Category: ニュースと政治


韓国がまた慰安婦像とかを拡大させて韓国と日本の関係を悪化させている、一体何を目的としているのか?実行することによって何か前向きな利益を得ることが出来るのか?効能はあるのか?まったく疑問であり、副作用しかなく、北朝鮮が喜だけのことだろう。この半島の人々の民度の低さは鎌倉時代から変わっていいない。モンゴルの日本侵攻を煽り、沢山の侵略船を建造して九州に上陸して戦闘行為を行っていた。その後半島では内戦にあけくれて半島が統一されるのは日本の敗戦を受けて米国などの支援をうけて自分たちの手で独立統一した国ではない。また歴史文化を大切にする環境を持たず半島にはたいした文化財は残っていないのである。我が国では何処にでも神社・仏閣・文化財・骨董品など歴史文化伝統をのこす物が多数、日常的に存在している。韓国人が日本に来て神社・仏閣にオイルを吹き付け文化財を破壊破損して捕まったことが報道されていたりするが、韓国ではこんな無頼行為をマスコミ等は知らんぷり、、。日本人が外国で実施すると日本国内ではマスコミを中心に大騒ぎ、国も外務省を上げて謝罪に至る、、。各国では反日無罪が、法令よりも優先されている、民度の低さはマスコミの品格のなさも助太刀しているのだろう。ついでに韓国・米国における慰安婦像の設置について、これはただの売春婦像であることを改めて確認しておきたいし、当時は売春は合法であり、半島では心身売買が公然と当時行われていたとのことである。ちなみに昭和初期まで我が国でも人身売買が行われていたのは「おしん」で周知のことと思う。記事を添付する。

慰安婦バス、外交ルートで懸念伝達=菅官房長官
2017年08月15日 11時53分 時事通信
菅義偉官房長官は15日の記者会見で、韓国・ソウルの路線バスの座席に慰安婦を象徴する少女像が設置されていることに関し、「日韓双方は未来志向の関係を発展させようと努力している最中だ。その努力に水を差すことになりかねないことを懸念する」と述べた。外交ルートを通じ、適切な対応を取るよう韓国側に要請したことも明らかにした。

無謀登山の事故救助も!税金で補填で補填すべきと主張する無駄・無用な登山団体があることに失望してる。事故その他で遭難すれば救助に多額の費用と大切な人命もあらたに危険にさらすことになってしまう救助登山である。山は危険なとこころ、そこに入る以上は覚悟をもって入ってしかるべきだ。かつて私も100名山を登っていたが、ある意味、自己責任にて死を覚悟して登ったものだ、異様なガス臭のするなか、落石のおそれのある登山道、落雷、ホワイトアウト、、などだ。救助にあたっての埼玉県の燃料代請求は当然の判断だ、山岳保険(個人賠償保険)も入らずに登山するのは辞めるべきだ。保険に入っていればこんな下らんこと言う、山岳団体も出てこないだろう。登山に山岳保険加入を義務化すべきた。自動車保険と同じ考えです。なお、水難事故に伴う費用が無料であることを引き合いに出して批判する者もいるが、確かに不平等ではあるが、海はつながっており万国共通のルールとしてしかたないだろう。

 

国家観欠乏の民進党:昨日の「TBSひるおび」にて国会審議であいかわず防衛省の記録隠しについて稲田元大臣がいない、出席させろ!と息巻く民進党議員にたいして森本元防衛大臣がコメントした。退官した大臣の出席を政府に要求するのは、筋が違うと指摘したことに対して、TBS司会者の恵 俊彰氏はなんの反応もせずに次のコーナーへ行ってしまった。この司会者「恵 俊彰」氏の反日度はかなり高そうと認識した。都合の悪いことは、、知らんぷり、、。こんな番組のスポンサーも反日企業なのか?、国民あっての企業と思うがどうだろう。北朝鮮が我が国の上空(宇宙)をミサイルと飛ばすと言っていて、これに反目する米国が最大級の警告をしている最中に、戦争間近か?、森友・加計・防衛文書隠しなど、、国民の生命財産にほど遠い議論をしかける政党を支持するようなTBS、、。これでいいのか?。関連を添付しておく!、本気の空襲警報が毎日のように警告される日は来るのか?。

