故などについて、山本朋広防衛副大臣(左)に抗議書を提出する沖縄県の翁長雄志知事=14日午後、東京都新宿区の防衛省

 沖縄県宜野湾市の小学校に米海兵隊ヘリコプターの窓が落下した事故を受け、同県の翁長雄志知事は14日上京し、防衛省の山本朋広副大臣と面談した。翁長知事は米軍機の相次ぐ事故について「耐えられない」と述べ、「大きな衝撃で到底容認しがたい」とする抗議書を手渡した。県内の米軍機全機種の総点検とその間の飛行中止を求めた。翁長知事は会談で、「多くの県民が憤っている気持ちを伝えに来た」と説明。昨年12月の輸送機オスプレイの大破や今年10月のCH53ヘリ炎上など事故が相次いでいるとし、「日米地位協定と日米合同委員会にメスを入れないと解決しない」と強調した。山本副大臣は、「あってはならないことが起き、われわれとしても大変遺憾」と述べた。抗議書は「保育園、小学校という子たちにとって一番安全であるべき場所で繰り返し発生した」と指摘。「米軍の運用を最優先し、安全を軽視する姿勢が招いたものだ」と批判し、政府の責任で普天間飛行場の5年以内の運用停止を実現するよう強く求めている。翁長知事はこの後、在日米大使館で大使代理のジョセフ・ヤング首席公使と、外務省で佐藤正久副大臣と面談し、抗議した。外務省で翁長知事は、きょうまで何百回と抗議、要請をしているが再発防止につながっていないと指摘。「日本政府の当事者能力が全く感じられないところに沖縄県民の苦しみがある」と訴えた。

 

最近は貴乃花親方の暴挙が目立ってきた。いったいこの男はこれだけ世間を騒がして一体なにをしたいのか?、テレビで聞くところによると相撲界の古い体質を改革したいとのことだが、それはトップになってから実施してもらいたい。何処の会社組織で役員クラスでそんな組織の改革が実施できるか常識範囲ではありえない。なんか自分の憂さ晴らしで弟子を利用している気配が濃厚に最近はなってきた。おおかたではあるが、検察に書類送検で不起訴(初犯、反省している、社会的制裁を受けている)であろう。あとは罰金で決着である。次が民事のみ、これは警察は関与しないのは常識。****そもそも巡業中の事件であるから、貴乃花親方、巡業部長の責任事項であって、まして事の発端は自分の弟子の作法が悪いことにある、弟子の教育がなっていない貴乃花の責任である。どこの社会に説教されているときに彼女のメールチエックするアホがいようか!こんなアホ作法を教育できなかった親方の責任が大きい。いまになると、この事態からは・・「貴乃岩の自殺」を懸念しまくてはならない事態であろう。誰がした、、お前だ::貴乃花よ、、、。それから、上にたつ者は、好き嫌いで行動してはならない、基本中の基本であり人格の資質のレベルだ。

貴乃岩 に対する画像結果

日本人力士もドン引き 貴乃花親方の露骨な“モンゴル排除”

日本人力士もドン引き 貴乃花親方の露骨な“モンゴル排除”

モンゴル人力士が大嫌い(C)日刊ゲンダイ

 一部のメディアの間で、いまや「貴乃花親方VSモンゴル勢」となってきた日馬富士暴行事件。それもこれも貴乃花親方(45)の周囲がメディアを通じて、モンゴル人力士への敵意をむき出しにしているためだ。なにせ、この親方のモンゴル嫌いは筋金入り。巡業では彼らの相撲を見ず、挨拶に来ても返答すらしない。これには多くの日本人力士も「いくら嫌いといっても、ちょっとやりすぎなんじゃ?」と、クビをかしげているという。今年8月23、24日に行われたお台場巡業では、こんなことがあった。勧進元のフジテレビ関係者が言う。あれは2日目、24日のことです。貴乃花親方は11時ごろに来場すると、土俵を見るのもそこそこにちゃんこ場に移動。ちゃんこ場は力士や親方、関係者が食事をする場所で、一般人は立ち入れない。そこで貴乃花親方は周囲の日本人力士らと酒盛りを始めた。しかも、土俵に上がる前の力士にも飲ませていたのだから、ビックリしましたよ。いい具合に酔ったのか、土俵そっちのけで目もトロンとしていた貴乃花親方は、ちゃんこ場にモンゴル力士が近づこうとすると、途端に険しい表情になった。言葉にはしませんでしたが、『あっちに行け』と言わんばかりのそぶりで、モンゴル力士を追い払っていたと聞きました」 この関係者によれば、「酒盛りの輪に入れなかった鶴竜が隅っこで寂しそうに酒を飲んでいた姿が印象的だった」という。