 

暴言・暴力議員?豊田真由子の復活がテレビTBSにて報道されたいた。埼玉朝霞、新座の地元では復活にむけて秘書が地元を挨拶回りをしているとのことらしい。復活するなら病気を完全になおしてからと思うがこの議員の病気はなおるのだろうか?、、たぶんこの議員はたぶんであるが、、発達障害、、があるのではと私は考えている。ほんとうに直るのだろうか?やはり子供のことを第一優先に議員を辞職してから、完全に克服してから再度政治家の道を選んでほしい。朝霞の彩夏祭にて出てくるのかなああ。お詫びは家族がまず先頭にたって行うべきではとも思うがどうだろう。

アフリカ内戦による混乱で大量に発生した避難民への水供給が危機に瀕しているとのことだ。ほんとうに些細であるが小生も協力をしている。しかし水に世界でも有数にめぐまれた列島に住む日本人にとって水のありがたさよりも恐怖感の方が強いのだろうが!国際貢献は日本の自衛隊だけでのことではなく、日本人個人でも些細な支援はあっても良いのではないだろうか?どうだろう!。

最近、電車の中吊り広告がないなああ、と思う。まあ最近は皆スマホ見ているから広告の意味があまりなから無くなったんだろうか?。まあそんな中、新聞の広告がなかなか面白いと思う。新聞記事にはない面白さがあるが、いつも本当なんだろうか?などと疑問に思って見ているが、結構あたっていることもありそう!。

障害者施設殺傷事件と報道番組について、、新聞とNHKクローズアップ現代をみて、、討論では色々な専門家から分析がなされていて、いろいろな提案がなされていた。ともかく一番有効なのは障害をもった方と一般の方との距離を縮めるべく環境が必要との提案がなされていたことについては賛成であります。われわれも児童センターに子供たちを良くつれて行きますが、まあ夏休みと言うことあり普段行かない児童センターなどにつれて行くとそこの職員から違和感を持って対応されたりすることがある、まあ慣れていないことは想定できるが、それで良いのかとも思ったりして、次に来るときは事前に書面で申請してくださいと言われたりする。障害に積極的に取り組んでいる行政と!さほどでない行政に差があることを実体験として体験している。だからまず、自治体の職員から障害をもってしまった子供たち、、方々にはなんの責任もないのであって、たまたま、そうなってしまったことの理解を体感してもらいたいと思う次第であります。あと、NHK番組でも防御体制の確立を指摘する方がおられ、それにはまったく賛成であります、どんなに原因分析と対策を行っても限界はあるのであって、”敵”を意識した個人稽古を行うのと同時に(訓練ではありません)ハード面での強化を実施しなくてならない。

 

公共の秩序を乱す、、国会議員、、。今井絵理子参議院議員の不倫疑惑がまたぞろに、、週刊紙で暴露された。堂々と写真にとられている。すなおに認めるのが議員としての地位をまもる最低限の対応だろう。たぶん、、週刊紙は第二弾を用意しているだろう。***しょせん芸能人議員***どこかで世の中なめているのだろ。自民党はきちんと議員を教育しなくては、政権から転落する日がくるかもしれない。共産党政権誕生があるやもしれないかも、、?。

総理の友人が国に許認可申請したことによって、マスコミが取り上げ、長時間にわたって国会審議が実施された。違法性を疑っての審議でなく適正な許認可業務が侵害されたとのことで審議、国会での審議であきらかになったのは、獣医師会の協力な圧力があって認可がおりず何十年もの間新たな、獣医学部の解説がなされなかった。環境の変化で動物から人への感染が新たに発生している。獣医師は不足している。獣医日会からの許可?で1校だけなら良いよ!と言うことになっている。加計ありきではなく、加計だけでしか開設希望はなかった。***民進党は国会審議での最後で今後も追求すると言っているが、、いったいなにを追求するのか?。北朝鮮が弾道ミサイルを飛ばすとの報道があるなかいったいなのを考えているのか。***偏向報道を繰り返すマスコミ、時にテレビがいけない!、日中のワイドショーは嘘だらけ。出演するコメンテーターもきちんと自分のことばて言ってほしい。なんでも報道しない自由が報道機関にはあり、報道する自由もあり。国会審議で「証人の発言でマスコミには批判を行わないことにしている」と言っていた。マスコミ批判は猛烈な攻撃をよってたかって受けるからであろう。**なんか米国大統領の言うことはわかるようなきがする。信用できないマスコミがあり、、国力を現代させる。CM企業の不買運動しかないのだろう。NHKのイラストがよくできている。新聞の広告が面白い。

20170725_235936

グリーンピースジャパンの反政府活動、、この団体は環境問題を専門に活動している団体と思っていたが、、テロ防止法案と国際条約締結に必要な案件まで拒否しているようになった。当然ながらこの法案は元祖、イスラムテロ組織にとって都合の悪い法案なのだが、、我が国の弱体化を狙っている中国にとっても、当然反対だろう。また、我が国の独自制度である天皇制も廃止を私案している団体でもあろう。まああ、同じお仲間なのかもしれないと思えるメールである。

以下、、予備軍であるかの団体からのメールを転載する。****7月11日、「共謀罪」が施行されました。矛盾だらけの答弁に終始した審議を一方的にうちきり、国会法に違反してまで採決した共謀罪。取締対象も曖昧なうえ、行政や捜査機関の乱用を防ぐための独立機関もありません。実際の運用にはまだまだ課題だらけのまま施行されたのは、市民の自由な表現を萎縮させ、活動を抑制するねらいがあるのではないでしょうか。そしてその目的は、憲法改定。特定秘密保護法の制定や、安保法制の改定に続く今回の共謀罪の制定、その延長線上の憲法改定。一極集中の権力構造の中で、言論の自由が抑圧され、それがさらに権力の濫用を許し、権力集中を助長していく悪循環。でも、いくら法律を変えても、自由を奪い取ることはできません。グリーンピースは、市民の力によって真の民主主義は息を吹き返すことができるという信念を持って、声を上げ続けます。権力の私物化が懸念される今こそ、私たち一人一人が市民として意思表示を続けていくことが大切です。http://bit.ly/2tP87nv■ 行動し続けるグリーンピースの活動をご寄付でサポートhttp://bit.ly/2thu5O

l■ 韓国大統領が脱原発宣言—グリーンピース・ソウル事務所:ダウル・チャン来日韓国の文在寅大統領は6月19日、原発の新規建設計画白紙化、老朽原発の運転期間延長中止、石炭火力発電所も新規建設全面的中止などを明言しました。韓国は25基の原子炉を有し原発依存率は約3割という原発大国。石炭火力の割合も高い韓国で、何がエネルギーシフトを前進させたのか、来週27日にお話しします。ぜひご参加ください。昼の部のお申込はこちら。http://bit.ly/2uOtF7m夜の部のお申込はこちら。://bit.ly/2vpCEJ4■ 5個に1個―ツナ缶世界最大手メーカーが持続可能性と社会的責任の向上を発表 水産業界全体の転換点に乱獲に違法漁業に労働搾取。世界中で食べられているお手頃価格で人気のツナ缶メーカーがおよそ70万人の市民の声に応えました。http://bit.ly/2uhhGxN

■ エネルギー政策の未来をきめる日本のエネルギー政策のもととなるエネルギー基本計画。3年前の閣議決定で「重要なベースロード電源」とされた原発はいまも、ほとんど稼働していません。来年始めに見直されるエネルギー基本計画を、1日も早い脱原発・脱化石燃料にむけて一歩でも二歩でも前進させるために、他団体と協力して取り組みます。http://bit.ly/2ufTrOw