白鵬“置き去り”には伏線が 巡業中には白鵬をサービスエリアに置き去りにしたこともある。ある親方が言う。「貴乃花親方と白鵬がバスに同乗。トイレ休憩で寄ったサービスエリアで、白鵬だけがまだバスに戻ってこなかった。出発時間を過ぎたわけじゃないのに、貴乃花親方は白鵬以外は戻ってきているのを確認すると、『バスを出せ!』と運転手に命じたというんです」 この事件には伏線ともいえる出来事があった。「聞けばささいなことなんですが……。貴乃花親方が『自分の席』と決めている座席に、白鵬がそれと知らずに座ってしまったというんです。『指定席』でふんぞり返る横綱に、貴乃花親方は怒髪天といった感じだったらしい」(前出の親方) 貴乃花親方がモンゴル勢を嫌うこと自体が問題なのではない。好き嫌いはあくまで個人の感情であって、それを「やめるべき」と言うつもりもサラサラない。そもそも、モンゴル勢は土俵内外でやりたい放題。11月場所千秋楽で万歳三唱をした揚げ句、「貴乃花親方の下では巡業に行きたくない」と放言した白鵬の言動は、確かに度を越している。 しかし、だからといって露骨に敵意を向ける貴乃花親方の言動は、いくら何でもやり過ぎだ。巡業部長である以上、「嫌いなヤツの相撲は見ない」とソッポを向いたり、挨拶も無視といった行動はあまりにも子供じみている。他の部屋の力士たちとの親交を禁じながら巡業中に飲み会をやった是非はともかく、そこからモンゴル勢だけを排除したことに至っては異常というしかない。貴乃花親方が「自分には大義がある」と思っているなら、なおさら協会の理事、巡業部長としてやるべきことはやる義務がある。第三者の裁きにゆだねるのも結構だが、協会からの電話にもなしのつぶて、知らんぷりを決め込んだ揚げ句、モンゴル勢を力ずくで追いやっているとすれば、それこそワガママ放題のモンゴル勢以下ではないか。

 

 

朝日新聞の読者は、記事をねつ造する新聞をどうして購読するのだろう。ねつ造と購読は一心同体であろう。もちろん従軍慰安婦のねつ造記事に始まる韓国人による反日闘争に加担したことではなく、森友・加計問題の記事についてである。***あやしい**あやしいの連発**説明がつくされていない**説明が尽くされていないの連発***報道をしない、都合の悪い内容はちょぴり、、都合のいいないようは、、満点大盛り、、てんこ盛り!。こんな新聞を読んでいる人は一体どんな人々なんだろう。添付記事)

「森友・加計は報道犯罪」と非難された朝日新聞が激怒!
2017年11月26日 19時30分 まいじつ
朝日新聞が、10月18日に発売された書籍『徹底検証「森友・加計事件」 朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』の著者、小川榮太郎氏と出版元の飛鳥新社に対して、抗議文書を送っていたことが明らかになった。内容の一部は以下の通りだ。《本書は、弊社が取材で入手した文書について紙面で報じているにもかかわらず、「安倍の関与を想像させる部分以外は、文書内容をほとんど読者に紹介せず」「『総理の意向』でないことが分かってしまう部分を全て隠蔽して報道し続けた」としています。また、実際には紙面で報じている当事者の発言等を「殆ど取材せず、報道もしていない」としています。さらに「加計学園」報道に関して、弊社がNHK幹部と「密議」や「共謀」して「組織的な情報操作」を行ったと記載するなど、荒唐無稽な持論を展開しています。》また、実際には紙面で報じている当事者の発言等を《殆ど取材せず、報道もしていない》としている点などを中心に《弊社に一切の取材もないまま、根拠もなく、「虚報」「捏造」などと決めつけるのは、弊社の名誉・信用を著しく傷付ける不法行為であり、到底見過ごすことはできません。》としている。朝日新聞は小川氏と飛鳥新社に厳重に抗議をするとともに、謝罪と損害賠償を請求するとした。さらに小川氏の著書で事実に反している箇所を15カ所挙げて、インターネットに掲載している。この抗議に対し、出版元の飛鳥新社は沈黙を貫いているが、著者の小川氏はフェイスブックで次のように投稿している。《大新聞社からのしかかるようにして15項目の抗議を受けるとは、組織の後ろ盾の全くない弱小個人の私としては大変な重圧だ。もっとも1,2調べ直して私側の瑕疵かもしれぬ点を除けば、大半は、反論を書くのが楽しみな――あまりにも無理筋の――内容だったが(笑)》
小川氏が証拠を公開すれば朝日新聞の負け
小川氏は森友学園問題で、疑惑の渦中にいる安倍晋三首相の妻である昭恵夫人が森友学園の籠池泰典理事長の妻の諄子夫人に送ったメールに「小川榮太郎さんがFBで反論しています。少しずつこの状況が異常だということになってくるはずです」と名前を出された人物だ。公平中立な立場で検証していたかどうかは当初から疑問視する向きもいた。
また、気になるのは、朝日新聞の抗議文書の15項目の中の13番目にある以下の点だ。
《現時点では取材拒否が多く」(160頁)との記載。弊社の取材窓口にはもちろん、弊社の取材班にも、貴殿からの取材申し入れはこれまで一度もありません。上記の記載は、事実に反し、弊社の名誉・信用を著しく毀損するものです。なお、弊社は加計学園問題について、直接取材いただいた複数のメディアに対し、弊社としての見解や事実関係をお答えしております。》小川氏が記した通りならば、小川氏はこの部分の証拠をすぐに公開すれば事は全て終わる。朝日新聞の負けだ。それにもかかわらず、小川氏は自信を見せる投稿を繰り返している。何か秘策があるのだろうか。

 

労働組合の団体が、サービス業における暴力的なクレームに悲鳴をあげ、政府に立法化の要請をおこなつた。まあ、いまにはじまつたことではないが、この件は従業員の人権を真剣に保護をしようとはしないことも原因でありましょう。たとえば、スーパーのレジはやらないと、言う人がいる、普段の買い物で酷い目にあっている従業員をみている、、からだろう。会社も従業員の人権を真剣に、、守ろうとはしていないこともありましょう。今後は、、レジはロボットが実施しますでしょう。