■ ITをもっとエコに誰もが毎日使うものだから、それをもっと環境に優しく、人に優しくできたら、世界はもっとすてきに変えられる。そのための歩みをブログで紹介します。http://bit.ly/2vEhsOP

■ツナ缶が引き起こす環境破壊おにぎりやサンドイッチ、サラダにパスタ・・・いつでも手軽に食べられる食卓の味方・ツナ缶を、もっと地球にも人にも優しく。メーカー・スーパー・コンビニに、持続可能でエシカルな調達方針について聞いてみました。http://bit.ly/2gP0Ml2

■このメールマガジンの情報を広めてくださいこのメールをお友達とシェアできます。・今回の記事の内容はいかがでしたか?下記のURLから、グリーンピースのメールマガジンを購読できます。tp://bit.ly/2uU4tsJ<Twitterアカウント> http://bit.ly/2ucbS9b
<Facebookページ> http://bit.ly/2tPBpCI

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
発行元:一般社団法人グリーンピース・ジャパン
〒160-0023 東京都新宿区西新宿 8-13-11 NFビル 2F
Tel: 03-5338-9800  Fax: 03-5338-9817
http://bit.ly/2th8be2

Copyright: Greenpeace Japan, all rights reserved
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

民進党の蓮舫代表が国籍問題で、戸籍謄本を開示すると語った。日本名を名乗らず、中国名で国費を頂き、野党第一党の党首であり次期政権を伺うなら、国際情勢の緊迫化もあり当然のことだ。この件に関して、部落問題・差別問題を持ち出して牽制する反日活動家たちが、蓮舫の国籍公開は必要なしを言っている。まあ、反日活動家なら当然の発言だろうが、党首なのだから、より鮮明に対応していただきたい。有権者に個人の情報を開示(ルーツも含めて)して国会議員の選挙に臨むのは当然のことだ。記事転載

蓮舫氏の戸籍開示要求は「出自によって他人を差別」することになる 小田嶋隆さんら著名人から批判上がる

蓮舫氏の戸籍開示要求は「出自によって他人を差別」することになる 小田嶋隆さんら著名人から批判上がる

蓮舫氏の戸籍開示要求は「出自によって他人を差別」することになる 小田嶋隆さんら著名人から批判上がるの画像民進党の蓮舫代表は7月11日、日本国籍の選択宣言をしたことを証明するため、近く戸籍謄本を公開すると述べたという。時事通信などが報じた。これに対し、著名人からは、戸籍の開示要求を批判する声が出ている。ツイッターでも、「民進蓮舫氏は戸籍を公表しなくていい」というハッシュタグが登場した。「蓮舫が今、『真正な日本人たれ』という同調圧力に屈したら大きな害悪を残す」これまでの報道をまとめると、蓮舫氏は1985年1月に日本国籍を取得し、台湾籍の放棄を宣言した。しかし実際には、台湾籍が残っていたため、2016年9月に改めて台湾籍放棄の手続きをしたという。これまで家族のプライバシーを理由に戸籍謄本の公開はしていなかった。経済学者の池田信夫さんは、「蓮舫代表は台湾の『国籍喪失』の証拠がいまだにない」と台湾籍喪失を証明するよう求めた。さらに「2016年10月まで『日本国籍を宣言』しないで、二重国籍のまま参議院議員に3回当選したことは『経歴詐称』の疑いがある」と蓮舫氏を批判した。一方で、戸籍謄本の開示を求めるのは、出自による差別を助長するという批判の声も相次いでいる。コラムニストの小田嶋隆さんは、「自分以外の誰かに対して、戸籍謄本の開示を要求している人間は、結果として、自分が出自によって他人を差別する人間であることを告白しているのではなかろうか」とツイートした。政治学者の山口二郎さんも、戸籍謄本の開示という前例を作るべきではないと語った。「蓮舫が今、『真正な日本人たれ』という同調圧力に屈したら、それは選挙の敗北なんかよりはるかに大きな害悪を後世の日本に残すことになる。公職に就く人が自分の戸籍謄本を公開して自分は神聖な日本人だと言わさ得るような社会を想像してみよう。それは悪夢だ」ジャーナリストの菅野完さんは、「どんな議員かて、立候補の時に選管に戸籍や住民票を提出しとるんやから。議員なら『立候補してる段階で無問題』とわかるはずやろ」と「二重国籍問題」を取り沙汰する人を批判した。「『内閣府での面談記録見せろ』が通らずに『戸籍見せろ』が通ってしまう、未開国家日本」ツイッター上には、「民進蓮舫氏は戸籍を公表しなくていい」というハッシュタグが登場。「変なタグ」という声もあったが、やはり戸籍謄本の開示を求めることは差別につながるという意見が多かった。「やや日刊カルト新聞」の藤倉善郎さんは、「戸籍公表はしないでほしい。法的問題の疑いがあって警察なんかが調べるってんならまだしも、みんなで云々するために公表させるなんて差別的リンチとしか思えない」と語った。蓮舫氏が「誤魔化すような受け答えをしてきた」のは批判されても仕方がないが、「差別的リンチを正当化する前例ができるなんていい迷惑」だという。個人に対して戸籍謄本を開示するよう圧力がかかるのに、行政文書はきちんと開示されないことを揶揄する人もいた。『内閣府での面談記録見せろ』『財務省での交渉経過見せろ』が通らずに『戸籍見せろ』が通ってしまう、未開国家日本」蓮舫氏は戸籍謄本を公開すると述べたものの、いつ公開するのかは未定だ。

だれもが知っている新聞の偏向報道、、従軍慰安婦報道での誤報を長らく続け我が国の国益を著しく落としている朝日新聞、そしてお仲間の毎日と東京新聞である。これらの各紙は一体!我が国を何処へ導こうとしているのか、国論を混乱させて一体なにを目的としているのだろうか何時も考えている。中国の我が国の属国化を多分、、目論んでいるのだろうが、そんな新聞を購読している人々が、いるのも事実である、購読すると言うことは国論の分裂と我が国の弱体化を、日本国の崩壊を志向しているのだろうか?よく解らん人々だ。マスコミではいま現在は、::「加計学園」問題 与野党せめぎ合い続く見通し 7月11日 5時03分 学校法人「加計学園」の獣医学部新設をめぐり、衆・参両院で行われた閉会中審査を受けて、野党側は疑惑が深まったとして安倍総理大臣に出席を求め、予算委員会も開くよう、与党側に迫っていく方針です。これに対して自民党は、質疑を通じて明らかになった新たな事実はないとして開催に慎重な姿勢を示していて、与野党のせめぎ合いが続く見通しです。:::とのことですが、これって結局は官僚と政府との主導権闘争であって、これにつけ込んで利用する、利用されている、、野党の構図だ。まったくノンビリしている国会審議である。北朝鮮の弾道弾、社会の諸問題などキチンと審議してもらいたい。呆れるばかりの国会審議だ。新聞添付する。

 

豊田真由子、、この議員のHPを見ると立派な経歴である、この議員の親はいったいどんな方なんだろうと思う。この議員の報道がワイドショーで散々報道されている。小さなお子さんがおられるとのことなので、、遅滞なく辞職して出直すことが必要と思う。豊田議員の親は遅滞なく辞職を進めるべきと思う、もうこれ以上醜態を世間にさらすことのないように進めるべきだ。埼玉の恥でもある、即刻なんとかしなくてはならない、してもらいたい。遅れるとさらに拡大すると思うので、子供のこと最優先に考えるべきだ。

都知事選で自民党は大敗をきしましたがまあ仕方ないことかもしれません。でも壊滅的打撃をうけたの民進党であります。現職の国会議委員が党をはなれる事態に都知事選前から至り、今後も愛想を尽かして民進党を離れる議員も出てきましょう。国会審議中に北朝鮮が弾道ミサイルとおぼしきミサイルを発射し、日本が標的だとも言っているなか、、あいかわず週刊誌レベルの森友だとかに終始し国民の生命財産を守る気概のまったくない政党が民進党、、中国人?を政党の代表に置いたまま、まともでない、もうこの政党に期待することは、、解党!・・のみであります。ちほうレベルでは北朝鮮の空襲を念頭においたともとれる防災訓練が実施されます、地方のほうが危機感が高いのです。

災害支援バイク隊(埼玉RB)は2017年8月20日(日)の入間市防災訓練に防災協定に基づき毎年参加しております。2017年の入間市防災訓練は、災害が発生したとの想定と、本来は市役所が災害対策本部となるが、2017年の訓練は災害で市役所が使用不能になったとの想定で実施される。そんな訓練でのバイク隊の訓練概要は、災害時にインフラの機能不全により道路の自然渋滞や倒壊家屋や建築構造物の破損等により、道路の通行幅確保が充分に確保できなくなった場合等を想定して、バイクの機動性を評価して訓練に採用されています。この訓練で埼玉RB・・バイクレスキュー隊は、市内8箇所に設置された現場本部を、2班に分かれて巡回走行し情報の収集活動を実施する。また情報途絶施設へ衛生携帯電話を搬送する訓練も実施する。埼玉RBの訓練以外での訓練では・臨時災害放送訓練(ケーブルテレビ・エフエム茶笛)・気象情報伝達訓練・緊急速報メール配信訓練・物資輸送訓練等の実践的な訓練になっている。9都県防災訓練とちがって市民2万人?が参加とのことのようだ、埼玉RB、、バイク隊の訓練概要書を添付する。なお埼玉RBは入間市・鶴ヶ島市で熱意ある!あつきバイクライダーの参加を募集している。

 

以前から結構気になることがあった。終活というかネット、、HP・ブログ・snsなどがどうなるかでありました。HPは有料サーバー借りているからお金を払わなければ削除になってしまうのだろうが、、それも永遠とはいわないが50年位は残しておいて欲しいとは思う。ブログも同じように思うが、、何年も更新されなければどうなってしまうんだろうとも思う。レンタルサーバーは残した資産から家族に支払いを委託しておく必要がありましょう。まああそんなことを漠然と認識している今日この頃です。
2016年6月03日

デジタル時代の“終活”を考える(1) メールアドレス・SNSアカウント編

  • 乾健次郎

  • LINEで送る

デジタル時代の“終活”を考える(1) メールアドレス・SNSアカウント編

人生の終わりに向け納得のいく準備をすること、それが終活。ネット隆盛の今、持ち主の死後にSNSやメールアドレス、課金サービスなどはどうなるのか。そして、どんな対策を施せるか。気になる要素を検証・考察していく。

[@niftyのサービス]

◆自分らしさを彩るために“終活”を行う

終活の適齢期は60歳代といわれているが、子どもがいる人ならば30代、40代から初めても早すぎることはない。大切なのは、残された家族に迷惑をかけないこと。そしてなにより、自分らしい“最期”を飾ることだ。

終活を始めるにあたり、まず思い当たるのがお墓や葬式の問題。財産があれば相続についても考えなければならないし、身のまわりの整理も必要になってくる。こうした事柄は、いざとなれば専門家や家族でも代行が可能だ。あらかじめエンディングノートにまとめておけば、たとえやり残したことがあったとしても、残された人々にかかる負担は軽くなる。

ところが、インターネット上の活動やサービス利用にまつわるお金の流れや人間関係については、家族にはどうすることもできないケースが多々ある。

サービスプロバイダ、有料メールアドレス、スマートフォンなどの携帯端末、レンタル機器、クラウドなどの月額課金サービスにかかる費用は、たいていの場合は銀行から引き落とされるが、カード会社から届く明細を見ても、すべての案件の解約方法にたどり着くのは至難の業だ。

人間関係にしても、どういうサービスでどんな名前(ハンドルネーム)で活動していたのかがわからなければ、アカウント主の死を知らせることもできない。いや、どんなキャラクターを演じていたかがわからなくては、知らせていいのかどうかすら判断がつかないだろう。

◆家族に負担を残さないよう、ネット上のお金の流れを明確にしておく

かつて筆者には、ネットの月額課金額が積もり積もって2万円を超えていた時期があった。「使っていないサービスは解約しなさい」と税理士にしかられ、初めてそんなにたくさんのサービスを利用していたのか……と、あわてた次第である。

ところが、いざ解約に着手するも、数時間で挫折した。解約ページにたどり着けないのだ。あるいは、サービス元に電話をかけてもいっこうにつながらないケースがあったり、なかにはパスワード忘れや書類をなくしてしまったものもあり、使っていないサービスを全部解約し終えるまでに3カ月の時を要した。いや、ちょっと嘘をついた……いまだ解約できていないサービスもある。

自分でやっても苦労する作業を、家族に代行させるのは非常に心苦しいもの。こうしたカード会社経由の課金に関しては、登録確認書などの書類を一カ所にまとめた上で、サービス詳細(URLなど)や解約に必要なID・パスワードをノートにわかりやすくまとめておこう。

ネットの口座や金融資産がある場合も、上記のノートにまとめておくべきだろう。生前に知られたくない場合は、デジタル遺書などで管理する方法も。その場合、自分の死後、どこを参照するべきかを家族に伝えておく必要がある。

SNSでつながっている友人に自分の死を知らせてほしい場合は、ログインしてもいいアカウントのIDとパスワードを明記しておく。家族に見られて困るアカウントは、永遠に封印するべきだろう。アプリの設定によってはIDやパスワードが記憶されてしまうので、終活を考え始めるからには、大切な人に見られて困る言動は慎んで。

◆家族に見られたら死にきれない!? 秘密のファイルは抹消を前提で管理

一方で、家族に気づいてもらっては困るデータもある。エッチな画像、小っ恥ずかしい創作物、旦那さんや奥さん以外に向けたラブレター……といった、人に見られる前に闇に葬り去るべきファイルを誰でも1つや2つお持ちだろう。自分が恥をかくだけならまだしも、大切な人を傷つけてしまっては、死ぬに死にきれないというもの。

さて、こうしたデータを抹消するにはどうしたらいいのか。

芥川賞受賞作「沖で待つ」(絲山秋子著)では、不慮の事故で命を落とした友人宅へ主人公が忍び込み、“どちらかが死んだら秘密を守るべくHDDを壊しにいく”という約束を果たした。発刊当時は「なるほど」と共感した覚えがある。しかし、スマホやクラウドサービスが普及した現在、PC本体や外付けHDDを破壊するだけでは、秘密を消し去ることは不可能だ。

お金をかけずに行う場合は、やはり友人頼みとなるだろう。問題のファイルはできるだけ同じフォルダやメディアにまとめておき、消去すべきデータのありかを友人宛の手紙に残すなどして、自分の死後も有効な手はずを整える。クラウドサービスやWebメール、SNSなどのアカウントを消してもらう場合は、自分の死後、IDやパスワードがその友人にわたるようあらかじめ手配しておきたい。

ツールを利用する手もある。

■死後の世界(Windows)
最終起動から○日と指定しておけば、登録したフォルダやファイルが自動的に削除される。

■僕が死んだら…(Windows)
不測の事態が起こった際に、あらかじめ指定しておいたフォルダやファイルをHDD上から削除するツール。誰かがクリックすることで、完全消去される仕組み。

いずれも古い定番ソフトなので、いつまで使えるかは不明だ。

また、Googleの「アカウント無効化管理ツール」もチェック必須だろう。GmailやGoogleドライブなどのサービスでは、一定期間利用がなかった場合のデータの取り扱い方を自分流に設定することができる。

確実なのは、専門家に頼ること。行政書士や弁護士とあらかじめ死後事務委任契約を交わしておけば、守秘義務のもと、しかるべき処理を行ってもらえる。ただし、請け負ってくれる事務所とそうでないところがあるので、事前のチェックが不可欠だ。

国連UNHCR活動報告in2017と内政干渉の機関の国連とは、、疑問符がついている。些細であるがUNHCRの活動を支持している確かに地道な危険な活動を中立的立場をもって立派に活動している国際機関であるが、我が国と韓国のもめ事に異常に緩衝してさらに、騒ぎを大きくする活動もしているのが国連だ。最近になって我が国が国際社会と一体になって国際条約を締結する為に必要な法案を制定しようとしている「テロ対策法案」に反対を表明している国連がいる。いったいこの国際機関は何者なんだろうと思う。とても募金する気になれないのだが、、、。なんだかこの男日本にやってきて言いたいこと言いまくって、ろくに聞く耳もたず、さっさと帰って、外国からネットテレビでまた言いたいこと言いまくっている。いったい何者なんだろう!。

 

我が国の国体を否定・破壊の国会議員たち・・・がいる。代表的なのは日本共産党の議員であるがまあ、当然のことでこれはそれで解ることと考えているし、いても当然とも思う。ダメなのは表面上は天皇制を支持すると言っておきながらその言動・行動が国会議員として国体の維持に本気で考えているか疑問の議員がいる。その代表的な国会議員は民進党の議員である辻元清美議員である。もと社民党・そして社会党の土井たか子に擁護されて議員になった。その辻元清美議員がピースボート時代に天皇制を否定する行動を取っていたことが国会審議であきらかになった。議員になる前のこととは言え、なんのしがらみもない学生時代の発言ですからこの議員の思想の根底には天皇制の否定があることは、議員になってからのいろんな行動・発言から容易に想定できる。要は否定するならハッキリと否定すればいいのであるが表面上は違った発言をするのは良くないだろう、そもそもこの議員は正月の初詣行っていないのではとも考えたりする。

 

我が愛車、、兄から引き継いで兄弟で15年お世話になった愛車からの発煙!、坂戸の新生オートにて10年ほどお世話になった車の車検だが、7万キロ位の時に発電器が不良、発電しなくなったのでオーバーホールして使用していたが15年目の3月に車検整備、、2時間車検とかであっと言う間に終わったが結局それが仇になったのかもしれない、車検時に判明していれば無駄金、、11万の車検費用はかからず、車の入れ替えになったとも思う。2時間車検とかとを聞いてデーラー車検を考えたがなんか、流されて今回の事態になってしまった。やっぱ古い車はデーラー車検がいいのだろう!。でも救われたのが出かけて居るときの発煙でなく、出かける、、出勤の前の発煙で良かった。しっかり神社にお参りにいって今後も祈願しよう、、

 

火曜日、、あさ、仕事にイコカでエンジンかけたら、、いおんはっせい、、ボンネット開けたら、、発電機あたりから、、の異音、ちょっと見ていたら、、煙が、、燃える?、、、15年落ちのくるま、、3月29日期限で車検とったばかり、、まっったくの快調であった、7万キロのとき、OHしているが、、また、おなじところだろう。4万円くらいだったか?、そうそう、坂戸のオートセンターのサービス部門に電話したら、、保険やに言って、、レッカー移動してもってくてくださいとの、、ありがたい、、アドバイスいただきました。でも、、あとでよく考えると、、おかしくない!。私はバイクのりなので、、別に車はなくてもとは思ったが、、、居合の稽古にいけない、、先生お迎えにいけないで、、ことがよく考えたら判明!。そうそう、娘に言って、、知り合いの自動車やさんが、、廃車、代車、入れ替えの段取りになった。来週は代車で稽古にいけるだろう。ああ、印鑑証明とりに、、いかなくては、、。車は動けばいいんだけど、、ロードバイクが乗せられないと困るので、、まあ、そんなくるまになりましょう。さて・・・思うに良く高速道路で車が燃える・・とのニュースを見ていて車が燃える!ことについて不思議な感覚でいたが、車ってこんな感じで燃えるんですね!。